また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4534854 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 蔵王・面白山・船形山

大東岳

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年07月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候10時ころまでは曇
その後、晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大東岳登山口駐車場
7時半で満車だった
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:43
距離
12.7 km
登り
1,110 m
下り
1,098 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間31分
休憩
12分
合計
7時間43分
S大東岳登山口07:3209:06標高点10:15大東岳10:2312:09樋の沢避難小屋12:1012:29北石橋コース入口分岐点13:53雨滝14:08白滝入口14:1115:15大東岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
往路は特に危険個所は無かったと思う
鼻こすりを下るなら注意が必要かもしれない

樋の沢小屋へ下りる道は最初のほうだけ、下草が伸びていて足元が見えない箇所あり
浮石も多数あるので慎重に
その他周辺情報ビジターセンターの自販機でコーラ
過去天気図(気象庁) 2022年07月の天気図 [pdf]

写真

7時半でギリギリ最後のスペースに駐車
横に止めてる車がいなければもう少し止めれた
2022年07月30日 07:32撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時半でギリギリ最後のスペースに駐車
横に止めてる車がいなければもう少し止めれた
1
基本刈払い済みだが、所々下草が覆っている
2022年07月30日 07:33撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本刈払い済みだが、所々下草が覆っている
スタートしていきなり道を逸れて警告
今思えばここから油断していた
2022年07月30日 07:41撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートしていきなり道を逸れて警告
今思えばここから油断していた
一号目
蒸し暑い
2022年07月30日 07:46撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一号目
蒸し暑い
二口といえばナメ沢
水はぬるい
2022年07月30日 07:49撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二口といえばナメ沢
水はぬるい
ポツンとクルマユリ
2022年07月30日 07:54撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポツンとクルマユリ
ヤマユリ
終わりかけ
2022年07月30日 08:25撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマユリ
終わりかけ
五合目
相変わらずガスってる
2022年07月30日 08:43撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目
相変わらずガスってる
所々こんなところも
2022年07月30日 08:52撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々こんなところも
六合目
細尾根は若干風があったが、気休め程度
2022年07月30日 09:01撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目
細尾根は若干風があったが、気休め程度
七合目
ここらから急登になっていく
2022年07月30日 09:18撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目
ここらから急登になっていく
八合目を見落とした
鼻こすりというだけあって中々の急登だが、長くは無い
2022年07月30日 09:53撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目を見落とした
鼻こすりというだけあって中々の急登だが、長くは無い
急合目
この先からは緩やかな登りとなる
2022年07月30日 09:55撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急合目
この先からは緩やかな登りとなる
青空が見えてきた
2022年07月30日 10:10撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が見えてきた
かろうじて面白山か
2022年07月30日 10:22撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かろうじて面白山か
下山はこちら
2022年07月30日 10:23撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はこちら
しばらくは藪が続き足元が見えない
大きな段差があり、藪漕ぎに気を取られていたら浮石に乗ってしまい盛大にコケル
バキバキっと足首から聞こえて激痛がはしる
しばらく動けず、痛みも引かず、ただ事ではないことを察する

休んでいても時間の無駄と判断し、靴紐を強固に締めなおして下山を開始する
2022年07月30日 10:24撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは藪が続き足元が見えない
大きな段差があり、藪漕ぎに気を取られていたら浮石に乗ってしまい盛大にコケル
バキバキっと足首から聞こえて激痛がはしる
しばらく動けず、痛みも引かず、ただ事ではないことを察する

休んでいても時間の無駄と判断し、靴紐を強固に締めなおして下山を開始する
1
ここから急斜面の下りがしばらく続く
2022年07月30日 10:48撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから急斜面の下りがしばらく続く
1
晴れてきたがどうでもいい感じ
2022年07月30日 10:49撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてきたがどうでもいい感じ
1
基本何かにつかまりながらの下山なのでキノコも邪魔に見える
2022年07月30日 11:09撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本何かにつかまりながらの下山なのでキノコも邪魔に見える
ぬるぬるのトラバース
足首がどうしても動くのできつかった
2022年07月30日 11:37撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぬるぬるのトラバース
足首がどうしても動くのできつかった
1
この辺の記憶は無い
2022年07月30日 11:43撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺の記憶は無い
何とか樋の沢小屋へ
2022年07月30日 12:08撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか樋の沢小屋へ
宴会の様子が想像できる
2022年07月30日 12:09撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宴会の様子が想像できる
中々いい小屋ではないか
時間が遅ければここで泊まっていたかもしれない
2022年07月30日 12:09撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中々いい小屋ではないか
時間が遅ければここで泊まっていたかもしれない
平坦な道が続き、少しは楽になったが少しの凸凹でも足首が動くと激痛
2022年07月30日 12:24撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な道が続き、少しは楽になったが少しの凸凹でも足首が動くと激痛
どこかの記事で見たことのある野営地
2022年07月30日 12:27撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこかの記事で見たことのある野営地
既にテントも
2022年07月30日 12:28撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既にテントも
1
分かりづらいがロープの急斜面
冷汗が止まらない
2022年07月30日 12:49撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりづらいがロープの急斜面
冷汗が止まらない
突如現る鉄作
昔はここも遊歩道だったのか
2022年07月30日 12:58撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突如現る鉄作
昔はここも遊歩道だったのか
クルマユリ再び
2022年07月30日 13:53撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマユリ再び
雨滝
まさに雨の様に降り注ぐ
2022年07月30日 13:54撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨滝
まさに雨の様に降り注ぐ
初見の花
この後、無事に下山
連れに迎えに来てもらい自宅まで送ってもらう
2022年07月30日 14:48撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初見の花
この後、無事に下山
連れに迎えに来てもらい自宅まで送ってもらう
2
翌日、救急病院で診療してもらい骨は折れていないことを確認
何とか運転もできるように固定してもらい、仕事には支障がない
2022年07月31日 10:40撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、救急病院で診療してもらい骨は折れていないことを確認
何とか運転もできるように固定してもらい、仕事には支障がない
2

感想/記録

晴天の週末
土曜は会津、日曜は大朝日の計画だったがアマプラにハマっていて寝不足続き
土曜は無理せず近場の東北百名山である大東岳へ、ログの回収

(以下長文、戒めも含めて詳細を記す)
7時半に駐車場に着いたときにはほぼ満車で最後のスペースに何とか滑り込んだ
午前中は雲多めに予報通りガスの中スタート
前日は熱帯夜だったようで朝から気温も高く、湿度も半端ない
ペースが速かったので当然だが半端なく汗をかく
水分は4ℓなので心配はないが、風も無いので体温が上昇していくのがわかる
前に登った時は長くて変化の少ない登山道だなというイメージだったが、数年たってもそれは変わらず、暑さも加わって精神的につらかった

山頂に着くと日差しも出てきてさらに気温上昇、風は相変わらず吹かない
日陰も無いので早々に下山開始する

下山は裏コースからになるが、いきなりの藪(といっても軽微だが)で足元が見えない
大きな段差もあり、注意していたつもりだったったが浮石に乗ってしまう
右足首が可動域を大きく超えて内側に曲がり、バキバキバキっと嫌な音も聞こえた(今思えば音というより振動)
当然痛みも半端なく、しばらく声も出ないほど苦痛にあえぐ

自分は歩き方に問題があるのか、以前より軽い挫きはよくやっていた
ただそれは軽微なものでしばらく安静にしていれば痛みも無くなり腫れもない程度の物
しかし今回は明らかに様相が違う

いくら休んでも良くなるどころか痛みは増していくばかり
これは骨が逝ってるかもしれないという思いが頭をよぎる
救助を要請する?一瞬そんなことも頭を過ったが、時間をみればまだ10時半過ぎ

下りれるところまでは下りよう
そう決断し、靴紐を強固に締めなおす
血流は良くないが可動域を固定する事によって、多少の歩行は可能となる
幸いにもファーストエイドキットに痛み止めがあったので、効くことを信じて飲む
「弥吉ころばし」から「樋の沢小屋」までの記憶は痛みで朦朧としていてあまりない

小屋の手前あたりからは薬が効きだして少しは楽になる
あとは緩やかな下りだと思うとホッとする
しかし道のりは長く、ロープを使うような急斜面や渡渉も何か所かあり、足取りは重いまま
最後のほうは薬が切れたのか、無理して歩いた事によって悪化したのか、痛みが増してさらにスピードは上がらない

結局CT3時間半のところを5時間かかって下山
右足だった為、車の運転が厳しいと思い連れを呼んで自宅まで送ってもらう
翌日病院で診察してもらい、骨は折れていないことに大安堵
当然日曜に予定していた大朝日はキャンセルだ

今回このような怪我をしてしまった事についてはいくつか要員はあるが、完全に防げたかと言えばそうではない
いくら注意していても転ぶときは転ぶし、怪我を恐れていては何処にも行けなくなる

ただ怪我をした時の備えや対処としては完全に甘かったと認めざるを得ない
①トレッキングポールを持っていかなかった
②ファーストエイドキットにテーピングが無かった
③下山ルートを誤った

①車には積んだが、距離や荷物の重さから見て必要ないと判断した
今回のザックにはポールが装着できる機能が無かったことも要因
トレッキングポールがあれば怪我をしてもだいぶ楽だったことだろう

②以前は必ず入れていたのだが、軽量化構想の時に抜いてしまった
現在もテーピングで固定して何とか歩行できているし、足首の完全固定は必須

③怪我をしたのが山頂と弥吉ころばしの中間くらい
一度山頂に戻り、表コースから下山が正解だった
CTでは1時間半くらい早いうえに、急勾配は鼻こすりくらいだ
裏コースは平坦な道が多いとはいえ、距離で言うと2.5km余計に歩いている
それに気づいたのは小屋の手前
冷静な判断に欠けていた

とりあえずは怪我の治療に専念
お盆までに復帰出来れば良いが…








お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:232人

コメント

ちょっと、大丈夫ですか?😱

骨折はしてないとの事ですが、焦らないでしっかり治してから登り始めた方がいいですよ。
我々は怪我も中々治りにくい年齢になってきましたから。
早期回復を祈っています。
2022/8/1 17:44
mooreeさん
ありがとうございます。
怪我した時は折れた!と思いましたが今は痛みもだいぶ良くなっています。
お盆休みまでには治したい気持ちは大きいですが、おっしゃる通り昔のようにはいかないかもですね。
安静に過ごします!
2022/8/1 21:09
大丈夫ですか?
まずは、ゆっくり静養してね。
2022/8/1 18:07
rie827さん
思ったより大丈夫っぽい。
車も運転できるし。
階段を降りるのがきついかな。
しばらくは大人しくします〜
2022/8/1 21:10
大変な登山でしたね😑
怪我が大事に至らず幸いでした。
ヤブに隠れた浮石にとはアンラッキーとしか言いようがありません。
激痛の中の裏コースはさぞかし長かった事でしょう😖
当面は安静にして治療に専念してください。
2022/8/1 20:24
Ito3776さん
やっちまった時は焦りましたわ…
救助か?とか頭をよぎって冷や汗。
結果的に何とかなったけど、備えは大事ですね。
しばらく大人しくしますわぁ
2022/8/1 21:11
大丈夫でしょうか、私も数年前のお盆前の同じくらいの時期、同じような箇所を怪我したことがあります。
結局復帰まで1ヶ月弱かかりました。今は無理せずしっかり治してからまた山へ!
2022/8/1 20:32
manimaniさん
ご心配ありがとうございます。
1ヶ月ですか…覚悟しておきます。
山は逃げませんからね。
2022/8/1 21:14
大変でしたね。お大事になさってください。
2022/8/1 21:53
yamanokouchanさん
ありがとうございます
養生します…
2022/8/2 8:49
お疲れ様、、😨
ただでさえ長く感じる裏コース。
大変さが想像できますわ。
ホント、骨折してなくて良かったねー
2022/8/3 13:48
tarumamaさん
ほんと長かった…
良い天気だったのにもったいない!
2022/8/3 14:28
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ