また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4304387 全員に公開 ハイキング 中央アルプス

【経ヶ岳】権兵衛峠〜山頂

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年05月19日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自家用車=自宅→長野県塩尻市
駐車場=権兵衛峠駐車場(無料)
経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
10.8 km
登り
891 m
下り
891 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
1時間45分
合計
6時間35分
S権兵衛峠登山口07:3508:05アンテナピーク08:1008:55北沢山09:0509:25コイノコ09:3009:552043mピーク10:0010:50経ヶ岳11:5012:202043mピーク12:45コイノコ12:5513:10北沢山13:40アンテナピーク13:5014:10権兵衛峠登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 サングラス タオル ストック

写真

朝の移動中に御嶽山がきれいに見えたので思わず撮影しました。行こうと思いながらなかなか行けてないので今年こそは登りたいと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の移動中に御嶽山がきれいに見えたので思わず撮影しました。行こうと思いながらなかなか行けてないので今年こそは登りたいと思います。
3
権兵衛峠の登山口に到着。さすがに平日なので車も少ないですね。今日は天気も良く、最高の景色を楽しみに気合いを入れて出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権兵衛峠の登山口に到着。さすがに平日なので車も少ないですね。今日は天気も良く、最高の景色を楽しみに気合いを入れて出発します。
登山口には距離表示とルート案内図が設置されていました。このルートは数年前に整備されて再開されたルートだそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口には距離表示とルート案内図が設置されていました。このルートは数年前に整備されて再開されたルートだそうです。
山頂までの道のりはいくつものピークがあり、アップダウンが多いようです。まずはアンテナピークを目指してスタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までの道のりはいくつものピークがあり、アップダウンが多いようです。まずはアンテナピークを目指してスタートです。
とてもきれいに整備されていて歩きやすい登山道です。太陽の光も差し込んで気持ち良く、自然を存分に楽しめます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とてもきれいに整備されていて歩きやすい登山道です。太陽の光も差し込んで気持ち良く、自然を存分に楽しめます。
しばらく歩いていると登山道の脇に荷運び用モノレールの線路が登場しました。これは電波塔に向けて伸びているようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩いていると登山道の脇に荷運び用モノレールの線路が登場しました。これは電波塔に向けて伸びているようです。
1
最初のポイントであるアンテナピークに到着しました。登山道も歩きやすいので順調な滑り出しです。だんだん暑くなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のポイントであるアンテナピークに到着しました。登山道も歩きやすいので順調な滑り出しです。だんだん暑くなってきました。
アンテナピークから少し進むとまっくん岩三兄弟という岩が出てきました。それはそうと、まっくんとは何のことなのか気になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アンテナピークから少し進むとまっくん岩三兄弟という岩が出てきました。それはそうと、まっくんとは何のことなのか気になります。
次に登場したのは観音岩。これは正面から見ると観音様に見えるという意味かと勝手に解釈して納得しました。どんどん進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に登場したのは観音岩。これは正面から見ると観音様に見えるという意味かと勝手に解釈して納得しました。どんどん進みます。
視界が開けて振り返ると木曽駒ヶ岳などの山々がとてもきれいです。いま歩いてきた尾根が一望でき、電波塔が左端に小さく見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が開けて振り返ると木曽駒ヶ岳などの山々がとてもきれいです。いま歩いてきた尾根が一望でき、電波塔が左端に小さく見えます。
3
今日のルートの中間点である北沢山に到着しました。甲斐駒ヶ岳や南アルプスの山々が見えますがかなり霞んでいて少し残念です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のルートの中間点である北沢山に到着しました。甲斐駒ヶ岳や南アルプスの山々が見えますがかなり霞んでいて少し残念です。
北沢山から木曽駒ヶ岳方向。こちらは近いからかはっきりと見えています。一度行ったことはありますがまた行きたいと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢山から木曽駒ヶ岳方向。こちらは近いからかはっきりと見えています。一度行ったことはありますがまた行きたいと思います。
北沢山から御嶽山。やはり迫力がありますね。見る方向によって山容が全然違うので山ってやはり素敵なものだと感じました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢山から御嶽山。やはり迫力がありますね。見る方向によって山容が全然違うので山ってやはり素敵なものだと感じました。
北沢山から乗鞍岳。こちらも霞んでいるのでわかりにくいですが、焼岳、穂高連峰、槍ヶ岳も木々の隙間から見ることが出来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢山から乗鞍岳。こちらも霞んでいるのでわかりにくいですが、焼岳、穂高連峰、槍ヶ岳も木々の隙間から見ることが出来ました。
これから目指す経ヶ岳。まだ道のりは長そうですね。それにしてもこの北沢山からの眺望は最高という一言に尽きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから目指す経ヶ岳。まだ道のりは長そうですね。それにしてもこの北沢山からの眺望は最高という一言に尽きます。
1
歩いていて最高に気持ちいい稜線です。こういう道を歩くときは足取りが軽くなった気がします。思い込みかもしれませんが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いていて最高に気持ちいい稜線です。こういう道を歩くときは足取りが軽くなった気がします。思い込みかもしれませんが。
1
歩いてきた道を振り返るとこちらも絶景です。写真ばかり撮っていてなかなか前に進んでいない気がしますが楽しい証拠ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた道を振り返るとこちらも絶景です。写真ばかり撮っていてなかなか前に進んでいない気がしますが楽しい証拠ですね。
次はコイノコというピークに到着。ここはベンチがたくさん準備されていて、多くの方が休憩出来る場所です。ここでも休憩しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はコイノコというピークに到着。ここはベンチがたくさん準備されていて、多くの方が休憩出来る場所です。ここでも休憩しました。
ルートの分岐点。岩場を通るか避けるか。岩場の先に残雪があるという情報があったので、ひとまず岩場迂回ルートを進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートの分岐点。岩場を通るか避けるか。岩場の先に残雪があるという情報があったので、ひとまず岩場迂回ルートを進みます。
再合流点から振り返ると残雪が見えます。近そうだったので寄り道して見に行ってみることにしました。帰りに通ってみようかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再合流点から振り返ると残雪が見えます。近そうだったので寄り道して見に行ってみることにしました。帰りに通ってみようかな。
しっかりありますね。雪の状態を見ると、朝の気温が低かったのとまだ陰なので固いですが帰る頃にはダメかもしれません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかりありますね。雪の状態を見ると、朝の気温が低かったのとまだ陰なので固いですが帰る頃にはダメかもしれません。
次のピークには日本中央分水嶺と書かれていました。東側の天竜川は太平洋へ、西側の奈良井川は日本海へと流れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピークには日本中央分水嶺と書かれていました。東側の天竜川は太平洋へ、西側の奈良井川は日本海へと流れています。
1
目的地の経ヶ岳がだいぶ近づいてきました。かなり暑くなってきましたがもうひと頑張り。山頂がどんなところなのか楽しみです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的地の経ヶ岳がだいぶ近づいてきました。かなり暑くなってきましたがもうひと頑張り。山頂がどんなところなのか楽しみです。
ここからがこのコースで一番キツく感じる急登でした。お腹も減ってきたので昼ごはんのことを考えて気を紛らわせながら登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからがこのコースで一番キツく感じる急登でした。お腹も減ってきたので昼ごはんのことを考えて気を紛らわせながら登ります。
山頂に近づくと少しだけ残雪がありましたが、踏まずに進んでいけました。この時期のこの標高で雪が無いのは助かります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に近づくと少しだけ残雪がありましたが、踏まずに進んでいけました。この時期のこの標高で雪が無いのは助かります。
山頂へのヴィクトリーロード。長い道のりでしたがやっとで目的地に到達できます。かなり多くの木が伐採され整備されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へのヴィクトリーロード。長い道のりでしたがやっとで目的地に到達できます。かなり多くの木が伐採され整備されています。
2
そして無事に経ヶ岳山頂に到着。ここにまっくんが居ます。まっくん岩というのはこのキャラクターから取った名前ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして無事に経ヶ岳山頂に到着。ここにまっくんが居ます。まっくん岩というのはこのキャラクターから取った名前ですね。
3
山頂からの眺望も楽しめましたが個人的には先程の北沢山からの方が好きです。山頂からは八ヶ岳の山々も霞んでましたが見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望も楽しめましたが個人的には先程の北沢山からの方が好きです。山頂からは八ヶ岳の山々も霞んでましたが見えました。
帰りに再度悩んだ残雪ルート。かなり陽もあたり柔らかくなり滑りそうだったので帰りも岩場迂回ルートを選択しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに再度悩んだ残雪ルート。かなり陽もあたり柔らかくなり滑りそうだったので帰りも岩場迂回ルートを選択しました。
長い長い道のりを戻ってきてやっとで駐車場が見えました。とても整備されて歩きやすい素敵な登山道と眺望でした。また来たいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い長い道のりを戻ってきてやっとで駐車場が見えました。とても整備されて歩きやすい素敵な登山道と眺望でした。また来たいです。
1

感想/記録

冬山に行かない私と同行者は、冬期休み明けの前回の山行で体力がかなり落ちていることを痛感しました。よって今回はまだ行った事のない山でトレーニングをしようという話しに。
ほどほどの距離があり、アップダウンもある山ということで「経ヶ岳」の「権兵衛峠」からのルートを選択しました。
登山口のある「権兵衛峠」に着くと平日なので車は少なく駐車場はガラガラ。身支度を済ませて出発しました。
このルートは標高差は少ないですが、尾根を進むルートなのでアップダウンを繰り返します。途中のピークにはそれぞれ名前が付けられています。
最初のピークが「アンテナピーク」でその次のピークは「北沢山」です。この「北沢山」からの眺望は辺りの山が全て見渡せる大絶景で「中央アルプス」「南アルプス」「御嶽山」「北アルプス」が全て見渡せます。もちろんこれから目指す「経ヶ岳」も目の前に立ちはだかります。ここでゆっくりと休憩し再スタート。この後は「コイノコ」「分水嶺看板のピーク」などが続きます。
途中岩場のあるところでルートがふたつに分かれますが、岩場ルートにはまだ残雪があるという情報を得ていたので岩場迂回ルートを選択。一応残雪を見に行きましたが、まだ溶けるには時間が掛かりそうでした。やがてコースは終盤になり「経ヶ岳」への登りへ差し掛かりました。ここがこのルート一番の急登だったと感じました。
そして無事に「経ヶ岳山頂」に到着。眺望は先程の「北沢山」の方が素晴らしいと個人的には思いました。
今回のコースは終始とてもきれいに整備されており、とても歩きやすい道でした。また、途中の尾根歩きも気持ちよくとても良いコースと感じました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:344人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ