また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4275432 全員に公開 ハイキング 大峰山脈

大峰・大普賢岳1780m 新緑の大峰を歩きましょう!

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年05月08日(日) [日帰り]
メンバー
 shoji1971(CL)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:41
距離
6.8 km
登り
889 m
下り
835 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間29分
休憩
1時間6分
合計
5時間35分
S和佐又ヒュッテ09:0009:19和佐又のコル09:2209:48シタンの窟09:52朝日窟09:59笙の窟10:0110:02鷲の窟10:1110:40石の鼻10:4110:46小普賢岳11:39大普賢岳12:2613:02小普賢岳13:07石の鼻13:0813:37鷲の窟13:40笙の窟13:4113:48朝日窟13:51シタンの窟13:5214:23和佐又のコル14:2414:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
JR大阪駅7:00⇒和佐又駐車場9:00和佐又ヒュッテスタート→9:19和佐又のコル→9:59鷹の窟→10:40石の鼻→10:40小普賢岳→11:39大普賢岳山頂(昼食休憩)〜12:26→13:02小普賢岳→13:07石の鼻→13:37鷹の窟→14:23和佐又のコル→14:35和佐又ヒュッテ
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

写真

梯子の影にイワカガミ
2022年05月08日 10:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子の影にイワカガミ
日本岳のコル
2022年05月08日 10:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本岳のコル
小普賢岳
2022年05月08日 10:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小普賢岳
どこまでも緑
2022年05月08日 10:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも緑
1
梯子をいっぱい登りました、これはきれいな梯子
2022年05月08日 11:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子をいっぱい登りました、これはきれいな梯子
大普賢岳山頂
2022年05月08日 11:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢岳山頂
山頂で記念撮影
隣でドローンで撮影していた方に撮ってもらいました。ありがとうございます
2022年05月08日 12:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で記念撮影
隣でドローンで撮影していた方に撮ってもらいました。ありがとうございます
1
日本岳のコルに帰ってきました
2022年05月08日 13:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本岳のコルに帰ってきました
いくつかの窟があります
2022年05月08日 13:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかの窟があります
和佐又のコルを過ぎてキャンプ場の辺りまで下山してきました
2022年05月08日 14:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和佐又のコルを過ぎてキャンプ場の辺りまで下山してきました
ドローンで撮影してもらった写真
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドローンで撮影してもらった写真
1
撮影機材:

感想/記録

駐車場で既に標高1000m以上あり、快晴で風も涼しく気持ちの良い気候の中スタートしました。和佐又登山口では八重桜がまだ咲いていました。フィルターをかけたような爽やか新緑の中登っていきます。それを過ぎると大きな岩が現れ、幾つも窟を通り過ぎます。その辺りからずうっと梯子を幾つも登っていきます(多かったので数えていません)。
石の鼻に寄り、小普賢岳を見下ろします。まだ少し梯子は続き、やっと稜線に出て、大普賢岳山頂に到着すると、腐海のような大峰山脈の絶景を見渡せました。ドローンを飛ばしてみたいな……と思っていたら、お隣にいた方がドローンで撮影をされていました。その方に記念撮影もお願いして、私達もドローンで撮影してもらいました。ラッキーでした! ありがとうございます。
帰りは来た道を降っていきます。この日は周回コースの方も多かったと思いますが、我々はピストンで下山します。いつかまた周回コースも挑戦してみたいですね。(TAN)
<コース状況>登山道一部崩れ鎖や手摺りが不安定な箇所あり。

感想/記録

下界よりも気温が低いので、八重桜がまだ咲いていました。
少し涼しい温度と湿度、新緑の中気持ち良いハイキングができました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:265人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

イワカガミ コル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ