また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 466199 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

会津駒ヶ岳に登り、奥尾瀬でまったり

日程 2014年06月13日(金) 〜 2014年06月16日(月)
メンバー
天候13日と14日、会津駒山頂は雨とガス
15日尾瀬は晴れ
16日晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
13日東北道那須塩原インターから檜枝岐の会津駒登山口へ
14日下山して小沢平に移動
16日小沢平より往路を戻る

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

13日 会津駒ヶ岳登山口11:20〜(1時間30)〜水場12:50/13:05〜(1時間50)〜駒の小屋14:55着
14日 駒の小屋8:10〜(1時間20)〜水場9:30〜(1時間)〜登山口10:30
小沢平13:10〜(1時間30)〜渋沢温泉小屋14:40
15日 渋沢温泉小屋5:10〜(1時間10)〜兎田代6:20/6:50〜(1時間)〜赤田代7:50/8:10〜(40)〜見晴ら8:50〜(25)〜竜宮9:15/10:00〜(40)〜東電小屋10:40/11:25〜(35)〜赤田代12:00/12:15〜(1時間)〜兎田代13:15/13:25〜(50)〜渋沢温泉小屋14:15着
16日 渋沢温泉小屋7:30〜(1時間25)〜小沢平8:55
コース状況/
危険箇所等
※会津駒ヶ岳はH1600mの水場までは雪は無く、歩きやすい登山道です
※水場より上から徐々に雪が出てきて小屋直下は雪原になっていたがアイゼン無しで登れた。

※宿泊
駒の小屋 http://komanokoya.com/
渋沢温泉小屋 http://www.okuoze.com/shibosawaonsengoya.html

過去天気図(気象庁) 2014年06月の天気図 [pdf]

写真

会津駒ヶ岳登山口
2014年06月17日 15:31撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津駒ヶ岳登山口
2
ここのブナの森も良いなぁ
2014年06月17日 15:31撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのブナの森も良いなぁ
2
水場までは雪は無かったがここから雨が降ってきた
2014年06月13日 12:52撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場までは雪は無かったがここから雨が降ってきた
森の中の残雪は登山道を隠す
2014年06月13日 13:14撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の中の残雪は登山道を隠す
1
天気は悪かったけど途中では山並みが見えいる
2014年06月13日 13:28撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は悪かったけど途中では山並みが見えいる
コメツガの木、もう少しで雪の中から起き上がりそうです
2014年06月13日 13:56撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コメツガの木、もう少しで雪の中から起き上がりそうです
時折夏道がでてきてほっとする
2014年06月13日 14:24撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折夏道がでてきてほっとする
直下の雪原を登り切ると小屋に着きました
2014年06月13日 14:54撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下の雪原を登り切ると小屋に着きました
2
外は大荒れですが小屋の中はほっこり、本日の宿泊者は5人でした
2014年06月13日 19:13撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外は大荒れですが小屋の中はほっこり、本日の宿泊者は5人でした
2
14日朝も雨とガスが取れないので下山
2014年06月14日 08:48撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14日朝も雨とガスが取れないので下山
残雪の中、少し道を外してしまう。こういう森の中は本当に迷いやすい
2014年06月14日 08:48撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪の中、少し道を外してしまう。こういう森の中は本当に迷いやすい
やっとの事で水場に下りてきた
2014年06月14日 09:28撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとの事で水場に下りてきた
1
登山道の巨木(ミズナラかな?)
2014年06月17日 15:31撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の巨木(ミズナラかな?)
1
登山口に到着〜無事1人で行ってこれたよ
2014年06月14日 10:27撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着〜無事1人で行ってこれたよ
檜枝岐でお風呂とお昼を食べて小沢平に移動
2014年06月14日 13:12撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜枝岐でお風呂とお昼を食べて小沢平に移動
1
大好きな森を歩いて
2014年06月17日 15:32撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きな森を歩いて
1
おっ!!これが噂の、構想2年工期3日の新しい高石沢橋ですね。安心して渡れました
2014年06月14日 13:29撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ!!これが噂の、構想2年工期3日の新しい高石沢橋ですね。安心して渡れました
1
そして奥尾瀬の渋沢温泉小屋に到着〜
2014年06月14日 14:39撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして奥尾瀬の渋沢温泉小屋に到着〜
2
15日今日は朝から良い天気で、5時に小屋を出て尾瀬のアヤメ平まで行こうと想ったのですが・・・・
2013年06月09日 07:22撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15日今日は朝から良い天気で、5時に小屋を出て尾瀬のアヤメ平まで行こうと想ったのですが・・・・
今年も登山道にあるホウの巨木にご挨拶して登る
2014年06月17日 15:32撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年も登山道にあるホウの巨木にご挨拶して登る
兎田代の分岐で何を思ったのか三条の滝方面に歩いて行って30分のロス、私の足ではアヤメ平は無理と諦めた。
2014年06月15日 06:51撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎田代の分岐で何を思ったのか三条の滝方面に歩いて行って30分のロス、私の足ではアヤメ平は無理と諦めた。
裏燧林道の木道、滑りそうで歩く人は居ないです
2014年06月17日 15:32撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏燧林道の木道、滑りそうで歩く人は居ないです
1
尾瀬ヶ原入り口、赤田代の休憩所からは立派な木道になる
2014年06月15日 07:49撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原入り口、赤田代の休憩所からは立派な木道になる
一年ぶりの尾瀬ヶ原〜
2014年06月15日 08:29撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一年ぶりの尾瀬ヶ原〜
2
やっぱり尾瀬はいいなぁ
2014年06月15日 08:48撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり尾瀬はいいなぁ
1
沼尻川の所にありました、去年は気がつかなかった
2014年06月15日 09:11撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼尻川の所にありました、去年は気がつかなかった
龍神の分岐、少しアヤメ平方面に行き戻って東電小屋に向かう
2014年06月15日 10:00撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍神の分岐、少しアヤメ平方面に行き戻って東電小屋に向かう
ワタスゲの向こうに燧ヶ岳
2014年06月15日 10:31撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワタスゲの向こうに燧ヶ岳
1

感想/記録
by mogu

4月に登った大杉岳から見た会津駒ヶ岳に登りたくて、6月渋沢温泉小屋の小屋開けを待って登ることにしました。今回は単独で登るつもりで計画、残雪の雪山に1人で登るのははじめてなのでなるべく荷物を減らしたいので車で行くことにした。自宅から車で約4時間半で登山口の駐車場に到着、2台の車が止まっていて一台は下山してきた方のようだった。

駒の小屋は自炊のみなので食糧計画に悩んだけど軽量化を第一にして、途中のコンビニでお弁当とパンを買って、コッヘル等は持たずに小さなやかんとガスだけを持って行くことにした。小屋まではコースタイムで3時間弱だけど雪があるとどうなるか判らないので無理はしません。登山口の階段を登りはじめる、初めは急登で膝の具合を見ながらゆっくりと登る、途中何人かの下山してきた人達とすれ違う。天気は曇りで時々日が差したりしていたが水場に着く頃には雨が降ってきてたので水場で雨具を着た、水場から先は残雪が出てくると小屋の人に聞いたたけどだいぶ溶けたようでしばらくは出てこなかったが登るに従い雪がでてきた。アイゼンを着けるほどでもなく登って行きます、木につけられた赤テープとトレースを捜しながら登りますがガスで展望も無く時々見失ったりしてひやっとする。

下の展望台からはちょっと木道がでてきましたがその上は雪原で、右の方にポールが見えたのでトラバースしていくと上に一直線にトラロープが設置してありロープに沿って登って行くと人の話し声がして登っていくご夫婦に追いついた、あとで判ったのだけどご夫婦もこの時期初めて登るのでちょっと不安だったようです。登り切ったところに小屋が有りました、小屋に入ったとたんに雨が強くなりほっとした。今回の泊まりは私と先の常連のご夫婦とそのお友達、これから登ってくる常連さんの5人とのことで勝手が分からない私は色々と教えて貰う。

4時頃常連の男性が登ってきて自炊室でそれぞれ夕飯の支度をはじめる、小屋のご主人も加わりみんな豪華に夕食を作っています。それぞれに作ったおかずが回ってきてお弁当の私は恐縮しながらもお相伴に預かりました。駒の小屋はご主人も気さくでとても居心地が良く人気があるのがよく分かる、これで天気が良かったら最高なんだけど外は雨風が強くなって明日も良くなさそう。

14日
朝起きても天気は昨日と一緒、天気が良ければ中門岳まで行きたかったがこの天気で行ってもなぁと思い山頂も行かないで下山することにした。他の人達は何度も来ているのでもちろん行かないで下山するとのこと、私も1人なのでこういうときは無理はしません。3人は7時頃下山していき私も8時にご主人にまた来ますと言って小屋を後にした。

下山はアイゼンを着けて下ります、小屋直下の雪原を下りて行くともう登ってくる人達が居て驚く、日帰りとのことだがこんな天気なのに登ってくるのね。昨日と同じにトラロープ沿いを下りて行きましたが、ここで右にトラバースして夏道に出なければ行けないのに下にポールと踏み跡があったのでそのまま下りて行って道を外してしまった。なんか変だなと思いGPSを見たら全然違う方向に下りているのが判り、慌てて右にトラバースして登山道に戻ることが出来たけどGPSが無かったら道が判らなくなったかも知れないと思うとぞっとした。山は登るより下りを注意しなければと判っていたのにこんな事態になって、改めて残雪期でも雪の山は怖いと思いもっと注意深く行動しないとと反省した。登山道に戻りその後は登ってくる人もたくさん居て無事に登山口に到着、駐車場は昨日私の車含めて2台だったのにもう満車になっていた。

檜枝岐に下りて行く途中にある公衆トイレの所に小屋で一緒だったご夫婦が居たので車に乗りませんかと声を掛けたところ、先に下りたはずの友達がいつもはここで待っているのに居ないとのことで携帯もつながらないらしい。取りあえず燧の湯までご夫婦を乗せて行きましたが、私がお風呂から出るまでまだ連絡が取れないとのことでなにかトラブルがあったのかと気になりながらも次の目的地の小沢平に向かう。

小沢平から渋沢温泉小屋までのブナの森は大好きな森、ただし1人なので熊が怖くて熊鈴を鳴らしながら歩いて無事小屋に到着〜今年も来られました。なんと去年この小屋でご一緒した単独の女性と偶然一緒になり嬉しい再会、美味しい夕食を頂きながら話しも弾んで楽しかった。翌日はトガクシショウを見て尾瀬ヶ原を一周しました、尾瀬ヶ原はやっぱり人が一杯歩いて居るが赤田代を過ぎるととたんに人が居なくなって静かになる。尾瀬には何度も来ていますがメインの尾瀬ヶ原や尾瀬沼はたくさんのひとが居ますがちょっとはずれると静かな尾瀬があります。ガイドの福田さんのお陰で奥尾瀬の渋沢温泉小屋に来るようになり、このあたりの森の深さや静けさがとても好きになりました。今回は1人だったので特に感じたのかも知れないけど・・・・

訪問者数:903人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ