また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3907910 全員に公開 雪山ハイキング 大台ケ原・大杉谷・高見山

お天気は絶好だったんだよ(薊岳-ヒキウス平-明神平)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年01月10日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は無料で、15台ほど停まられますが、溢れた車はそこまでの路肩や道端の空き地に停まっていきます。今日はあまり状況のよくない日でしたが、それでも15台くらいの車が溢れていたようでした。駐車場手前の橋から凍結しています。道の中央には雪が残っていました。行きは滑りませんでしたが、帰りは時々滑りました。4WDスタッドレスでも、あまりスピードを上げるのは禁物でしょう。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
08:41
距離
15.7 km
登り
1,121 m
下り
1,107 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.3~1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
1時間48分
合計
8時間37分
S大又林道終点駐車場05:5507:18P133407:2207:50薊岳08:2508:40P133409:25前山09:3709:41三ツ塚10:18判官平10:1910:31P139411:04赤山11:3111:51P139411:5712:04判官平12:35三ツ塚12:48明神平13:1114:16大又林道終点14:32大又林道終点駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【駐車場-薊岳】道はよく踏まれていますが、分岐が悩ましいところがあります。多くは、トラバースする道より、上にあがる・尾根を登る道が正解です。それなりに急ですが、急登と言うほどではありません。稜線に出てからも、トレースはしっかりありました。薊岳雌岳へは2-3分の行程ですが、ロープがあったり、岩沿いに回ったり、ちょっとだけアドベンチャラスでした。
【薊岳-前山-P1394】トレースはきちんとついていました。危険箇所もありません。
【P1394-ヒキウス平】通行量が少ないためか、トレースは疎らでした。踏み抜く箇所もあり。めんどくさくなければ、ワカンを履いた方が楽でした。
【明神平-駐車場】スリップと渡渉に注意すれば、特に問題はありません。
今日は、最初からチェーンスパイクを履き、駐車場の手前までずっと履いていました。ヒキウス平往復は部分的にワカンを履きました。
その他周辺情報やはた温泉は入湯料500円。JAFのクーポンがあれば100円引きらしいのですが、JAFアプリからの出し方は、受付の職員もよく知らないようです。結局割引は使わず、一般料金を支払いました。なんだか、割引があると聞いてから、それが使えなくなると悲しいので、改善して欲しいです。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

5時半に到着したら、先着車2台。用意している間に1台到着。道は最後が凍結。
2022年01月10日 05:51撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時半に到着したら、先着車2台。用意している間に1台到着。道は最後が凍結。
この階段から登ります。
2022年01月10日 05:59撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この階段から登ります。
最初からいくらか雪があり、スタート時点からチェーンスパイクを履きました。
2022年01月10日 06:40撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初からいくらか雪があり、スタート時点からチェーンスパイクを履きました。
後半、斜度はきつくなります。
2022年01月10日 06:58撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半、斜度はきつくなります。
この辺で日が出ました。
2022年01月10日 07:14撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺で日が出ました。
稜線に出ました。これから目指す薊岳。
2022年01月10日 07:22撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。これから目指す薊岳。
低い太陽の光は格別なのです。
2022年01月10日 07:26撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低い太陽の光は格別なのです。
まもなく山頂です。
2022年01月10日 07:49撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなく山頂です。
1
薊岳の影。
2022年01月10日 07:50撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薊岳の影。
3
雌岳に来ました。
2022年01月10日 07:55撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳に来ました。
1
ちょっとスリリング。
2022年01月10日 07:57撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとスリリング。
この辺で多少の霧氷。
2022年01月10日 08:00撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺で多少の霧氷。
1
まだヘッデンつけてました・・・
2022年01月10日 08:06撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだヘッデンつけてました・・・
3
ここでも薊の影。
2022年01月10日 08:17撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも薊の影。
前山到着。
2022年01月10日 09:25撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前山到着。
昨日のまんま残っているようですね。霧氷はほぼゼロでした。
2022年01月10日 09:28撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日のまんま残っているようですね。霧氷はほぼゼロでした。
明神岳にはよらず、トラバースルートを通りました。
2022年01月10日 09:59撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神岳にはよらず、トラバースルートを通りました。
1394mピーク。ここからヒキウス平へ。
2022年01月10日 10:29撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1394mピーク。ここからヒキウス平へ。
ここで東に折れます。
2022年01月10日 10:44撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで東に折れます。
あれは八経か。
2022年01月10日 10:45撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれは八経か。
ヒキウス平からは、この角度で霧氷がつきまくっていたら、大変美しいのでしょうね。
2022年01月10日 11:04撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒキウス平からは、この角度で霧氷がつきまくっていたら、大変美しいのでしょうね。
明神平に戻ってきました。国見山もあまり雪がありません。
2022年01月10日 12:39撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神平に戻ってきました。国見山もあまり雪がありません。
しかし、この枝雪も、見ようによっては花のように見える。
2022年01月10日 12:40撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、この枝雪も、見ようによっては花のように見える。
1
撮影に興じる人々。
2022年01月10日 12:41撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮影に興じる人々。
なんだか、インタビュー風景のようだ。
2022年01月10日 12:48撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだか、インタビュー風景のようだ。
明神滝は、一部氷結していました。
2022年01月10日 13:46撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神滝は、一部氷結していました。
登山口付近に。
2022年01月10日 14:16撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口付近に。

感想/記録
by pers

ひと冬一度は明神平---で、今回は4人で行って参りました。候補日を2日設定し、天気がいい方を選択しようと決め、午前中ずっと快晴が予想される本日をピックしました。心配なのは駐車場までの路面状況でしたが、e-four + スタッドレスが有効だったのか、行きは全く滑らずに駐車場に到達。5時半到着で、先着車2台でした。

ヘッデン点けてスタート。昨年と同じく、薊岳経由としました。急登という記載もありますが、そこまでえぐい登りではありません。稜線に出てからは西に向かいましたが、それまで恐れていたように・・・霧氷がありません。雪は新雪はないものの、量的にはほぼたっぷりでした。薊岳山頂からは大峰や台高の諸峰を見ることができました。やはり早朝の光は格別ですね。

その後、前山を経て、ヒキウス平を目指します。1394mピークを南に折れましたが、あれ、去年来た時となんだか印象が違う。ただ、ここから見ると、尾根の東側の谷は雪が溶けて地面が剥き出しになっていたり。もちろん霧氷もありません。お昼ご飯を食べてそのまま引き返しました。

明神平まで戻ってきて、まあやはり霧氷はないわけですが、枝に着いた雪はまだ多少残っていて、見方によっては花のように見えなくもない。このあたり、結構テンション上がりました。その後明神谷を降りて、やはた温泉に入って帰宅。

期待が大きすぎた分、残念じゃなかったかと言えばまさに残念なのですが、これもまた山ですね。また次の機会に全力の明神平が見られることを期待します。次はそれこそ日の出を狙うべきなのかもと思いました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:350人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ