また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4933315 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

塩沢城址から四阿屋山へ周回

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年11月18日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅 両神温泉薬師の湯に駐車。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
08:37
距離
12.7 km
登り
1,134 m
下り
1,124 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
1時間47分
合計
8時間36分
S道の駅「両神温泉薬師の湯」08:3308:44観景亭(展望台)08:4509:29新秩父線93号鉄塔09:35鳥居山コース分岐10:10石碑前バス停10:17午房バス停10:43塩沢宇賀神社11:0712:14塩沢城址13:1413:48塩沢城山13:5615:43四阿屋山15:5716:14両神神社奥社17:09道の駅「両神温泉薬師の湯」17:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
逸見尾根から四阿屋山方向へ下る所が危険。
過去天気図(気象庁) 2022年11月の天気図 [pdf]

写真

中華な感じの東屋。実物が見たかった。東屋からの眺めはまあ、あれだ。
2022年11月18日 08:42撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中華な感じの東屋。実物が見たかった。東屋からの眺めはまあ、あれだ。
24
出だしはいい雰囲気の道。ところで、鳥居山ってどこだい?
2022年11月18日 08:54撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしはいい雰囲気の道。ところで、鳥居山ってどこだい?
15
鉄塔下の眺め。三つ目の鉄塔が後で登る尾根だな。
2022年11月18日 09:28撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下の眺め。三つ目の鉄塔が後で登る尾根だな。
12
柏沢へ下る。
2022年11月18日 09:35撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏沢へ下る。
6
ここから春名神社までブル道。
2022年11月18日 09:45撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから春名神社までブル道。
5
春名神社着。榛名神社とは違うのかね。
2022年11月18日 09:48撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春名神社着。榛名神社とは違うのかね。
10
引き続きブル道は続くが、本来の道は右下なんでそっちへ。
2022年11月18日 09:50撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き続きブル道は続くが、本来の道は右下なんでそっちへ。
4
全然使われてなさそうな道だが、この先に指導票が有ったんで間違ってはいない。
2022年11月18日 09:53撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全然使われてなさそうな道だが、この先に指導票が有ったんで間違ってはいない。
6
墓地脇に出た。ここに道標も無いんじゃ、登る時は迷いそう。
2022年11月18日 09:59撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
墓地脇に出た。ここに道標も無いんじゃ、登る時は迷いそう。
5
ここヤマレコではまだkinoeさんしか使ってない。入ってみたら現役の巡視路とは思えない状態なんで無理ないか。
2022年11月18日 10:24撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここヤマレコではまだkinoeさんしか使ってない。入ってみたら現役の巡視路とは思えない状態なんで無理ないか。
10
漸く末端方向へトラバースする踏み跡発見。
2022年11月18日 10:29撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く末端方向へトラバースする踏み跡発見。
5
尾根に乗ると最高の雰囲気。
2022年11月18日 10:37撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗ると最高の雰囲気。
20
鉄塔を過ぎると直ぐに宇賀神社へ着いた。
2022年11月18日 10:43撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔を過ぎると直ぐに宇賀神社へ着いた。
10
陽当りが良いのでここで休憩。守護獣が狐みたいだけど、稲荷神社以外でも遣うものなのか?
2022年11月18日 10:45撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽当りが良いのでここで休憩。守護獣が狐みたいだけど、稲荷神社以外でも遣うものなのか?
10
道路の突き当りに奥宮が在った。本宮の目と鼻の先。多分山奥から遷座されたんだろね。
2022年11月18日 11:07撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路の突き当りに奥宮が在った。本宮の目と鼻の先。多分山奥から遷座されたんだろね。
11
奥宮から堀割り状の道がずっと続く。
2022年11月18日 11:18撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮から堀割り状の道がずっと続く。
5
急斜面の植林地でも道は無くならない。
2022年11月18日 11:34撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面の植林地でも道は無くならない。
6
600m圏の平場にて道は途絶える。
2022年11月18日 11:38撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
600m圏の平場にて道は途絶える。
8
城跡に詳しくないが、この辺も遺構なのかね。
2022年11月18日 11:59撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城跡に詳しくないが、この辺も遺構なのかね。
5
唐突に石碑が現る。
2022年11月18日 12:06撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐突に石碑が現る。
10
ここにも。見た限り全て大正十五年の奉納だけど、理由があるんだろか。
2022年11月18日 12:13撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも。見た限り全て大正十五年の奉納だけど、理由があるんだろか。
10
ここが本曲輪跡らしいね。12時過ぎちゃったんで、ここで昼飯。
2022年11月18日 12:14撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが本曲輪跡らしいね。12時過ぎちゃったんで、ここで昼飯。
11
西が開けた展望地より。
2022年11月18日 13:17撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西が開けた展望地より。
31
塩沢城山の狭い山頂へヘロヘロで到着。もう乳酸が溜まり切って歩くのしんどい。
2022年11月18日 13:53撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩沢城山の狭い山頂へヘロヘロで到着。もう乳酸が溜まり切って歩くのしんどい。
10
この辺りが住居場(相撲場)らしい。
2022年11月18日 14:20撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りが住居場(相撲場)らしい。
11
尾根派生地らしきを覗き込む。少し通り過ぎたか。しかし何だね、完全に崖だね。
2022年11月18日 14:26撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根派生地らしきを覗き込む。少し通り過ぎたか。しかし何だね、完全に崖だね。
8
あんな所にリボン見付けた。ここを下れってか。頭おかC
2022年11月18日 14:29撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あんな所にリボン見付けた。ここを下れってか。頭おかC
11
ウンコ座りでじわじわと下ってたら、ポケットからスマホがポロリ。数十m落下して漸く止まった。拾い上げホッとして下ってきた斜面を見上げる。
2022年11月18日 14:39撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウンコ座りでじわじわと下ってたら、ポケットからスマホがポロリ。数十m落下して漸く止まった。拾い上げホッとして下ってきた斜面を見上げる。
16
切り株とかこういう座り易い石が在ったら必ず座って一休み。脚攣り一歩手前で抑える。
2022年11月18日 15:04撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り株とかこういう座り易い石が在ったら必ず座って一休み。脚攣り一歩手前で抑える。
6
午後の赤味掛かった光で更に鮮やか。
2022年11月18日 15:08撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後の赤味掛かった光で更に鮮やか。
14
山頂が近くなってゴツゴツしてきた。
2022年11月18日 15:40撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が近くなってゴツゴツしてきた。
4
12年振りの四阿屋山。平日のこんな時刻なんで誰も居ない。
2022年11月18日 15:43撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12年振りの四阿屋山。平日のこんな時刻なんで誰も居ない。
30
両神神社奥社
2022年11月18日 16:14撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神神社奥社
10
階段ばかりで嫌になる。
2022年11月18日 16:25撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段ばかりで嫌になる。
5
だいぶ暮れてきたけど、何とかヘッ電無しで終えられるかな。
2022年11月18日 16:30撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ暮れてきたけど、何とかヘッ電無しで終えられるかな。
9

感想/記録

興味を惹かれた塩沢城址と四阿屋山を結んで歩いてみようと思い立った。舗装路を長々と歩きたくない、中華な東屋の実物を見てみたい、との理由から鳥居山コース経由で柏沢へ下ったのだが、これが思いの外効いたらしく塩沢城山に登り着く頃には脚を使い切った感じだった。ブランク明け二回目としては少々ハード過ぎた様だ。

今回はスマホに踊らされた日だった。塩沢城址で休憩後、急斜面を下った所でスマホが無いのに気が付き、荷物を置いて塩沢城址まで戻った。途中で落としたか置き忘れたと思ったのだが見つからない。食事中にスマホを弄ったので塩沢城址以後に無くなったのは確かなのだ。腑に落ちないまま荷物まで戻り、リュックの中を丹念に調べたら休憩中に着てた上着のポケットに入ってた。老化現象だなこりゃ。

二回目は写真コメの通り、四阿屋山への尾根乗り換えで落とした件。見失わない様ずっと目で追っていたが、あまりにも止まらないので凡その場所しか分からなかった。落ち葉に埋もれてなかったので何とか発見できて助かった。

信じられないが今回の山行は先週と距離、累積標高共に大差ない結果だった。山域の違いからか体感では全然同等ではないのだが。時間も1時間以上余分に掛かってるし。このままじゃ計画してる山はちょっと無理そう。早く体力を戻したいものだ。

お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:706人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ