また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 488457 全員に公開 ハイキング甲信越

当間山

日程 2014年08月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
砂利が敷いてある大きな駐車スペースがある
そこから道なりに約1km歩くと登山口に到着する
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2014年08月の天気図 [pdf]

写真

駐車スペースから登山口まで車道を歩く
2014年08月02日 12:06撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車スペースから登山口まで車道を歩く
今回のトレッキングで唯一、出会ったトレイルランナー?の方々
2014年08月02日 12:09撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のトレッキングで唯一、出会ったトレイルランナー?の方々
天文台の横を通過
2014年08月02日 12:11撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天文台の横を通過
鉄塔の下が登山口
2014年08月02日 12:14撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔の下が登山口
案内看板
2014年08月02日 12:16撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内看板
案内看板
2014年08月02日 12:17撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内看板
看板と同じものがプリントされて箱の中に用意されている
2014年08月02日 12:17撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板と同じものがプリントされて箱の中に用意されている
左側のグレーの部分はフエルトのようなものが敷いてあった(登り口から数十メートル程度)
2014年08月02日 12:19撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側のグレーの部分はフエルトのようなものが敷いてあった(登り口から数十メートル程度)
注意看板
2014年08月02日 12:22撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
注意看板
コースが分かれるところや見所は看板による解説がある
2014年08月02日 12:29撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースが分かれるところや見所は看板による解説がある
当間山山頂
2014年08月02日 14:00撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当間山山頂
1
ツキノワグマの爪痕(案内板)
2014年08月02日 14:52撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツキノワグマの爪痕(案内板)
1
ツキノワグマの爪痕
2014年08月02日 14:52撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツキノワグマの爪痕
出発した場所から少し離れたところに下山
2014年08月02日 15:17撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発した場所から少し離れたところに下山
帰りの車道歩き、向かいの山はゲリラ豪雨かな
2014年08月02日 15:31撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの車道歩き、向かいの山はゲリラ豪雨かな
1
撮影機材:

感想/記録

特に危険な場所もなく、暑いながらもフカフカのブナ林を気持ち良く歩けた。

歩き始めてすぐ、
ガサガサと音がした直後に沢筋からカモシカが対岸に駆け上ったの見てしまい、
熊じゃないことに安心するもそれ以降、ビビりながら拾った枝でその辺を叩きながら歩いた。
枝を振り回しながら歩くことに疲れたので、熊鈴を持っていけば良かったと歩きながら後悔した。

登り始めと三角点から山頂は周回コースがあるので単純なピストンよりも面白いと感じた。

写真 https://www.flickr.com/photos/digigraph/sets/72157646161722063/
訪問者数:903人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ