また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 378866 全員に公開 沢登り丹沢

世附川水系 法行沢支流 上長尾沢

日程 2013年12月04日(水) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
浅瀬ゲート手前
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

浅瀬11:18−
12:03法行橋−
12:08法行沢林道分岐−
12:29上長尾沢出合−
14:28上長尾沢左岸尾根−
左岸尾根下降−
15:11法行沢林道−
15:31法行橋−
16:20浅瀬
コース状況/
危険箇所等
■法行沢支流 上長尾沢

 平穏な流れの法行沢の支流だが、期待薄で入渓すると
 10m級の滝を始め小滝が連続し意外に楽しいお宝的な沢だ。

 遡行グレード:1級

|安湖より世附方面へ行き、浅瀬ゲートの50m手前に駐車。
 駐車スペースには4台程度だが、シーズンになると釣り師の
 車が路肩に多く駐車している。
 ゲートの脇を通り世附川沿いの林道を進むと大又沢林道との分岐、
 右側の大又沢林道へ歩を進める。
 約40〜50分ほどで法行沢の架かる法行橋。
 橋には名称が刻まれている。
 そこからさらに5分ほど歩けば左側に戻るように細い林道が分かれる。
 これが法行沢林道で、そちらに入る。
 しばらくで右手の植林帯から浅い沢。ここはゴーロの押し出し。
 次に右手から入る広い河原状の沢はほとんど壊れた低い堰堤跡。
 それを越し少し歩けば右手からやはり広い河原の沢。
 ここが上長尾沢で低い堰堤に名称が刻まれている。

△垢阿傍Y字状2×6m滝と1.5m滝が現れ遡行に期待を持たせる。
 すこし空いて1.5m小滝の上には3段10m滝。
 左右とも脇を卦蘢度で登れる。

4岾屬魘けて2段8m(4+4)は左側を卦蕁
 さらに7m滝は左のザレから高巻いて越す。
 2条2m小滝を続いて越えると標高640m二俣状。
 左の支沢奥にはザレ場が見える。
 右の本流には2条8m滝。
 ここも左を巻く。
 こうも滝が連続すると期待薄だったのでお宝的な沢とうれしくなる。

ぢ瑤呂曚椣貭樟状に伸びており迷うような顕著な二俣もなく
 その後も2段4m、2段1.5×3m+3m、3段2m、
 2段3×6m(倒木あり)、トイ状2×4mが2連続、
 2.5×5m、3×5mS字状、1.5m、2m黒滝、
 3m黒滝2つ、2.5m、2段3×6m、3m、と
 これだけ小滝が上流まで続いているので葛葉川みたいだ。

ド弦750mあたりで今回は水涸れとなり
 その後3mの涸れ棚を2つ越すと
 沢は浅いV字谷になりやや斜度を増すが、沢床はそれ程脆くない
 岩床状なので最後まで詰められる。

Σ執澆肋緜紅沢左岸尾根を使ってみた。
 地形図を読んでいれば途中出てくる尾根の分派の選択もそれ程
 難しくなく、上長尾沢の一本下流の支沢出合で法行沢林道へ
 戻れた。
過去天気図(気象庁) 2013年12月の天気図 [pdf]

写真

法行沢林道へ
2013年12月04日 12:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法行沢林道へ
途中崩壊していた
2013年12月04日 12:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中崩壊していた
逆Y字滝から始まる
2013年12月04日 12:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆Y字滝から始まる
2
おぉ連瀑だぁ
2013年12月04日 12:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぉ連瀑だぁ
3
遡行感度good
2013年12月04日 12:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遡行感度good
1
まだまだ続く
2013年12月04日 13:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ続く
1
果敢に攻めるhitomaru
2013年12月04日 13:06撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
果敢に攻めるhitomaru
2
ようやく水涸れ
2013年12月04日 14:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく水涸れ
1
最後の詰め
2013年12月04日 14:22撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の詰め
1
左岸尾根に出る
2013年12月04日 14:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸尾根に出る
左岸尾根下降開始
2013年12月04日 14:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸尾根下降開始
1
ミツマタがそろそろ蕾を持ち始めている
2013年12月04日 14:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタがそろそろ蕾を持ち始めている
1
尾根の末端はやや急な植林帯
2013年12月04日 15:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の末端はやや急な植林帯
2
法行沢林道へ下りた
2013年12月04日 15:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法行沢林道へ下りた
ショートカット径路発見
2013年12月04日 15:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショートカット径路発見
この赤テープのところだ
2013年12月04日 15:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この赤テープのところだ
最後はやや崩れたトラバース
2013年12月04日 15:27撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はやや崩れたトラバース
法行橋のところに出た
2013年12月04日 15:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法行橋のところに出た
下りてきたショートカット径路
2013年12月04日 15:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてきたショートカット径路
こちらは途中の笹子沢
2013年12月04日 15:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは途中の笹子沢
1
浅瀬にバック
2013年12月04日 16:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅瀬にバック
帰りに寄った西平畑公園からの夜景
2013年12月04日 18:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに寄った西平畑公園からの夜景
2
まるでディズニー
2013年12月04日 18:27撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるでディズニー
1
素敵なベンチ
2013年12月04日 18:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵なベンチ
2
下の道路からも見えるナイアガラ状の光
東名自動車道の北側を並行する道から上がれますよ。
駐車料金500円。
デートスポットにもファミリーにも最高だし、食堂等も21時までやってます。
2013年12月04日 18:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の道路からも見えるナイアガラ状の光
東名自動車道の北側を並行する道から上がれますよ。
駐車料金500円。
デートスポットにもファミリーにも最高だし、食堂等も21時までやってます。
2

感想/記録
by kamog

一部の丹沢マニアにしか知られない無名な上長尾沢へ行く。
代休取れたhitomaruも急遽参戦。

滝が楽しめるとは聞いていたが
下流部だけかと思いきや
上流まで滝が続いていて
期待以上に楽しめた。

いいね、だ。
訪問者数:1310人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ