ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 411140 全員に公開 雪山ハイキング八幡平・岩手山・秋田駒

三ツ石山(目標)

日程 2014年02月26日(水) [日帰り]
メンバー
天候とにかく良かった。その代わり暑かった。
アクセス
利用交通機関
ケーブルカー等
網張スキー場の第一、第二リフト利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

8:30 第一リフト、8:50 第二リフト、9:00 第二リフト下りる、9:20 No10標識、10:50 大松倉山、11:00 稜線を下り始め、11:25 三ツ石山荘到着、12:10 稜線へ出る(休憩)12:40 稜線を下り始める、13:20 No10標識へ出る、13:50 第一リフト乗り場へ到着
コース状況/
危険箇所等
登山ポストが第一リフト乗り場にあったんですが、開きませんでした。今回が初めてですので、登りの入り口No10標識を見つけることに集中しました。
過去天気図(気象庁) 2014年02月の天気図 [pdf]

写真

第二リフト乗り場から、小高倉山。
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二リフト乗り場から、小高倉山。
1
遠く秋田駒ヶ岳。右端は乳頭山。
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く秋田駒ヶ岳。右端は乳頭山。
3
第二リフトは9時からと言うことですが、この日は8:50分に動きました。
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二リフトは9時からと言うことですが、この日は8:50分に動きました。
岩手山方向でしょうか?
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩手山方向でしょうか?
納得の乳頭山。
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
納得の乳頭山。
3
岩手山。
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩手山。
3
こだわりの乳頭山。
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こだわりの乳頭山。
2
大松倉山。
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大松倉山。
3
PALOMONさんのプロフィールの写真ですね。この辺から撮ったんでしょうか?
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
PALOMONさんのプロフィールの写真ですね。この辺から撮ったんでしょうか?
5
同じです。下の方が姥倉山ですかね。
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じです。下の方が姥倉山ですかね。
6
目標の三ツ石山。
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目標の三ツ石山。
5
多分源太森。
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分源太森。
1
大松倉山の稜線から見た岩手山。
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大松倉山の稜線から見た岩手山。
4
帰り道が最初は一緒でしたが、途中で追い越されました。
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道が最初は一緒でしたが、途中で追い越されました。
樹氷。
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷。
2
自分ともう1人の方は三ツ石山荘から帰りました。途中で一緒になった4人は、三ツ石山を左方向から、登ってます。見えませんね。
2014年02月27日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分ともう1人の方は三ツ石山荘から帰りました。途中で一緒になった4人は、三ツ石山を左方向から、登ってます。見えませんね。
1

感想/記録
by isam

 今回が初めての、三ツ石山だったのでかなり不安でした。PALOMONさんのブログを参考に、登り口だけは、双子林間コースのNo10標識を目当てに行くことだけは知っていましたが、その後は目印があるのかないのか?不安でした。
 しかし、No10の標識へ着くと、一人の若者がいまして、この方はかなり詳しそうでした。自分のほうが少し早く、No10標識を出発しましたが、間もなく追い越され、トレースしていくことになりました。かなり速い方だったのですが、自分をガイドするように待ってくれて、大松倉山の稜線に出たとき、少し話しました。その方は姥倉山へ行くかどうか、悩んだそうだったんですが、こちらへ来てくれて自分はラッキーでした。No10標識を出るときにもう一人、EOS 5DMark靴鮖ってた方も来ました。自分含みで、3人のグループではないですが、出来たので結構心強かったですね。
 稜線を下りて、三ツ石山荘へ向かうときも、その若者のは待っててくれて、自分が着いてから山荘を目指して下りていきました。若者はシールをそのままで下りたようです。EOSの一眼カメラを持った方はシールを外して下りたようです。自分の方が下り始めるのは、早かったのですが、途中で追い越されました。シール付きだと滑らないのでしょうがないですね。
 11時15分位に三ツ石山荘へ着いたのですが、何故かGPSデータと狂いがあります。ここで休憩してると、後2人が来ました。例の若者以外のEOSカメラの方、後から来たもの1人の方、ここでシールを貼ってました。
 自分はそのまま下りてきたので、シールを貼る作業はありませんし、妻には12時になったらどこに居ても戻ると行ってきましたので、11:30には戻り始めました。多分自分だけ戻るんだろうなと思っていると、もう1人花巻から来たという自分より少し年上かなあ、直ぐに追いつかれて稜線までは一緒に登りました。
 稜線へ出ると、そこにもう1人いました。スキーはBD、靴はスカルパ。多分自分と同じマエストラーレ、ストックもBDの方でした。少しだけ話して、休憩して、出発。花卷から来た方は自分より少し早く出たんですが、稜線を下りるとこで待ってました。写真を撮って欲しいと言うことで、ビデオの写真ですね。シャッターを押しました。
 ここからが自分の、不得意の分野。下りが始まります。シールを付けたまま、下りたんですが、どうも上手くない。滑らない訳でもないし、かといって十分滑る訳でもない。一体どうすれば良いの?踵は固定すれば良いのか?ビンディングも歩行モードでロックしては、転んでも外れない。悩みながら、距離にすると幾らも無い、ところを2度転倒して下りました。そこを過ぎれば後は、殆ど平でNo10標識に出る直前で少し坂が有るだけです。もう少しで双子林間コースへ出る、と思ったときに自分からすると、凄いスピードでBDにスカルパの方が下りていき、あったいう間に見え無くなりました。
 でも何とか林間コースへ出て、シールをようやく剥がして、一安心です。しかし、結構疲れてるので、ゲレンデも楽でなかったです。

 改めて、BCでの下りはどうすれば良いか?悩みました。何方か、参考の方法があれば教えて貰えると助かります。まあ、そんなに難しくないと思うのですが、自分は出来ません。


訪問者数:350人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/6/19
投稿数: 201
2014/2/27 17:34
 登山ポスト
isamrx73さん、こんばんは。
三ツ石山荘まで思い切って行かれたようですね。
冬場の登山届けは、レストハウスのリフト券売り場になっています。
それから、シールを外すか、そのままで滑降するかは悩みますよね。
昨日、経験者に会う機会があったので聞いたところ、大松倉山からの
下りで外して、そこからの登り返しはシールなしの体力勝負で
頑張ると言ってました。
今日は、滑走訓練で岩手高原スノーパークに出かけてきました。
登録日: 2012/7/25
投稿数: 271
2014/2/27 20:29
 Re: 登山ポスト
 今晩は。登山ポストは中でしたか?諦めてそのまま記録無しで行きました。大松倉山の稜線から、三ツ石山荘までも、帰り道でもシールは付けたままでした。
やはり帰り道では、普通は大松倉山でシールを外すのが普通のようですね。自分は下りに自信が無いので、ずーとシールは付けたままだったのですが、どういうテクニックで下れば良いのか?悩みながらでした。
 ATブーツで踵が上がる状態で、テレマークのように滑ることは、可笑しいのでしょうかね。テレマークだと前のめりになる危険性があると言うことですが、ATブーツで踵が上がる状態でも同じです。只、自分の場合はシールを付けてこれをすればどうかな?と思ってます。この場合でも、ロックはしないでおいた方が良いように思います。
 シールを外した場合は、踵が上がると危険でしょう。スピードが出るでしょうからね。
登録日: 2012/10/7
投稿数: 30
2014/2/27 22:18
 お疲れ様です。
やりましたね〜♪
おめでとうございます!
しかも最高にイイ天気。
ああ、この青空、羨ましいです...(最近自分の天気はダメ...)
いろいろと経験されたようで、また次回が楽しみですね。
いずれ、安全第一ですよ。 
登録日: 2012/7/25
投稿数: 271
2014/2/28 0:15
 Re: お疲れ様です。
PALOMONさん、コメント有り難う御座います。
 天気が最高に良かったので、三ツ石山挑戦しなかったのが残念です。しかし、登りは何とかなっても今の自分は、下りが怖いです。三ツ石山は下りも距離が結構有りそうでしたので、自信がありませんでした。時間も帰る時刻だったので、他の人達に迷惑をかけては申し訳ないので、帰りました。
 あのメンバーで行けば、自分の能力が一番低そうでした。網張スキー場は何とか下れましたが、足が疲れて、力が入らない。細切れで、下りました。でも歩くよりは、早かったように思います。
 こうなると栗駒山で頂上まで行きたいですね。天気とにらめっこが続きそうです。
 
 PALOMONさんの記録を見ると、帰りがコースで無いですね。自分は一杯一杯でしたので、林を滑ることは出来ませんが、林の中を滑ったようですね。PALOMONさんの様に滑るのには、かなり経験が必要なことが解りました。
登録日: 2009/9/16
投稿数: 3464
2014/2/28 11:54
 こんにちは!
良いお天気でしたね!
私は姥倉の方へ行きました。
登山ポストは夏の間は開いていますが冬はリフト券売り場のカウンターです。
(s_fukuchanさんも仰ってますが)

大松倉の稜線にワカンの足跡はありませんでしたか?
あったらそれは私の足跡です
今年は樹氷の出来がよいので、大松倉でも十分に楽しめますね。

大松倉から網張方面への下りは、アイスバーンやシュカブラ、クラストなど雪面の
変化が激しいので、スキーで下るのは結構大変だろうと思いながら歩いています。

行動範囲が広がりますね。無事に帰ることを一番として楽しみましょう
登録日: 2012/7/25
投稿数: 271
2014/2/28 15:32
 Re: こんにちは!
mitugasiwaさん、コメント有り難う御座います。
 大松倉山でワカンは気づきませんでした。スキーで大松倉山からNo10標識までの間で、北方向ですかね。そちらから来たような跡は有りましたが、姥倉山から来たものかどうかは、解りません。帰り道なので、左方向です。
 三ツ石山よりは姥倉の方が近いようですね。もし冬の間に行く機会があればスキーで滑るのには良いようにも見えました。今年は無理ですね。
 登山ポストについては、了解しました。
 大松倉山からの帰り道ですが、たいした距離も無いのですが、スキーで滑るのは大変でした。シールを付けていても、変にスピードが出るんです。踵を固定しておかないと、なおさら怖い。
 そこさえ超えれば、後は大体は楽でした。シールを貼ってあるので滑らないので。
登録日: 2011/10/30
投稿数: 316
2014/3/2 23:52
 こんばんは
翌日27日にisamrx73さんがつけてくれたトレースの跡をたどり大松倉まで行ってきました。

私も初めての山で不安だったのですが、天気が良かったことと、ヤマレコで知ったNO10標識を見つけたので入ってみました。(実は標識はN011を先に見つけてから振り返ってNO10を確認したのですが

全く誰とも出会わない山行になり時々不安になりながらでしたが、みなさんのトレースのおかげでなんとかなりました。
ありがとうございました。
登録日: 2012/7/25
投稿数: 271
2014/3/3 7:08
 Re: こんばんは
waiwai5963さん、コメント有り難う御座います。
 初めての山で1人は、心細いですね。トレースがあれば多少心強いことは、そうです。しかし、不安もあります。トレースの行き先がハッキリすれば、不安は無いのですけど、ショートカットしてるときなどは、不安が一気に増しますからね。
 大松倉山までの道では、No10から登山道に入るのは、それ程心配はありません。それも自分の場合は、偶然一緒の方が居たので、不安が無かっただけです。多分1人で行けば、最初の少し急な坂があるのですが、そこを登り切った所で、右の方へ曲がっていくのですが、そこが少し解りづらいように思いました。
 1人の方が次回の危険は、減るように思います。仲間と言いますか、偶然の方も含めて、行くと気づいていないことも在るように思うからです。
 お互い、安全第一で山を楽しみましょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ストック GPS リフト 登山ポスト 目印

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ