また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4349731 全員に公開 ハイキング 日光・那須・筑波

中倉山~庚申山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年05月30日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
船石峠駐車場 平日なので1台だけ。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
09:16
距離
16.7 km
登り
1,690 m
下り
1,679 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間0分
休憩
16分
合計
9時間16分
S舟石峠駐車場07:0708:07中倉山取付地点08:0909:20尾根・巻き道分岐点09:2109:24ローソク岩09:2509:39中倉山09:42孤高のブナ10:20沢入山10:2111:26オロ山11:2713:21庚申山13:3013:31庚申山展望台14:55塔ノ峰14:5615:52熊の平16:23舟石峠駐車場16:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSは便利ではあるが、電池切れ、故障もある事は一応考えるべきだ。
そのためにも地図、コンパスでのルーファイは重要だ。
コース状況/
危険箇所等
テーピングはあるが少ないので、下りはとにかく尾根の分岐が分かりにくいのでGPSは必要。
登りならば問題ないと思う。

過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

出だしの踏み跡を尾根に登る。
2022年05月30日 07:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしの踏み跡を尾根に登る。
1
旧民家の跡か。
石垣がある。
2022年05月30日 07:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧民家の跡か。
石垣がある。
仁田元沢を飛び石伝いに渡る。
2022年05月30日 08:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田元沢を飛び石伝いに渡る。
1
男体山が最初に見える。
2022年05月30日 09:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山が最初に見える。
1
アカヤシオも最盛期は過ぎたか。
2022年05月30日 09:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオも最盛期は過ぎたか。
1
ここらから樹林が少なくなる。
2022年05月30日 09:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらから樹林が少なくなる。
1
上の方はまだ結構咲いている。
2022年05月30日 09:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の方はまだ結構咲いている。
1
荒れ果てた山肌にはたくさんの防災堤が。
背後に社山、男体山。
2022年05月30日 09:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れ果てた山肌にはたくさんの防災堤が。
背後に社山、男体山。
1
中倉山を通過、孤高のブナへ向かう。
2022年05月30日 09:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中倉山を通過、孤高のブナへ向かう。
2
沢入山、オロ山、庚申山へ。
2022年05月30日 10:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢入山、オロ山、庚申山へ。
2
展望は良いが、無惨な山肌。
2022年05月30日 10:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望は良いが、無惨な山肌。
2
残雪がわずかに残る日光白根。
2022年05月30日 10:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪がわずかに残る日光白根。
2
上州武尊山。
2022年05月30日 10:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上州武尊山。
2
沢入山から。
2022年05月30日 10:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢入山から。
2
オロ山当たりからは次第に樹木が増える。
2022年05月30日 10:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オロ山当たりからは次第に樹木が増える。
1
ガスで枯れた山もジョジョに植生が戻っているが。
2022年05月30日 10:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスで枯れた山もジョジョに植生が戻っているが。
2
オロ山ピーク。
2022年05月30日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オロ山ピーク。
1
この時期まだ残雪が多い上信越の山。
2022年05月30日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期まだ残雪が多い上信越の山。
百名山。皇海山。
群馬県側の林道が通行止めのため、こちらから登るしかないのでアプローチが大変になった。
強行すれば日帰りもできるが。
2022年05月30日 11:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百名山。皇海山。
群馬県側の林道が通行止めのため、こちらから登るしかないのでアプローチが大変になった。
強行すれば日帰りもできるが。
3
ここらは山火事の跡か。
2022年05月30日 12:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらは山火事の跡か。
1
下りルートには所々にこんなのびやかな場所がある。
2022年05月30日 13:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りルートには所々にこんなのびやかな場所がある。
1
シロヤシオ発見。
2022年05月30日 14:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオ発見。
1
1738mピークへ。
小川が流れる気持ちの良い場所。
2022年05月30日 14:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1738mピークへ。
小川が流れる気持ちの良い場所。
2
下ると結構ありました。
2022年05月30日 15:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ると結構ありました。
アカヤシオツツジもまだ結構咲いてました。
2022年05月30日 15:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオツツジもまだ結構咲いてました。
1
下りルートはこの東屋の先に降りてくるが道標はなし。
2022年05月30日 16:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りルートはこの東屋の先に降りてくるが道標はなし。

感想/記録

水戸からの帰り道、そして町田に戻りやすい場所はと思ったのだが、往復とも日光経由が最短ルートなので、時間が結構かかってしまったが。それでも平日だったのでまだよかった。
 この山域では百名山でもある皇海山が有名だが、他は庚申山がかろうじて知られているくらいだが、松木渓谷一帯は古河銅山の産業遺構そして開発にともなう山林の枯れ死被害で広く知られている。今回の山域その影響で尾根一体は森林が衰退して山肌が崩れ落ちているが、皮肉もそのため展望の良い尾根となっている。
 船石峠から中倉山への取り付き点までは踏み跡をたどり一旦尾根に登ってから仁田元沢へ下り沢を渡り林道へ登り返す。中倉山の取付きには案内板があるがうっかりすると見落とす。
 中倉山までの登山道ははっきりとしており、尾根に出ると松木渓谷の荒涼とした景色に出くわし、森林が衰退して景色の良い稜線が有名な孤高のブナを通過してオロ山の手前まで続くが、その後も庚申山手前まではところどろで亜硫酸ガスの影響だろう森林が衰退した場所がある。
 オロ山当たりから踏み跡がわかりづらい場所があるが、稜線伝いなので迷うことはなく庚申山に到着する。
 庚申山からの下りは最初の往路からの分岐がかなり分かりづらいく、しばらく踏み跡もはっきりせずGPSを頼りに下るが、スイッチが切れたのかスマホの位置情報が作動せず、ルーファイに苦労する。1720mピークも巻き道の踏み跡を最初進むが、結局ルート違いに気が付き尾根からピークに登り返しす。ピークにて再度GPSスイッチを入れ直し下り尾根の方向を確認する。ここからの下りも派生尾根が多く下りではGPSが頼りになるのはずだったが、この日はその後も度々GPSがOFFとなり、またテーピングも少なく方向確認に苦労した。一寸の判断錯誤、ルート錯誤で引き返しは避けたかったので尾根の分岐では結構迷ったが、下る従い踏み跡もはっきりとしだす。
 途中アカヤシオ、シロヤシオが綺麗な尾根でそれを目当てに登る方はいるようだが、1720mのピークから庚申山までは、結構なバリルートだ。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:276人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ