また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4580397 全員に公開 沢登り 比良山系

奥の深谷

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年08月11日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
8.7 km
登り
483 m
下り
470 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
2時間0分
合計
6時間20分
S坊村駐車場09:4010:10入渓地点(奥の深谷分岐前)10:2011:104段40m12:1012:30直曝8m(右岸巻)13:0014:30脱渓地点(登山道渡渉部)14:5016:00坊村駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年08月の天気図 [pdf]

写真

10時過ぎ入渓。夏の明るい沢がいい。
2022年08月11日 10:22撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時過ぎ入渓。夏の明るい沢がいい。
早速ひとつめ。右の水流が登れそうに見えたが左から巻いた。
2022年08月11日 10:44撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速ひとつめ。右の水流が登れそうに見えたが左から巻いた。
1
巻きながらパチリ。水際ルート上部はヌメッて緊張しそう。
2022年08月11日 10:47撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻きながらパチリ。水際ルート上部はヌメッて緊張しそう。
青い服軍団。
2022年08月11日 10:51撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青い服軍団。
樋状。Aさん挑戦するもあと一歩のところで水流に落とされた。
2022年08月11日 10:56撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樋状。Aさん挑戦するもあと一歩のところで水流に落とされた。
2段2条。右壁からプチトラバースで抜ける(たと思います)。
2022年08月11日 11:00撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段2条。右壁からプチトラバースで抜ける(たと思います)。
1
4段40mの下部。念のため、Tさんがロープを張ってくれた。
2022年08月11日 11:23撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4段40mの下部。念のため、Tさんがロープを張ってくれた。
1
3段目から下を見る。
2022年08月11日 11:55撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3段目から下を見る。
3段目は水流沿いを突破。
2022年08月11日 12:04撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3段目は水流沿いを突破。
4段目は左岸巨大CS?の際を登る。
2022年08月11日 12:06撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4段目は左岸巨大CS?の際を登る。
A氏。「お助け紐出そうか?」「大丈夫です。」的な。
2022年08月11日 12:07撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A氏。「お助け紐出そうか?」「大丈夫です。」的な。
斜10m。確か左岸巻き。
2022年08月11日 12:10撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜10m。確か左岸巻き。
その上の斜7m?釜がキレイ。
2022年08月11日 12:13撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上の斜7m?釜がキレイ。
その上のナメ。天然のウォータースライダー。
2022年08月11日 12:23撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上のナメ。天然のウォータースライダー。
1
Mさん、Nさんが滑っていた。
2022年08月11日 12:24撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Mさん、Nさんが滑っていた。
手前の小滝は右岸の溝から登る。その奥の右岸巻きはロープを出した。
2022年08月11日 12:29撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の小滝は右岸の溝から登る。その奥の右岸巻きはロープを出した。
S字滝を中腹から。
2022年08月11日 13:39撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
S字滝を中腹から。
面白い造形。ここは水線を行った。
2022年08月11日 13:57撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面白い造形。ここは水線を行った。
1
振り返ると皆さん巻いてた。
2022年08月11日 13:57撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると皆さん巻いてた。
続いて支流滝含めた3条。
2022年08月11日 14:03撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて支流滝含めた3条。
1
だんだん平和になってきた。
2022年08月11日 14:14撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん平和になってきた。
釜が美しい。
2022年08月11日 14:15撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜が美しい。
最後の滝だったかな。
2022年08月11日 14:21撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の滝だったかな。
1
最後の〆がナメというのもいい。皆さんお疲れさまでした!
2022年08月11日 14:30撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の〆がナメというのもいい。皆さんお疲れさまでした!

感想/記録

 スキーシーズン終わってから久しくイベントの無かった神戸山スキークラブですが、山の日に沢登りの案内を出したら思いのほか人が集まった話。
 Tさん提案で、近くて滝が多くて楽しめる比良の名渓、奥の深谷へ行ってきました。メンバーは、Tさん、Mさん、Nさん、Aさん、今回は自分も含めオッサンばっかで5人。これはこれで楽しくなりそう。
(※滝の構成、処理方法は記憶が適当で間違いあると思います。参考にせず全て現地で判断してください。)

 坊村に8時過ぎ集合のつもりが帰省ラッシュ?渋滞にはまり9時過ぎ着。滋賀県在住のTさんは8時前到着で随分お待たせして集合。駐車場もほぼ満車。早速準備して出発。出遅れたので明王谷は無し、林道歩いて直接奥の深谷へ向かう。
 10時頃入渓、すぐに滝場となる。6mは右岸小さく、2段2条8mは右壁をロープを引いて登った。続く4段40mはTさんが簡単だけど、念のため_と言って左岸をロープを張ってくれた。3段目、4段目はなるべく水流に近いところを登った。
 続いて10m、7mは左岸巻き、ナメに降りて滑り台ごっこで遊ぶ。この後も小滝が続き、それぞれレベルに合わせて巻いたりチャレンジしたりワイワイ登る。沢の底まで日差しが届き実にキレイ。沢はやっぱり晴れてる日が一番。
 続いて直曝8m。前回はこの一つ前の小滝から大高巻きしたが怖かった記憶がある。ここもTさんが8m右岸下流すぐのところをロープを引いて巻いた。後続が来て少し待たせてしまったがまあしょうがない。上でちょうどいい時間なので昼食休憩。先を譲る。
 昼食後、再開。キレイな釜を持つ小滝、ナメが連続する。もう難所は無かったはずで遡行図はチェックしない。と思ったらまた8〜10mクラスが登場。楽しめる樋状もあって短い脚を精一杯広げてイケてる男のフリ(無駄ですが)。終わったと思ったらまだ釜、ナメ、8m位とか続く。少し平凡になったなと思ったら登山道が横切り終了。滝場が詰まっていて本当に楽しかったなー。
 解装しながら足に違和感。こんな晴れた日だがヤツか?ズボンをめくるといた。すぐ分かったので出血は少量。今回も僕だけ被害。残念。

 そして無事下山、このメンバーは風呂入らず帰ります。帰りも渋滞が予測されるので、Mさん提案で軽く何かを食べてくことにした。いつもよく知ってますね〜の何かを食べた。久しぶりで美味しかった。

 ということで、奥の深谷はレベルに合わせて登れる滝が多くて良かったです。メンバー変われば新鮮な感じでまた楽し、でした。また行きましょう!

 神戸山スキークラブでは一緒に楽しめる仲間を募集しています。雪が無い期間には登山や沢登り、サイクリングなどオールラウンドな活動を行っています。「まず安全、仲間と楽しく」興味のある方は →
http://kobeyamaski.sakura.ne.jp/kainosyoukai.html
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:136人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ