また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3803620 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 金剛山・岩湧山

金剛山 ↑もみじ谷オール左 ↓もみじ谷本流(氷華探して)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年12月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越川公共駐車場、バス停横の駐車場(いずれも無料)があります。
平日でしたがどちらも満車(9時半過ぎ)。ちょうど1台出て行ったので、バス停横の駐車場に停めました。ラッキー。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
04:57
距離
10.6 km
登り
804 m
下り
786 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間38分
休憩
1時間18分
合計
4時間56分
S水越峠バス停駐車場09:4409:49水越峠09:5010:15金剛の水10:1710:26もみじ谷入り口10:54第5堰堤11:0011:07第6堰堤11:1011:16本流ルート分岐11:45金剛山12:0112:07山頂広場12:5012:53転法輪寺12:5613:12本流ルート分岐13:1313:17第6堰堤14:01もみじ谷入り口14:0214:10金剛の水14:1114:35水越峠14:3614:40水越峠バス停14:40水越峠バス停駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・もみじ谷オール左ルート
もみじ谷は途中の分岐が多いので、初めての方はテープの多い「もみじ谷本流」を歩かれるのが無難です。

第5堰堤上部で谷が大きく二つに分かれます。左が昭文社の登山地図に登山道として記載されているルート。右のV字谷が「もみじ谷本流」ルート。その後、第6堰堤上部で再び分岐が来ますが、右が本流ルートです。

今回は第6堰堤上部で左(旧本流ルート)に行き、次の分岐も左に行きます。(通称オール左と呼ばれるルート)
突き当りは扇状の笹斜面になります。左側にそれなりの踏み跡がありますので、それをたどって小尾根に出ます。しっかりした踏み跡の登山道となり、たどると一の鳥居と葛木神社との中間地点に出ます。もみじ谷入口としてNo.100の電柱があるところです。

道は沢を何度か渡渉しますが、いずれも水量わずかで石伝いに渡れます。ただ、滑り易いので注意は必要です。崖状の細い道もあり通行時は注意して下さい。

第6堰堤左俣の他の分岐道は、テープも少なく自由に進めますが、滑り易い斜面・藪漕ぎなどで苦労する事になると思います。こちらは、あまりお勧めしません。
その他周辺情報水越峠にはトイレ、登山ポストはありません。
水場は歩いて30分ほどの所に「金剛の水」があります。
トイレは水越トンネル傍の「さわんど」にあります。

写真

いつもの水越峠からスタート。
2021年12月03日 09:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの水越峠からスタート。
3
大阪方面。青空。
2021年12月03日 09:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪方面。青空。
4
金剛山側も青空。今日も良い天気〜。
2021年12月03日 09:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山側も青空。今日も良い天気〜。
5
紅葉も、最終盤。
2021年12月03日 10:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉も、最終盤。
5
越口から奈良盆地。中央左のとんがりは額井岳。
2021年12月03日 10:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越口から奈良盆地。中央左のとんがりは額井岳。
5
もみじ谷に入ります。本日出会ったのは5人。(登り2人、下り3人)
2021年12月03日 10:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もみじ谷に入ります。本日出会ったのは5人。(登り2人、下り3人)
3
おー。久しぶりのポックリアート。スケートのイナバウアーでしょうか。新作ですね。レコでは時たま掲載していましたが、お目にかかるのは2年ぶり?
2021年12月03日 10:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー。久しぶりのポックリアート。スケートのイナバウアーでしょうか。新作ですね。レコでは時たま掲載していましたが、お目にかかるのは2年ぶり?
10
近くにいた二人ずれも写真撮影。
2021年12月03日 10:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くにいた二人ずれも写真撮影。
5
十数分後には次の作品。天使がプレゼント配っている?
最近のポックリアートは展示時間が数時間だそうで、その日のうちに回収されるとの事。
2021年12月03日 10:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十数分後には次の作品。天使がプレゼント配っている?
最近のポックリアートは展示時間が数時間だそうで、その日のうちに回収されるとの事。
11
お向かいにはノルディックスキーでしょうか。3つも見れるなんて、ラッキーです。(実は4つ目もあったのですが、見逃してました・・・)
2021年12月03日 10:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お向かいにはノルディックスキーでしょうか。3つも見れるなんて、ラッキーです。(実は4つ目もあったのですが、見逃してました・・・)
8
第5堰堤で小休止。
2021年12月03日 10:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第5堰堤で小休止。
3
葉が落ちて、明るいV字谷。
2021年12月03日 11:02撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉が落ちて、明るいV字谷。
4
第6堰堤。
2021年12月03日 11:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第6堰堤。
4
見えにくいですが、スラッシュ倒木に薄い氷が付いてます。氷瀑の季節が近づいてますね。
2021年12月03日 11:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えにくいですが、スラッシュ倒木に薄い氷が付いてます。氷瀑の季節が近づいてますね。
4
ドラゴンさん。3日前の牙は抜けた?
2021年12月03日 11:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドラゴンさん。3日前の牙は抜けた?
7
第6堰堤上部の分岐点。久しぶりに左の旧本流に行ってみましょう。
2021年12月03日 11:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第6堰堤上部の分岐点。久しぶりに左の旧本流に行ってみましょう。
3
表示板があります。
2021年12月03日 11:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表示板があります。
3
この小滝を登ります。左にロープあり。
2021年12月03日 11:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小滝を登ります。左にロープあり。
4
小滝を越えた後の、最初の分岐がこの先です。右から水の流れがありますが、ルートにはなっていません。(過去に調査済み)
2021年12月03日 11:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝を越えた後の、最初の分岐がこの先です。右から水の流れがありますが、ルートにはなっていません。(過去に調査済み)
3
最初の分岐を左に行きます。右は「鳥の餌場」に通じるルート。
2021年12月03日 11:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の分岐を左に行きます。右は「鳥の餌場」に通じるルート。
3
次の分岐も左へ(いわゆるオール左ルート)。右は急坂ですが葛木神社の参道へでます。
2021年12月03日 11:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の分岐も左へ(いわゆるオール左ルート)。右は急坂ですが葛木神社の参道へでます。
4
前方に蟻地獄が待ち構えていますが、左にルートあり。
2021年12月03日 11:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に蟻地獄が待ち構えていますが、左にルートあり。
5
その蟻地獄。もっと笹が多い時に登った事がありますが、後が大変なだけ。今はもっと大変かと。
2021年12月03日 11:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その蟻地獄。もっと笹が多い時に登った事がありますが、後が大変なだけ。今はもっと大変かと。
4
左のテープに従えば、難なく行けます。
2021年12月03日 11:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左のテープに従えば、難なく行けます。
4
明瞭なルートに合流。辿って行きます。
2021年12月03日 11:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明瞭なルートに合流。辿って行きます。
4
アラレが降ったようですね。
2021年12月03日 11:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アラレが降ったようですね。
4
霜柱もしっかりありました。
2021年12月03日 11:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜柱もしっかりありました。
6
電柱100番です。その先が葛木神社参道。もみじ谷の最後の分岐(写真No.21)を右に行くと、ここから20mほど先の参道にでます。
2021年12月03日 11:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電柱100番です。その先が葛木神社参道。もみじ谷の最後の分岐(写真No.21)を右に行くと、ここから20mほど先の参道にでます。
4
お向かいの葛城山。昨日はあちらに登っていました。
ここから氷華さがし。しかし、なかなか見つからず。
2021年12月03日 11:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お向かいの葛城山。昨日はあちらに登っていました。
ここから氷華さがし。しかし、なかなか見つからず。
4
木をつつく音がして、コゲラを発見。エサ取りに夢中。
2021年12月03日 11:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木をつつく音がして、コゲラを発見。エサ取りに夢中。
7
やっとこさ、氷華を一つ発見。気温が上がったせいか、本日は不作。
2021年12月03日 11:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとこさ、氷華を一つ発見。気温が上がったせいか、本日は不作。
9
後ろから見ると、今にも崩れそう。一つでも見れて良かった。
2021年12月03日 11:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろから見ると、今にも崩れそう。一つでも見れて良かった。
4
傍には氷柱が。朝に冷え込んだのは確か。
2021年12月03日 11:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傍には氷柱が。朝に冷え込んだのは確か。
4
山頂は3℃。昨日は1℃だったので、この差ですね。
2021年12月03日 12:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は3℃。昨日は1℃だったので、この差ですね。
5
青空の山頂広場。下界の展望も良かったです。
2021年12月03日 12:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の山頂広場。下界の展望も良かったです。
8
定番写真。
2021年12月03日 12:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番写真。
7
12:10のライブカメラ。右端です。
2021年12月03日 12:10撮影 by ver.23F002066.2, HRE Inc.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:10のライブカメラ。右端です。
10
ランチ(カップ麺)の後のティータイム。頂き物の手作りケーキ。
2021年12月03日 12:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチ(カップ麺)の後のティータイム。頂き物の手作りケーキ。
6
広場で、登りに出会った二人組から有力情報。見逃したポックリアート。スケートです。下山時に探索しましょう。
2021年12月03日 12:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場で、登りに出会った二人組から有力情報。見逃したポックリアート。スケートです。下山時に探索しましょう。
6
12:50のライブカメラに写って、下山します。
2021年12月03日 12:50撮影 by ver.23F002066.2, HRE Inc.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:50のライブカメラに写って、下山します。
5
その前に転法輪寺にお参り。
2021年12月03日 12:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その前に転法輪寺にお参り。
3
石鉢の水は完全氷結。
2021年12月03日 12:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石鉢の水は完全氷結。
5
ここからもみじ谷を降りて行きます。
2021年12月03日 12:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからもみじ谷を降りて行きます。
4
第6堰堤上の分岐まで来ました。右から降りてきました。登りは左へ行きました。
2021年12月03日 13:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第6堰堤上の分岐まで来ました。右から降りてきました。登りは左へ行きました。
4
第4堰堤まで来ました。この先にあるはず。ここから天使とスキーの間にあるとの情報でした。
2021年12月03日 13:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第4堰堤まで来ました。この先にあるはず。ここから天使とスキーの間にあるとの情報でした。
4
見つからないまま天使さんまで到達。
2021年12月03日 13:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見つからないまま天使さんまで到達。
8
向かいのスキーも。もう一度戻って探索するも発見できず。残念。
2021年12月03日 13:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かいのスキーも。もう一度戻って探索するも発見できず。残念。
5
13分後に再び天使さんまで来ると・・・天使もスキーも消えていました。この間に出会った3名の登山者のどなたかが作成者のようで、既に回収完了。でも、見れて良かった。きちんと管理されているので、この展示なら良いと思います。
2021年12月03日 13:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13分後に再び天使さんまで来ると・・・天使もスキーも消えていました。この間に出会った3名の登山者のどなたかが作成者のようで、既に回収完了。でも、見れて良かった。きちんと管理されているので、この展示なら良いと思います。
5
午後の光を浴びた紅葉。
2021年12月03日 14:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後の光を浴びた紅葉。
5
水越峠に無事下山。良い天気でした。
2021年12月03日 14:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠に無事下山。良い天気でした。
4
撮影機材:

感想/記録
by abek3

12/2にkamaご夫妻の氷華に遭遇レコがあったので、さっそく行ってみた。
いつもの金剛山もみじ谷だが、kamaご夫妻に倣って「モミジ谷オール左コース」へ。久しぶりでした。

肝心の氷華はなかなか見つからず。毎年現れるポイントを2〜3ヶ所当たってみたが、出てこない。ようやく一つ見つけるのがやっとでした。それでも、見ることが出来て満足です。

もみじ谷では久しぶりにポックリアートに遭遇。こちらも嬉しい再会でした。今は当日限りの数時間で展示・回収されるので、めったにお目にかかれません。完成度の高い作品。良い物を見せてもらいました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:154人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ