また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4081039 全員に公開 山滑走 谷川・武尊

谷川・トマノ耳〜西黒沢

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年03月13日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候高曇〜晴れ
アクセス
利用交通機関
ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)
GPS
03:15
距離
7.6 km
登り
683 m
下り
1,257 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間32分
休憩
1分
合計
5時間33分
S天神平08:4909:23天神平・天神峠分岐点11:43谷川岳・肩の小屋12:40天狗の留まり場13:56西黒沢13:5714:22ロープウエイ駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スコップ+のこぎり スキーストックシール ビーコン その他冬山日帰り個人装備(ナイフや灯り地図磁石)
共同装備 ツエルト ストーブoptimusu supernova白ガソリン

写真

広くてトレースだらけのロープウエイからの尾根
2022年03月13日 09:28撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広くてトレースだらけのロープウエイからの尾根
2
避難小屋は地下不覚だった。今年の積雪は特に多いそう
2022年03月13日 10:02撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋は地下不覚だった。今年の積雪は特に多いそう
3
熊穴のコルより行手。富士山のように行列が続く。
2022年03月13日 10:02撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴のコルより行手。富士山のように行列が続く。
1
熊穴のコルでイグルー作っていた二人と会う。聞けばイグルスキーを知っていて、大歓迎してくれた。嬉しや。
2022年03月13日 10:02撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴のコルでイグルー作っていた二人と会う。聞けばイグルスキーを知っていて、大歓迎してくれた。嬉しや。
10
絶えず続く人。急傾斜も時折あるし、シートラあいぜんが一番楽だった。
2022年03月13日 10:27撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶えず続く人。急傾斜も時折あるし、シートラあいぜんが一番楽だった。
4
山頂避難小屋前で。セーノさん、太郎さん
2022年03月13日 11:44撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂避難小屋前で。セーノさん、太郎さん
6
山頂避難小屋前で。カシケン、セーノさん。
2022年03月13日 11:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂避難小屋前で。カシケン、セーノさん。
4
懐かしの、オジカ沢頭方面
2022年03月13日 12:13撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懐かしの、オジカ沢頭方面
3
後続のタケヨシさんを待つ
2022年03月13日 12:13撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続のタケヨシさんを待つ
5
シールを外して支度。
2022年03月13日 12:14撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シールを外して支度。
4
西黒沢最上部は緩く楽しい大斜面。
2022年03月13日 12:35撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒沢最上部は緩く楽しい大斜面。
6
上部クレバスのつながっているところを繋いで、最大傾斜部分を降りてきて振り返る。たいへん急でグサグサで、米山のスキーでは歯が立たず一部シートラ下降。
2022年03月13日 13:11撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部クレバスのつながっているところを繋いで、最大傾斜部分を降りてきて振り返る。たいへん急でグサグサで、米山のスキーでは歯が立たず一部シートラ下降。
4
小尾根の上で小休止
2022年03月13日 13:11撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小尾根の上で小休止
4
西黒沢へは西日の当たる左岸斜面からたくさんのデブリが達していて、その脇を下る。
2022年03月13日 13:34撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒沢へは西日の当たる左岸斜面からたくさんのデブリが達していて、その脇を下る。
4
西黒沢へは西日の当たる左岸斜面からたくさんのデブリが達していて、その脇を下る。
2022年03月13日 13:38撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒沢へは西日の当たる左岸斜面からたくさんのデブリが達していて、その脇を下る。
4
傾斜が緩くなってからも本流はデブリで占拠。脇のズブズブをゆく。
2022年03月13日 13:53撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜が緩くなってからも本流はデブリで占拠。脇のズブズブをゆく。
4
ズブズブゴロゴロ斜面でコケまくっていたら、1985年以来の付き合いのストックがお陀仏に。
2022年03月13日 14:20撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズブズブゴロゴロ斜面でコケまくっていたら、1985年以来の付き合いのストックがお陀仏に。
11
タケヨシさん、セーノさん
2022年03月13日 14:20撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タケヨシさん、セーノさん
6
カシケン、タローさん
2022年03月13日 14:20撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カシケン、タローさん
6

感想/記録

セーノさんに招かれた群馬岳連イグルー講習会の後、イグルーに泊まって、5人で芝倉沢を下る計画。ロープウエイ1250圓。ツボ足主体で凄くたくさんの人の行列だ。1000人は超えているかも。広く、トレースビッタリの尾根をはじめはシールで、のちシートラで登っていく。

始めのピークをセーノさんがトラバースして、先に行ってしまったようだ。クマアナのコルで再会。避難小屋ははるか地下深くだ。

ここにイグルーを作っていたアベックが居て、声をかけると「もしや米山さんですか?」とのお答え。うれしや、イグルスキー実践者にお会いできた。もう何度目かの作とのことで、楽しく、実践しているのが何よりうれしい。こんなに人だらけの往来でも、二人だけの特別な空気に浸れるのである。

避難小屋の脇で久しぶりなのか登りで遅くなった沼田のタケさんを待ってポカポカ陽気の一時間。タローさんは何年か前からセーノさんの弟子に。大武川で何年か前に会ったときスカウトされたとのこと。シシ肉には困らない。セーノさんは2014年頃、その甲斐の大武川以来か。カシケンは2008年入部のOB、会うのは2011年以来かな。山岳部で同じ山行をしてきたので、久しぶりでも初めてでもどうにでもなるのである。

時間もなくなり、柴倉沢はやめて、西黒沢を下ることに。始めはクマアナのコルまで稜線伝いヒツゴウ側で降りて西黒沢の予定だったが、天狗の踊り場の上から西黒沢を覗くと、クレバスが一部つながっているからそっちを降りることに。セーノさんは何でも見えるようだ。よく見えなかったけど。そのクレバス前後がすごく急な漏斗みたいな急斜面の上、雪がグサグサで、スピードを殺せば短いスキー板がズブズブ沈んで前進せず。クレバス前後の数十メートルはシートラツボ足で下る。長くて普通のスキーの皆さんは華麗に下って行った。降りている最中にも日当たりの良い左岸側の急斜面からドバドバ雪崩が落ちていた。小さな小尾根で一服。クマアナコルから下ってきたボーダーも、対岸で腰をおろしている。そこからの下りも、短いスキーでは沈みがちで、軽やかには滑れなかったが、まあ一長一短だ。しかし、年季の入った竹ストックが遂にお釈迦に。やはり横の力には弱い。

20数年ぶりの谷川岳。急傾斜部分はどの谷もあり、にわかに緊張するけれど、1日であっさり行って帰れてしまえるスケール感の山なのだ。一般ルートも、バリエーションも、人が多いわけだと思う。

セーノさんが山行後に、いちごをたくさん用意してくれていた。とてもおいしい。はるばる遠くまでイグルー講師で呼んでくれて、どうもありがとう。

上毛高原で乗ると、越後湯沢からのスキー客で混んでいて、久しぶりにデッキのザック座り。新幹線は速いなあ。
https://igloosky.com/2022/03/14/igloomeeting-in-gunma/
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:759人

コメント

yoneyamaさん こんばんは

以前からあそこを通る度に、スキーで下りてみたいなあと思っていたルートでしたが、見るからに悪そうな感じの時ばかりだったので、ついぞ滑走することがなく何年もたってしまいました。
今回のコメントを読んで、かなり明確にイメージできました。ありがとうございます。
ちなみに、短い板とは?ショートスキーか何かですか?
2022/3/19 22:10
長さ130センチの短めスキーです。クナイスルのスーパークロノライト(2003年頃)。靴は登山靴ボリエールのG1。ビンディングはジルブレッタ300(1980年代)という無二の足回り。道具は一長一短ですが、私の普段の山行(登り重視、滑り軽視)では一番使いやすいものです。
2022/3/20 6:33
yoneyamaさん
なるほど
ワタシは一昨年、テレマークから山スキーに戻って来たので、そのうち行ってみようかしら。ワタシのテレマーク技術では下りられなかったルートなので。
ワタシの今の装備は登りお楽しみ程度、下り重視です。
2022/3/20 18:04
米山さんは今は主に長野で活動されてると思っていたので、たまたまお会いできた事は天文学的確率です!
しかしこの事を誰かに話したくとも、この分野はマニアック過ぎて中々伝わりません笑
妻と二人で喜んでおります。

肝心のイグルーですが、入口の塞ぎ方がまだ確定できておらず今回はツェルトで塞ぐ不格好な形になってしまいました。

場所によっては中で用を足すのがベストでしょうが、出入りのしやすさと密封性(暖かさ)を天秤にかけるとなかなか難しいものです。
2022/3/22 0:03
まつけんさん
出会いを喜んでいただいてありがとうございます。トイレ問題はお育ちや女子がいるかなどで様々ですからね〜。やっぱりもう一個別棟を隣にトンネルでつなぐのがベストかも。

入り口の塞ぎ方はここにかきました。参考にどうぞ。
https://igloosky.com/2022/02/03/report-from-sadoyama/
2022/3/22 10:00
まつけんさん
出会いを喜んでいただいてありがとうございます。トイレ問題はお育ちや女子がいるかなどで様々ですからね〜。やっぱりもう一個別棟を隣にトンネルでつなぐのがベストかも。

入り口の塞ぎ方はここにかきました。参考にどうぞ。
https://igloosky.com/2022/02/03/report-from-sadoyama/
2022/3/22 10:00
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ