また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4284124 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

<六甲山> 天狗岩〜地獄谷〜長峰山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年05月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
20.5 km
登り
1,423 m
下り
1,422 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間15分
休憩
10分
合計
7時間25分
S摂津本山駅04:0004:30白鶴美術館05:40天狗岩06:15記念碑台06:2506:50ノースロードと地獄谷の出合08:00水晶谷第四砂防ダム08:20地獄谷西尾根分岐08:50水晶山09:00ダイヤモンドポイント09:30神戸市立 自然の家09:55長峰山10:55杣谷入口 / 永峰堰堤11:25JR摩耶駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<地獄谷ルート> 
昭文社地図の破線ルートでもあり、予定には全く入っていませんでしたが、観光案内板に明記されていたため(一般ルートかな?と)、折角だからと歩いてみることにしました。が、ボーっと歩けるルートではありませんでした。渡渉箇所が多く、氷の季節はご遠慮したくなるルート。頻繁に赤テープがあるものの、渡渉箇所がすぐには分からず(視力が悪いせいもありますが)、ルート通過に思わぬ時間を費やしました。

<地獄谷西尾根ルート> 
取り付き点の説明を読むと、’地獄谷ルートは大雨で渡渉できなかったり、氷の季節は大変’、’地獄谷西尾根はルートファインディングが必要です’と、地獄谷ルートの方が天気が良い時には一般ハイカーにはお薦めなのかな? と読めましたが、一般ハイカーの方には地獄谷西尾根ルートをお薦めした方が良いのでは?

<長峰山・ハチノス谷西尾根ルート>
快適に下ってゆきましたが、最後の最後で迷いました。
登りでこのルートを使う時にはこのポイントで引っかからないとは思いますが、何も知らずに下りてきた方は100%引っかかるかな、と思います。詳しくは写真で。
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

写真

5時43分、天狗岩から。
鮮やかな明石大橋を期待して登ってきましたが、この季節は快晴でも霞。明石大橋の写真はパス。
2022年05月28日 05:43撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時43分、天狗岩から。
鮮やかな明石大橋を期待して登ってきましたが、この季節は快晴でも霞。明石大橋の写真はパス。
1
六甲アイランド方面。
2022年05月28日 05:43撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲アイランド方面。
1
六甲アイランドに接岸中の川崎汽船の自動車船ですね。
2022年05月28日 05:37撮影 by X-A2, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲アイランドに接岸中の川崎汽船の自動車船ですね。
予定はしていませんでしたが、地獄谷ルートを歩いてみることにしました。
2022年05月28日 06:50撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定はしていませんでしたが、地獄谷ルートを歩いてみることにしました。
15分ほど歩くと、最初の登山道水没箇所に。渡渉してからの取り付きポイントが見つからずにしばし時間を費やしました。
2022年05月28日 07:04撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分ほど歩くと、最初の登山道水没箇所に。渡渉してからの取り付きポイントが見つからずにしばし時間を費やしました。
反対側から。堤防を作る前は、奥の登山道からさささっと自分の今いる地点に来れたんでしょうね。
2022年05月28日 07:08撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側から。堤防を作る前は、奥の登山道からさささっと自分の今いる地点に来れたんでしょうね。
頻繁に立派な標識が立っているルートです。ぜいたくなことを言って申し訳ないんですが、自分にとっては、こんな立派な標識よりも、もっと目立つ赤テープを渡渉地点につけていてほしいですね。
2022年05月28日 07:14撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頻繁に立派な標識が立っているルートです。ぜいたくなことを言って申し訳ないんですが、自分にとっては、こんな立派な標識よりも、もっと目立つ赤テープを渡渉地点につけていてほしいですね。
とか思いながら歩いていましたが、’その程度の力量すら無いやつにはこの道は歩かせないぞ’、というコンセプトのルートなのかもしれませんね。
2022年05月28日 07:32撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とか思いながら歩いていましたが、’その程度の力量すら無いやつにはこの道は歩かせないぞ’、というコンセプトのルートなのかもしれませんね。
この滝の上をひょいと渡ってきました。
地獄谷、いいですね。
次に歩く時には赤テープを張りながら歩こうかとも思っていましたが、このままの方が良いのかな?
2022年05月28日 07:43撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝の上をひょいと渡ってきました。
地獄谷、いいですね。
次に歩く時には赤テープを張りながら歩こうかとも思っていましたが、このままの方が良いのかな?
下流部にはこんな目立つ赤テープがあり、ありがたいのですが。
2022年05月28日 07:56撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下流部にはこんな目立つ赤テープがあり、ありがたいのですが。
おっ! ここが昭文社地図にある「途中道が水没、う回路危険」地点ですね。が、迂回路自体はどこ? 右往左往の末、このポイントから少し戻ったところに迂回分岐点を発見。
2022年05月28日 08:02撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ! ここが昭文社地図にある「途中道が水没、う回路危険」地点ですね。が、迂回路自体はどこ? 右往左往の末、このポイントから少し戻ったところに迂回分岐点を発見。
1
ここです。堤防の水が見えてくるので、つい見落としてしまいたくなる地点でした。
2022年05月28日 08:07撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここです。堤防の水が見えてくるので、つい見落としてしまいたくなる地点でした。
1
コアジサイの季節ですね。
2022年05月28日 08:19撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コアジサイの季節ですね。
うわっ! 地獄谷を下るのに、1時間半を費やしました。
ここから、地獄谷西尾根ルートを折り返し。
2022年05月28日 08:21撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うわっ! 地獄谷を下るのに、1時間半を費やしました。
ここから、地獄谷西尾根ルートを折り返し。
水晶山山標識。
山頂からは展望無いお山ですが、この山標識。どなたがお作りになったのでしょうか? 癒されます。尊敬します。
2022年05月28日 08:49撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶山山標識。
山頂からは展望無いお山ですが、この山標識。どなたがお作りになったのでしょうか? 癒されます。尊敬します。
ダイヤモンド・ポイントからの展望。
失礼ながら、名前負けかも。
2022年05月28日 08:59撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイヤモンド・ポイントからの展望。
失礼ながら、名前負けかも。
2
市立自然の家を経て、長峰山天狗塚。
2022年05月28日 09:55撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市立自然の家を経て、長峰山天狗塚。
10時近く。大分、霞んできました。
2022年05月28日 09:56撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時近く。大分、霞んできました。
長峰山山頂から100m足らず。
六甲駅への標識がありますが、ここがハチノス谷西尾根への分岐。
2022年05月28日 10:01撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長峰山山頂から100m足らず。
六甲駅への標識がありますが、ここがハチノス谷西尾根への分岐。
ちょっと振り返ると、関電標識の下に手書きで。
2022年05月28日 10:01撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと振り返ると、関電標識の下に手書きで。
長峰霊園と杣谷堰堤が間近に。
2022年05月28日 10:28撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長峰霊園と杣谷堰堤が間近に。
1
すんなり降りて来れましたが、作業場の鉄製通路を経て、ハチノス谷まで下りて行ってしまいました。これは間違い。でも分岐点は無かったと思いながら引きかえすと、
2022年05月28日 10:41撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すんなり降りて来れましたが、作業場の鉄製通路を経て、ハチノス谷まで下りて行ってしまいました。これは間違い。でも分岐点は無かったと思いながら引きかえすと、
こんな関電表示の箇所が分岐点でした。
この分岐道はフツー分らんよね。
そもそもこのハチノス谷西尾根ルート自体が関電高圧鉄塔ルートみたいなので、ありがたく歩かせてもらっている自分から文句は言えない。
2022年05月28日 10:45撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな関電表示の箇所が分岐点でした。
この分岐道はフツー分らんよね。
そもそもこのハチノス谷西尾根ルート自体が関電高圧鉄塔ルートみたいなので、ありがたく歩かせてもらっている自分から文句は言えない。
ということで、杣谷ルートまで降りて来れました。
2022年05月28日 10:47撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで、杣谷ルートまで降りて来れました。
表示板にはハチノス谷西尾根に関する表記は無かったのですが、よくよく見ると、手書きで。。。
2022年05月28日 10:47撮影 by OPPO A73, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表示板にはハチノス谷西尾根に関する表記は無かったのですが、よくよく見ると、手書きで。。。

感想/記録

天気が良いので、有馬温泉の谷間で足を進めました。六甲山の歩いていないルート。まだまだありますね。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:83人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

赤テープ 渡渉 堰堤 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ