また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 37599 全員に公開 沢登り丹沢

西丹沢/玄倉川水系 小川谷廊下(沢登り講習)

日程 2009年07月25日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー3人
天候曇り時々雨のち時々晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

穴ノ平橋手前駐車スペース9:00
11:13つるつるの大岩
12:35石棚20m
14:00トイ状ノ滝
14:45東沢上流部堰堤(遡行終了)15:20
16:20穴ノ平橋手前駐車スペース
=入浴(山北駅南側さくらの湯)
コース状況/
危険箇所等
沢登り講習
http://mt-farm.sports.coocan.jp

小川谷廊下

小川谷廊下は丹沢エリアで一番シャワークライミングを満喫できる。
逆に気温の高くない日は低体温症になりかねないので注意。
入渓点から一般的な終了点である河原上部の堰堤まで距離的には短いが
クライミングバランスの乏しい初心者が入ると意外に時間がかかる。
F2大きな岩に分断される二条の滝の倒木頼りのシャワー、
ツルツル大岩の登り、ゴルジュ内の小滝越え、
最後のトイ状滝のクライミングなど。
最初のF2でズブ濡れになるので、ザック内の防水をちゃんとして
雨着を着て臨みたい。

■遡行グレード 2級
■入渓路
  ・玄倉バス停をやり過ごし玄倉林道を約2km弱走り
   左手に分かれる仲ノ沢林道へ入り立間大橋を渡る。
   林道は舗装されているが昨年も土砂崩れで一時期閉鎖になったことも
   あるので大雨の後は注意。
   林道終点手前の穴ノ平橋手前右側に土砂を平地にした2段の
   駐車スペースがあるのでそこに停める。(10台程度駐車可)
  ・駐車スペースから林道を100mほど戻ると、谷側に続く高さ1mほどの
   側壁護岸堤の上にテープがあり、その先のなだらかな尾根に
   踏み跡があるので、これを使って小川谷へ降りられる。
   沢床に降りる箇所は少し急になるがトラロープがある。
   降りた所は小川谷と穴ノ平沢分岐の下だ。

■概要
  ・F1−2mは右壁。(卦蕁檗
  ・F2−5m巨岩2条滝は右側の倒木と流芯にかかる残置ロープ頼りに登る。   流芯右側途中にボルトあり。
   倒木は下手に足を置くと滑りやすいが、残置ロープなどA0でバランスを
   うまく取りながら登る。
   バランス力に乏しい人は大抵ここで引っかかってしまう。
   ずぶ濡れ必至。
   滝を登り終えたら岩の上に這い上がり上流へ抜ける。   
  ・ツルツルの大岩は左奥から残置ロープを使い登るが、取り付きでバランスを
   崩すと左の穴に振られてしまい頭を打ちそうになるので注意。
  ・ゴルジュ内は最近底が埋まってしまい泳がなくても滝に近づける。
  ・石棚20mは左側の壁を登る。残置ハーケンあり。卦蕁
   登り終えたら10mほどバンドのトラバースがあり高度があるので
   初心者がいるならFIXロープを張っておいた方がよい。
  ・5mトイ状滝は、以前泳いで取り付いたが、何年かのサイクルで
   深くなったり浅くなったり変化している。最近は浅くなっている。
   直登は水流の右手。元蕁椶らいなので、クライミングに慣れた人は
   それ程難しくないが、力のない人には難しく感じるかもしれない。
   左側を高巻けるが、落ち口のすぐ上を数mクライムダウンしなければ
   ならないので注意。落ちれば怪我必至。
  ・この滝を越え左が壊れた堰堤を潜ると開けた河原。
   河原のゴーロ帯を少し歩き、右側から東沢が合わさって
   その上部の堰堤下で遡行を終了する。
  ・堰堤下で左側の踏み跡を登ると樹林帯の平地へ出る。
   下降径路は平地からさらに一段登ったところにしっかり付いている。
  ・下降路である小川谷径路を下れば、トラロープが右側上部に向かって
   伸びているが、ここはロープを跨いで真っ直ぐ伸びる踏み跡へ行く。
  ・小川谷径路で迷いやすいのは、正面に小ピーク状の尾根になる箇所。
   大抵、右の谷側へと踏み跡は折れている。そのような箇所が数箇所ある。
   また一番迷いやすいのは、小さな沢を横断するところ。これも数箇所あり。
   対岸の径路へどこから取り付けるかよく確認すること。
   特に夕方遅くなっての下降は、樹林帯なので暗くなり
   対岸の径路取り付きを確認しづらく、沢沿いに降りがちである。
  ・しっかりした径路に正しく導かれれば右手に仲ノ沢林道が見え出し合流。

ご注意)当ルートはバリエーションであり、沢登り技術、読図技術をマスターし、
    装備も万全を配している方向きです。
    一般登山のみの方はご遠慮いただき、同様のルートを行こうとする場合は
    ベテランと同行されるとか、必要な技術を講習等でマスターして下さい。
過去天気図(気象庁) 2009年07月の天気図 [pdf]

写真

穴ノ平橋手前駐車スペース
2009年07月25日 08:56撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴ノ平橋手前駐車スペース
駐車スペースから少し下流の尾根を下降
2009年07月25日 09:06撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車スペースから少し下流の尾根を下降
最初の滝
平水よりやや多い
2009年07月25日 09:18撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の滝
平水よりやや多い
最初の滝を登る
2009年07月25日 09:22撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の滝を登る
巨岩の滝
右コーナーは結構な水量
残置ロープは流れの中に隠れていた
2009年07月25日 09:22撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨岩の滝
右コーナーは結構な水量
残置ロープは流れの中に隠れていた
つるつるの大岩
2009年07月25日 11:13撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つるつるの大岩
先行パーティ
2009年07月25日 11:48撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行パーティ
陽も出てくると谷は美しい
2009年07月25日 13:46撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽も出てくると谷は美しい
最後のトイ状の滝
2009年07月25日 14:03撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のトイ状の滝
流芯右側を直登する(元蕁棔砲らい
2009年07月25日 14:13撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流芯右側を直登する(元蕁棔砲らい
1
今日も会えたね
壊れた堰堤くん
2009年07月25日 14:34撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も会えたね
壊れた堰堤くん
フィニッシュはもう間近
2009年07月25日 14:38撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フィニッシュはもう間近
径路から仲ノ沢林道へ
2009年07月25日 16:05撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
径路から仲ノ沢林道へ
訪問者数:3321人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ