また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3763451 全員に公開 ハイキング 富士・御坂

天子ヶ岳〜桜峠

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年11月19日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
白糸の滝の駐車場利用(200円の駐車場有)
下山後は、坂上南条入口バス停から富士宮へ行き、そこから白糸の滝へとバスを乗り継ぐ。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
09:12
距離
21.0 km
登り
1,320 m
下り
1,553 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間50分
休憩
13分
合計
9時間3分
S白糸の滝BS06:0806:36天子ヶ岳登山口106:3706:58天子ヶ岳登山口207:0207:41林道終点08:41富士見台08:4514:04桜峠14:0815:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回、初めて歩きましたので、以下は、あくまでも個人的な意見です。
天子ヶ岳から桜峠へのルートは、地理院地図にも記載がないけれども、それなりの歩かれているようだったので、実際に歩くことに。情報としては、このヤマレコやYamapのそれなりにありましたので、それを使って、行ってきました。
白糸の滝〜天子ヶ岳の登山道の山頂近くに「芝川町上稲子」の看板があり、途中までは「天子ヶ岳ハイキングコース(番号付きでNo.23から始まります)」の標識もありましたし、踏み跡もある程度シッカリしていました。
が、当然ですが、桜峠への標識は一切ありませんでしたし、「No.16」が最後に見た標識ですから、それ以降は、完全にルートファインディングの世界になりました。ほぼ尾根沿いですが、頻繁に尾根の乗り換え、沢に降りてからの登り返し、頻繁に出くわす地図には無い林道をどのように使うのか、また、植林地帯に入ると、倒木や枝が邪魔になり、どのようにそれを越えていくかなど、結構、頻繁に、読図とGPSを使ったルートどりを行う必要がありました。
前半は順調でしたが、最初の林道に出会ったあたりから先の後半が難しく、天子ヶ岳から桜峠ヘは、予定より一時間ほど余計に時間がかかりました。「富士山展望台」からは、道は整備されていました(20分だけ・・・)。
危険なところは、岩場のやせ尾根が二ヶ所ありそれくらいですので、気を付けて通れば、問題はありませんでした。
その他周辺情報白糸の滝からスタート(一日200円の駐車場があります)しましたが、それより上部の林道には二ヶ所、数台が駐車できるスペースはあります。
下山した桜峠には駐車はできません。また、桜峠から下部は、「ギフチョウ」の保護のために立ち入り禁止になっています。
桜峠に下山後は、稲子温泉方面か柚野方面に歩くことになりますが、今回、私は、柚野の先の「坂上南条入口バス停」まで行き、そこから一旦、富士宮駅へでて白糸の滝方面のバスに乗って(白糸の滝行き、猪の頭行き、足形行き、休暇村行きでもOK)、駐車場に戻りました。なお、駅前には店舗が全くないので、その前の「十字街」の方が、繁華街なのでバスの待ち合わせには都合が良いかと思います。また、乗り換えがスムーズになる場合も・・・・
過去天気図(気象庁) 2021年11月の天気図 [pdf]

写真

白糸の滝の200円の駐車場。これ以外にもあります。
2021年11月19日 06:06撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白糸の滝の200円の駐車場。これ以外にもあります。
200円を料金箱に入れればOK。一応、車のナンバーを書いた紙を一緒に入れました。
2021年11月19日 06:06撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
200円を料金箱に入れればOK。一応、車のナンバーを書いた紙を一緒に入れました。
天子ヶ岳が見えています。
2021年11月19日 06:21撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天子ヶ岳が見えています。
車道が終わり、登山道に入ります。
2021年11月19日 06:29撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道が終わり、登山道に入ります。
途中で林道を横切ります。
2021年11月19日 06:36撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で林道を横切ります。
二回目の林道。ここが天子ヶ岳への登山口
2021年11月19日 06:55撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二回目の林道。ここが天子ヶ岳への登山口
まだまた紅葉が楽しめます。
2021年11月19日 07:02撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまた紅葉が楽しめます。
山頂に近い最後の岩場付近で振り返ると富士山が。今日は、一日中、富士山の景観を楽しみ、それに癒されながらの山行でした。
2021年11月19日 08:05撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に近い最後の岩場付近で振り返ると富士山が。今日は、一日中、富士山の景観を楽しみ、それに癒されながらの山行でした。
芝川町稲子への分岐点
2021年11月19日 08:21撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝川町稲子への分岐点
山頂近くの富士見台からの富士山
2021年11月19日 08:28撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近くの富士見台からの富士山
先ほどの「芝川町稲子へ」の分岐から下り出して最初の標識。No.23
2021年11月19日 08:55撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの「芝川町稲子へ」の分岐から下り出して最初の標識。No.23
ここから細尾根。この先には岩場があり、そちらの方が緊張を強いられます。
2021年11月19日 08:59撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから細尾根。この先には岩場があり、そちらの方が緊張を強いられます。
先ほどの岩場付近が「のこぎり山」の山頂らしい
2021年11月19日 09:07撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの岩場付近が「のこぎり山」の山頂らしい
時々、紅葉に癒されながら・・・
2021年11月19日 09:09撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々、紅葉に癒されながら・・・
No.16の標識。これが、見かけた最後の標識でした。
2021年11月19日 09:30撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
No.16の標識。これが、見かけた最後の標識でした。
動物用の罠が仕掛けられてるようですね。ねじを反時計回りに回せば緩むとかいてあります。気を付けないと・・・
2021年11月19日 09:32撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物用の罠が仕掛けられてるようですね。ねじを反時計回りに回せば緩むとかいてあります。気を付けないと・・・
鹿対策の柵なのでしょうか。また、一本一本に囲いがしてあります。
2021年11月19日 09:44撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿対策の柵なのでしょうか。また、一本一本に囲いがしてあります。
柵のある場所から少し下ったところで本日初めての林道。林道を閉鎖するバーが設置されている。この左側をすこし藪漕ぎすればルートに合流(右側の林道を少し行っても左側に行ける)
2021年11月19日 09:50撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵のある場所から少し下ったところで本日初めての林道。林道を閉鎖するバーが設置されている。この左側をすこし藪漕ぎすればルートに合流(右側の林道を少し行っても左側に行ける)
林道にあったヌタ場。鹿かな?
2021年11月19日 10:07撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道にあったヌタ場。鹿かな?
二つ目のやせ尾根。最初によりは、危なさは少しまし。
2021年11月19日 10:15撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目のやせ尾根。最初によりは、危なさは少しまし。
こんなところに三等三角点があった。
2021年11月19日 10:34撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところに三等三角点があった。
もう、ほとんど埋まっている
2021年11月19日 10:34撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、ほとんど埋まっている
伐採された木や枝がそこいらじゅうに・・・通過するのに結構厄介!
2021年11月19日 11:29撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採された木や枝がそこいらじゅうに・・・通過するのに結構厄介!
どこを通過しようか???
2021年11月19日 11:45撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこを通過しようか???
漸く、富士山展望台。ここから先は、地元の方が整備していますので、楽勝・・・
2021年11月19日 13:29撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く、富士山展望台。ここから先は、地元の方が整備していますので、楽勝・・・
最後まで富士山が見えていた!!
2021年11月19日 13:30撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後まで富士山が見えていた!!
桜峠。これは「将軍地蔵碑の題目塔や馬頭観音」だそうです。
2021年11月19日 14:03撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜峠。これは「将軍地蔵碑の題目塔や馬頭観音」だそうです。
その真下に国道と登山口。
2021年11月19日 14:04撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その真下に国道と登山口。
柚子の会が設置
2021年11月19日 14:04撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柚子の会が設置
国道469号線
2021年11月19日 14:04撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道469号線
白糸の滝まで15.7辧4時間半だそうです。近道をすれば、10卅宛紊世隼廚い泙垢韻鼻ΑΑΑΔ気垢に、下山後にはあまり・・・
2021年11月19日 14:04撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白糸の滝まで15.7辧4時間半だそうです。近道をすれば、10卅宛紊世隼廚い泙垢韻鼻ΑΑΑΔ気垢に、下山後にはあまり・・・
桜峠の説明
2021年11月19日 14:05撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜峠の説明
桜峠から下への道は閉鎖。ギフチョウの保護のため。
2021年11月19日 14:06撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜峠から下への道は閉鎖。ギフチョウの保護のため。
撮影機材:

感想/記録

かなり歯ごたえのあるルートでした。ただ、藪漕ぎが若干(ルートミスです・・・)だったのが救いです。落ち葉で踏み跡が隠れていたり、倒木・枝などが行く手を阻む。林道・廃林道が頻繁に現れ、使うべきか回避すべきか・・・などなど、事前に、皆さんのトラックから、想定ルートとポイントとなる地点をGPSに入れておいたので、高度計やGPSでの現在地、磁石での方向の確認、地図読みなどはどが、後半になって頻繁になりました。広葉樹の葉がほとんど落ち、樹間から富士山が、良く見えていたのは、癒されました。桜峠下山後にどこへ行こうかと迷ったのですが、最終的には、駐車場(白糸の滝)まで直接歩いて帰るのは回避して、坂上南条入口バス停まで歩いてバスの乗り換えを選びました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:84人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ