また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4540671 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 飯豊山

飯豊山 奥胎内から飯豊本山の縦走ピストン

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年07月29日(金) ~ 2022年07月31日(日)
メンバー
天候樹林帯は酷く蒸し暑い。稜線では曇りがち。日が差すと極暑。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奥胎内ヒュッテ駐車場。到着時10台くらい。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
27:24
距離
51.1 km
登り
4,106 m
下り
4,081 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間33分
休憩
14分
合計
5時間47分
S奥胎内ヒュッテ05:5706:41足の松尾根コース登山口07:45姫子ノ峰07:4608:42英三ノ峰09:02ヒドノ峰09:55イチジ峰09:5610:46西ノ峰10:5711:02大石山の分岐11:0311:15大石山11:44頼母木小屋
2日目
山行
12時間30分
休憩
1時間4分
合計
13時間34分
頼母木小屋04:1304:31頼母木山04:3304:55地神北峰04:5605:09地神山05:32扇ノ地神05:3305:54門内小屋05:5606:01門内岳06:0206:54北股岳06:5707:17梅花皮小屋07:1807:43梅花皮岳07:4708:05烏帽子岳08:54御手洗ノ池10:10御西岳避難小屋10:1110:17御西岳10:1810:30草月平10:42玄山道分岐10:4310:54駒形山11:08飯豊山11:1611:31駒形山11:3211:42玄山道分岐11:54草月平11:5512:08御西岳12:13御西岳避難小屋12:1412:19御西避難小屋水場12:2512:30御西岳避難小屋13:36御手洗ノ池14:25烏帽子岳14:3114:47梅花皮岳14:4815:02梅花皮小屋15:23北股岳15:3016:08門内岳16:0916:12門内小屋16:1316:31扇ノ地神16:52地神山16:5417:05地神北峰17:0617:25頼母木山17:3517:47頼母木小屋
3日目
山行
6時間11分
休憩
34分
合計
6時間45分
頼母木小屋04:5805:20大石山05:2105:34大石山の分岐05:3706:12鉾立峰06:1906:40朳差小屋06:43朳差岳06:5306:55朳差小屋06:5607:20鉾立峰07:2108:08大石山の分岐08:1008:14西ノ峰08:37イチジ峰08:3809:01ヒドノ峰09:15英三ノ峰10:10姫子ノ峰10:52足の松尾根コース登山口11:0011:43奥胎内ヒュッテG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
足の松尾根では、一部痩せ尾根があり、急登続きテント泊装備でバランスを崩すと危ない。
その他、特に危険箇所はなし。
雪渓もあるが、高巻きしたり、雪の上も滑らない箇所には足跡があったりするので、それほど危険ではないかと感じた。
過去天気図(気象庁) 2022年07月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

飯豊山の稜線をとにかく歩いた。
前日までの情報で、飯豊山荘スタート、ダイクラ尾根からの周回を諦め、少々無謀ながら、奥胎内ヒュッテから頼母木小屋に登り、そこから飯豊本山へのいけるところまで縦走ピストンに計画を変更。

初日。
奥胎内ヒュッテから頼母木小屋に登ってテントを張り、そこから朳差岳ピストンの計画。テント担ぐ時間も距離も短いし、1000mそこそこ上げればいいだけだから、さほどリスクも感じずスタート。
ところが、この酷暑、ナメてはいけなかった。それに足の松尾根は、文字通り松の足(根)が急登に張り付いていて、両手を使う場面も多く、ザックも重いし、かなり体力を削られた。いくつかの岩の痩せ尾根では、バランスを崩すと一気に転落する恐れもあり、慎重に冷静に歩いた。
脳みそが熱くなっているのがわかるくらい、ほとんど熱中症状態。大石山に着いたときは、やっと登り切ったという達成感、安堵感でだいぶホッとした。
そこからもう少し、頼母木小屋に着いた時には、もうこの先歩く気がしなかった。朳差岳は、雲の中だし、今日はやめて最終日の天気に賭けようということにした。

2日目。
この日は、我々としては無謀気味な飯豊本山までの30キロピストンを企む。昨日の疲れも気になったが、たっぷり休んだおかげで、だいぶ復活していた。体も軽く30キロやれそうな気がしてきていた。でも、それも往路だけだった。
夜明け前4時過ぎに頼母木小屋を出発。夜が明ける空が紫色やオレンジに光出すこの時間帯がとても好きだ。この瞬間を楽しむために、山に泊まっているとも思えるくらいうには。
イイデリンドウを愛でながら、ニッコウキスゲが際立つお花畑を歩く。特に、烏帽子岳の南面は、この時最盛期だった。
行く手の御西岳は雲の中。さらには本山はどこにあるのかもよくわからない。この辺りではすっかり、本山まで行くのはやめとこうの雰囲気。ところが、御西岳に近づくにつれ、本山にかかっていた雲が取れ出し、しっかりと山頂を捉えることができた。こうなったら行くしかない。体も足もまだまだ元気。そう心も。
御西岳からのなだらかな稜線を気持ちよく歩き、ついに飯豊本山に元気に登頂。気分最高だった。と、さてここまで辿り着いても実はまだ半分。なにせピストンだから。
御西小屋から雪渓を巻いて下ったところにある水場で、まさに雪解け水を補給し、頭も冷やし、もはや完全なる消化試合に思える後半戦、復路に挑んだ。
御西小屋から烏帽子岳がなんかすごく遠かった。ほぼ心が折れていた。このころから写真なんて撮ってないし、言葉すら無くなった。いくつものピークを越えてやっと頼母木小屋に辿りついたころには、足の裏は剥けて、心も折れ、ビールのことしか考えていなかった。

3日目。
初日に断念した朳差岳に向かう。テント泊装備を大石山の分岐に預け、山頂をピストン。この日は、ガスが流れながらも、日本海もよく見えて、最高の景色を堪能できた。
ここからの奥胎内ヒュッテへの足の松尾根下りでは、完全に無言....疲れた。来るときは登り一辺倒だと思っていたのに、意外とアップダウンが疲れた体にガツンときた。特に登りがきつければ、下りもそりゃ相当きつい。登山口に着いた頃には、すっかり心も折れて、帰りのお風呂のことで頭がいっぱいだった。

私としては、この3日間は、とてもチャレンジな縦走ピストンだった。
でも、飯豊本山まで到達できて、感激したし、満足感でいっぱい。
飯豊山は、本当に雄大な稜線で、いくつものピークを越えることはなるが、ぜひまたこんどは大日岳をめぐるコースにしてみたい。しんどいの覚悟。だからもう少し先でいいかな。その時まだ足が元気ならば。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:168人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ