また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 424497 全員に公開 沢登り丹沢

初心者沢登り講習/マスキ嵐沢〜箒沢権現山

日程 2014年04月05日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ(やや寒)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大滝沢林道/東海自然歩道入口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■今年から沢登りを始める方および初級者対象 沢登り講習会

 定員4名まで 申込締切3/31まで
 申込先 [email protected] マウントファーム宛
     氏名、生年月日、血液型、ご住所、携帯、緊急時の連絡先、
     山岳保険加入有無、最近の主な登山歴
     をご連絡ください。

 講習内容等は http://mt-farm.info/
 をご参照ください。
 今後も実施予定です。

■マスキ嵐沢情報

 遡行グレード:1級

・東海自然歩道入口からマスキ嵐沢入渓点は積雪もなく問題ない。
・標高750m15m大滝上部の5m滝辺りから時折スノーブロックが現れる。
・標高920m二俣を右沢の涸棚に入ると、最後の登攀棚である10m棚の
 基部には厚さ最大180cmの雪渓がまだ残っている。
 涸棚の取付き部分だけ土が出ているのでクライミングには支障ない。
・詰めたコルから箒沢権現山および今回読図下降したマスキ嵐沢・藤嵐沢の
 界尾根上はまったく積雪なし。
過去天気図(気象庁) 2014年04月の天気図 [pdf]

写真

東海自然歩道からスタートです
2014年04月05日 09:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道からスタートです
1
マスキ嵐沢入渓点
標識あり
2014年04月05日 09:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マスキ嵐沢入渓点
標識あり
2
最初の3m滝
2014年04月05日 10:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の3m滝
短いナメが続きます
2014年04月05日 10:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短いナメが続きます
6m滝
今日は濡れは勘弁なので左壁を登ります
2014年04月05日 10:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6m滝
今日は濡れは勘弁なので左壁を登ります
長さ10mトイ状滝
2014年04月05日 10:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長さ10mトイ状滝
10m滝を突破するTKさん
2014年04月05日 10:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝を突破するTKさん
4
標高750mで出てくる2段15m滝
2014年04月05日 10:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高750mで出てくる2段15m滝
15m滝をスルスル登るTKさん
2014年04月05日 11:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15m滝をスルスル登るTKさん
3
15m滝の上部にはまだスノーブロックが点在していました
2014年04月05日 11:29撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15m滝の上部にはまだスノーブロックが点在していました
平和なトロ
2014年04月05日 12:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平和なトロ
1
おぉ!雪渓出現
安定している橋桁をサクサク登ります
2014年04月05日 12:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぉ!雪渓出現
安定している橋桁をサクサク登ります
1
ブロック点在
2014年04月05日 13:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブロック点在
標高920m二俣の右沢にもブロックが
2014年04月05日 13:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高920m二俣の右沢にもブロックが
最後のクライミング滝となる10m涸棚にも
2014年04月05日 13:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のクライミング滝となる10m涸棚にも
雪渓の端を下ります
2014年04月05日 13:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓の端を下ります
1
10m涸棚終了点から見た基部
棚の取付きだけポッカリ土が出ていたので登攀には支障ありませんが
2014年04月05日 13:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m涸棚終了点から見た基部
棚の取付きだけポッカリ土が出ていたので登攀には支障ありませんが
1
涸棚基部の雪渓は厚いところで180cmもある
この時期のマスキ嵐沢でこんな風景は見たことないぞ
2014年04月05日 14:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸棚基部の雪渓は厚いところで180cmもある
この時期のマスキ嵐沢でこんな風景は見たことないぞ
4
詰めにも落ち葉の下は雪渓です
2014年04月05日 14:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰めにも落ち葉の下は雪渓です
最後の詰め
2014年04月05日 14:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の詰め
終了点です
2014年04月05日 15:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終了点です
2
箒沢権現山山頂
2014年04月05日 15:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箒沢権現山山頂
1年ぶりに来たら見事な土管椅子と標識が新設されておりました
2014年04月05日 15:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1年ぶりに来たら見事な土管椅子と標識が新設されておりました
さて下降は地形図を読みながらマスキ嵐沢と藤嵐沢の界尾根(箒沢権現山南西尾根)を下ります
2014年04月05日 16:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて下降は地形図を読みながらマスキ嵐沢と藤嵐沢の界尾根(箒沢権現山南西尾根)を下ります
P788小ピークから箒沢権現山
2014年04月05日 16:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P788小ピークから箒沢権現山
読図はドンピシャリ
藤嵐沢出合で林道へ出ました
2014年04月05日 17:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
読図はドンピシャリ
藤嵐沢出合で林道へ出ました
1
ミツマタもそろそろおしまい
2014年04月05日 17:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタもそろそろおしまい
1
藤嵐沢出合
2014年04月05日 17:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤嵐沢出合
1

感想/記録
by kamog

初めての沢登りに挑戦したいという受講者さんと初心者沢ノボラー定番のマスキ嵐沢へ。
西丹沢も下部の方は残雪もそろそろなくなってきたのですが
マスキ嵐沢は中盤からスノーブロックや雪渓が点在していました。
毎年3月下旬から沢登り講習をスタートさせるのですが
こんな風景は見たことがありません。
いやぁ2月の大雪はやはり半端ではなかったこと改めて実感。

沢登りもクライミングも未経験の受講者さんには
最低限必要なロープワーク(フィギュアエイトノットとエイトノットループ)、
高巻きと直登の選択方法、
懸垂下降の仕方、
そして沢登りだけでなく下降尾根の地図読みのコツを指導させていただきました。
地形図に谷線を入れると尾根の選択もこんなにできるんだ、と結構喜んでもらいました。
そう、GPSでは読み取れない地図読み、そして山を見る力が養えることを
充分納得されたと思います。
来月はさらにスタップアップしていきましょう!
訪問者数:1294人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ