また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4024635 全員に公開 アルパインクライミング 日光・那須・筑波

松木沢ジャンダルム 中央壁中央ルンゼルート

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年02月23日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・車は銅親水公園の駐車場に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
10:48
距離
9.4 km
登り
725 m
下り
721 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間10分
休憩
40分
合計
10時間50分
S銅親水公園駐車場07:1007:55松木川渡渉地点07:5808:21松木沢ジャンダルム基部08:4809:21中央壁中央ルンゼルート登攀開始時刻16:19登攀終了時刻(コブシ岩)16:2916:47松木沢ジャンダルム右壁基部18:00銅親水公園駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・登攀中のGPSログデータがかなり乱れてます。
コース状況/
危険箇所等
▶ルート状況(2022年2/23現在のものです。)

◆アプローチ
・銅親水公園駐車場から松木川沿いの林道を上流へと歩いていきます。
・松木沢ジャンダルムの正面まで来たら松木川を飛び石で渡れそうなところから渡ります。(飛び石できないときは靴を脱いで渡渉します。石が凍っているときはスリップ注意!)
・松木沢ジャンダルムの基部までノートレースの雪面を膝下〜太ももラッセルで登っていきます。(雪が無いときは踏み跡を辿っていけます。)

◆中央壁中央ルンゼルート(+ 140m)(ルートグレードは参考にした最新のトポ図からで、あとは個人的な感想です。)

全体的に
・雪が付いていて大幅に難易度がアップしていました。
・除雪しながらの登攀だったので大幅に時間がかかりました。
・ホールドを掴んで登るよりはフッキングを使って登ったほうが楽なところもあります。(ホールド掴めないところもありました。)
・残置支点は少ないのでカムやナッツ、灌木等で中間支点を取っていきます。

1P目(リード)
・中央ルンゼ取付からルンゼを登ります。ルンゼが狭くなりチョックストーンが出てきたところで右側の壁へ登ると終了点を終了点があります。
・雪が付いて嫌らしい感じでしたが余裕をもって楽しみながら登れました。
・終了点は錆びたリングボルト2つ。

2P目(フォロー)
・出だし核心。その後、岩壁に突き当たるまで登ってから左へ進路を取りルンゼから出る。ルンゼを抜けると視界が開け正面にクラックのある壁が見えるので、そこで終了点を構築してもいいし手前の灌木で終了点を構築してもよい。
・ピッチ間がロープいっぱいになるわけでもなかったのですが、風の影響なのか地形的な問題なのかお互いのコールが聞こえないところでした。
・終了点は灌木にスリングを巻いて構築。

3P目(リード)
・バンドをラッセルしながら左上します。
・コンテで登っても問題ないですがスタカットで登りました。
・終了点は灌木にスリングを巻いて構築。

4P目(フォロー)
・4P目の大スラブは終了点を構築した灌木すぐ上のクラック(直上ルート)を中央ルンゼルートのクラックだと勘違いしてIさんにそのルートを登るように指示。Iさんが登り始めましたが傾斜が緩く序盤から除雪が大変そうだったので左の雪の付いてないクラック(左ルート)を登ったほうが良いとIさんにすすめました。
・Iさんは左ルートのクラックを途中まで登りましたがその上は難しいと途中のバンドから直上ルートのクラックへトラバース、更に中央ルンゼルートのクラックへトラバースしてそこを登ろうとしましたが登れそうにないと下りてきて直上ルートのクラックと中央ルンゼルートのクラックの間のバンドに終了点を構築しました。
・左ルートは除雪しないとカムがセットできないので時間がかかってました。
・終了点は角岩に巻かれた残置スリングとハーケン1枚を打ってそこからとったスリングで構築。

5P目(リード)
・4P目終了点から中央ルンゼルートのクラックの様子を見に行きましたがバック&フットで登れば登れそうでしたがIさんがフォローでも厳しいかもと言ったので左上して左ルートの終了点を目指しました。
・中間支点は灌木とカムで構築しましたがスラブでホールドも乏しく痺れました。
・終了点は直上ルート4P目の終了点を使用。(ハンガー1つとリングボルト3つ)

6P目(リード)
・Iさんに終了点の上の階段状を登ってコブシ岩下のバンドにある終了点でピッチを切るように指示。Iさんがリードで登り始めましたが除雪してばかりでなかなか高度を上げられなかったので時間も遅くなるのでリード交代。
・私も階段状に行ってみましたが想像してたより悪く中間支点が取れなかったので(以前登った記憶では簡単で支点も出だしの灌木ででしか取らなかったと思います。)そのラインからの登攀は断念して左ランぺルートのラインへトラバースしてそこを登りました。左ランぺルートのクラックはA0を交えて突破しました。
・終了点は灌木にスリングを巻いて構築。セカンドビレイの支点はカムを3本使って構築。(何回も屈曲しながら登っていてロープの流れが悪くなっていてロープ引き上げが困難だったため終了点と違う位置にセカンドビレイの支点を構築しました。)

7P目
・今回は時間がないのでコブシ岩は登らず左側から巻いてコブシ岩の頂上に出ました。

◆下降
・右壁のルンゼを歩いて下りていき最後の方でフィックスロープを使って2回懸垂下降して下山。
過去天気図(気象庁) 2022年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 50mダブルロープ アイスアックス×2 アルパイン用クイックドロー×6 捨て縄 その他登攀装備1式
共同装備 カム♯0.4〜4.0×1セット リンクカム×4 ナッツ小×適宜 ナッツキー ハーケン×3〜4 ファーストエイドキット ツエルト

写真

銅親水公園駐車場を出発
2022年02月23日 07:12撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅親水公園駐車場を出発
松木沢ジャンダルム
2022年02月23日 07:53撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松木沢ジャンダルム
2
渡渉地点に到着して飛び石できそうなところを探します
2022年02月23日 07:55撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉地点に到着して飛び石できそうなところを探します
1
中央壁と右壁の堺で準備
2022年02月23日 08:21撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央壁と右壁の堺で準備
中央壁中央ルンゼルート登攀開始(Iさんが松木沢ジャンダルム初見だったのでせっかくなので登攀前に他のルートの取付を案内しました)
2022年02月23日 09:21撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央壁中央ルンゼルート登攀開始(Iさんが松木沢ジャンダルム初見だったのでせっかくなので登攀前に他のルートの取付を案内しました)
3
1P目を登ってくるIさん
2022年02月23日 10:16撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目を登ってくるIさん
2
1P目を登ってくるIさん
2022年02月23日 10:27撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目を登ってくるIさん
1
2P目をリードするIさん(出だしの核心を越えたところ)
2022年02月23日 10:49撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目をリードするIさん(出だしの核心を越えたところ)
3
3P目終了点から見た2P目終了点でビレイするIさん
2022年02月23日 11:31撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P目終了点から見た2P目終了点でビレイするIさん
1
雪がたっぷり付いた大スラブ
2022年02月23日 11:48撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がたっぷり付いた大スラブ
1
4P目をリードするIさん
2022年02月23日 12:05撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4P目をリードするIさん
1
4P目をリードするIさん
2022年02月23日 12:17撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4P目をリードするIさん
2
左ルートのクラックから直上ルートのクラックへバンドをトラバース
2022年02月23日 12:44撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左ルートのクラックから直上ルートのクラックへバンドをトラバース
2
更にバンドを右へ行き中央ルンゼルートのクラックに挑戦中(結局登れずにバンドで終了点構築)
2022年02月23日 12:44撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更にバンドを右へ行き中央ルンゼルートのクラックに挑戦中(結局登れずにバンドで終了点構築)
2
5P目終了点(左ルート4P目終了点)に到着。5P目はルート外を適当に左上して左ルートに合流。
2022年02月23日 14:06撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5P目終了点(左ルート4P目終了点)に到着。5P目はルート外を適当に左上して左ルートに合流。
2
直上ルートのクラックと中央ルンゼルートのクラックの間のバンドから5P目を登ってくるIさん
2022年02月23日 14:06撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直上ルートのクラックと中央ルンゼルートのクラックの間のバンドから5P目を登ってくるIさん
1
痺れるピッチでした
2022年02月23日 14:08撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痺れるピッチでした
2
6P目終了点からコブシ岩を見上げる。(6P目は左ルートから左ランぺルートへとラインを変えて登りました。)
2022年02月23日 15:54撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6P目終了点からコブシ岩を見上げる。(6P目は左ルートから左ランぺルートへとラインを変えて登りました。)
3
今回は時間がないのでコブシ岩は登らず左側から巻いてコブシ岩の頂上に出ました
2022年02月23日 16:16撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は時間がないのでコブシ岩は登らず左側から巻いてコブシ岩の頂上に出ました
1
コブシ岩の頂上
2022年02月23日 16:29撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コブシ岩の頂上
1
右壁の基部まで下山完了
2022年02月23日 16:47撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右壁の基部まで下山完了
2
雪の付いたジャンダルムは手強かったです!!
2022年02月23日 17:18撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の付いたジャンダルムは手強かったです!!
3
撮影機材:

感想/記録

今回の山岳会メンバーIさんと谷川岳の一ノ倉沢衝立岩中央稜へ行くつもりでしたが当日までの降雪量や当日の天気を見て前日に中止決定。代わりに転進して松木沢ジャンダルムを登りに行ってきました。
Climbing

ヾ響

・2/19にウメコバ沢中央岩峰正面凹角ルートを登りに行った時に松木沢ジャンダルムが雪たっぷり状態になっていたのを見ていたので難易度アップして楽しめるのでは?と転進先に提案するとIさんからOKをもらえました。雪が付いて難易度がアップしていると思ったので簡単な中央壁中央ルンゼルート、中央壁右ルート、右壁2段チムニールートのうち適当に2本登ろうと計画しました。

・雪が付いてももともとが簡単なルートなので2本は登れるだろうと思ってましたが想像より手強く除雪もあり1本登って時間切れでした。

・フッキングを織り交ぜながらの登攀でしたがやはり面白かったです。痺れる感じが癖になります。

・大スラブから上は登れるところを適当に繋げて登りました。6P目の左ランぺルートのクラックはA0を交えて突破しました。まだまだ力不足です・・

反省

・6P目は何回も屈曲しながら登ってしまいロープの流れが悪くなってしまいました。(途中、安定しているところでロープを登る分だけ両手で引っ張ってたるみを作ってから登りました。)もう少し工夫が必要だったと思います。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:237人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ