また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4944596 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 増毛・樺戸

待根山〜隈根尻山(一番川コース)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年11月23日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
道民の森一番川地区キャンプ場の3km手前で冬季通行止め
通行止め地点〜キャンプ場:舗装路3km
キャンプ場〜登山口:ダート4km(崩落多め)

※登山口まで自転車使用
経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
27.9 km
登り
1,266 m
下り
1,275 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間13分
休憩
29分
合計
9時間42分
Sスタート地点06:2007:06一番川地区登山口08:51待根山09:0413:00一番川登山道分岐(隈根尻側)13:36隈根尻山13:5214:25一番川登山道分岐(隈根尻側)15:35一番川地区登山口16:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一番川〜隈根尻山、待根山〜隈根尻山の登山道は公式には「廃道」の扱いになっている

一番川地区登山道等の一部通行止め(石狩振興局の情報)
https://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/sr/srs/tozandoutuukoudome.html

写真

道民の森一番川地区への道は冬季閉鎖中。
ロープは容易に開けられるが、一応ここから自転車で出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道民の森一番川地区への道は冬季閉鎖中。
ロープは容易に開けられるが、一応ここから自転車で出発。
舗装路を3km走ってキャンプ場の先にチェーンが張られたゲートがある。この先からダートになった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路を3km走ってキャンプ場の先にチェーンが張られたゲートがある。この先からダートになった。
林道を横切るように沢が流れていて、車高の低い車はこの辺でアウトと思われる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を横切るように沢が流れていて、車高の低い車はこの辺でアウトと思われる。
さらに路面が完全に流されている所が2か所ほどあり、四輪の通行は不可能。復旧の予定も無いらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに路面が完全に流されている所が2か所ほどあり、四輪の通行は不可能。復旧の予定も無いらしい。
スタート地点から7kmで登山口に到着。ここで自転車はデポ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点から7kmで登山口に到着。ここで自転車はデポ。
1回目の渡渉。良い飛び石が無く、初っ端から片足を濡らしてしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1回目の渡渉。良い飛び石が無く、初っ端から片足を濡らしてしまう。
ピンネシリ(左)と隈根尻山(右)への分岐。
隈根尻山方向へはロープが張ってある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンネシリ(左)と隈根尻山(右)への分岐。
隈根尻山方向へはロープが張ってある。
ピンネシリ方向に進み、2回目の渡渉。
ここは飛び石でOK。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンネシリ方向に進み、2回目の渡渉。
ここは飛び石でOK。
3回目の渡渉。ここも飛び石OK。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3回目の渡渉。ここも飛び石OK。
倒木を避けるためか?左に新しいルートが開削されていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木を避けるためか?左に新しいルートが開削されていた。
雪の重みで笹が下がってきているものの、登山道は整備も入っていて歩きやすい状態だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の重みで笹が下がってきているものの、登山道は整備も入っていて歩きやすい状態だった。
稜線直下まで来ると後方の視界が開けてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線直下まで来ると後方の視界が開けてきた。
稜線に上がり、まずは待根山へ。積雪は5cm程度。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に上がり、まずは待根山へ。積雪は5cm程度。
2
振り返ってピンネシリ。
ピンネシリは3年前に砂金沢コースから登っているので今回はパスした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってピンネシリ。
ピンネシリは3年前に砂金沢コースから登っているので今回はパスした。
1
平坦な稜線を進み、待根山(1002m)到着。
隈根尻山に続く稜線の全貌が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な稜線を進み、待根山(1002m)到着。
隈根尻山に続く稜線の全貌が見えてきた。
ピンネシリ方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンネシリ方向。
2
本当に行くことができないのか試してみよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に行くことができないのか試してみよう。
2
まずは階段下りから。
稜線に刈分けがしっかり残っているのが見えて、直感で「これは行ける!」と思った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは階段下りから。
稜線に刈分けがしっかり残っているのが見えて、直感で「これは行ける!」と思った。
3
階段が終わると藪の薄い崩壊地?を経て830mコルに下る。
笹の丈は腰上〜2m以上まで様々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段が終わると藪の薄い崩壊地?を経て830mコルに下る。
笹の丈は腰上〜2m以上まで様々。
中途半端な雪と藪、こんな時に本領を発揮するのがテムレス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中途半端な雪と藪、こんな時に本領を発揮するのがテムレス。
1
足元には明瞭な道があるんだけど・・・
匍匐前進するか、頭から雪を被るか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元には明瞭な道があるんだけど・・・
匍匐前進するか、頭から雪を被るか?
・878を越えて最低コルに下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・878を越えて最低コルに下る。
藪の薄い崩壊地が現れるが、どこでも歩ける故にルートを外しやすい。
ルートを外すと強烈な根曲がりで前に進めなくなってしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪の薄い崩壊地が現れるが、どこでも歩ける故にルートを外しやすい。
ルートを外すと強烈な根曲がりで前に進めなくなってしまう。
680mの最低コル付近は少しだけ歩きやすい道が続いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
680mの最低コル付近は少しだけ歩きやすい道が続いた。
樺戸名物の歩幅が合わなくてウザい階段。
しかし、藪の中で人工物を見つけるとなぜか心強かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樺戸名物の歩幅が合わなくてウザい階段。
しかし、藪の中で人工物を見つけるとなぜか心強かった。
2
雪の重みで倒れた笹が固まって壁のようになっている。
そこを押し倒し、泳ぐように越えて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の重みで倒れた笹が固まって壁のようになっている。
そこを押し倒し、泳ぐように越えて行く。
843mで隈根尻山の北尾根に乗るが、ここからが意外と長い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
843mで隈根尻山の北尾根に乗るが、ここからが意外と長い。
隈根尻山の直下まで笹が薄くなる所は無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隈根尻山の直下まで笹が薄くなる所は無かった。
一番川登山口の分岐を通過。
とりあえず下山ルートにたどり着けて一安心。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番川登山口の分岐を通過。
とりあえず下山ルートにたどり着けて一安心。
隈根尻山(971m)到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隈根尻山(971m)到着。
3
神居尻山〜ピンネシリ〜待根山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神居尻山〜ピンネシリ〜待根山。
4
樺戸山〜浦臼山の稜線。向こう側には綺麗な道が続いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樺戸山〜浦臼山の稜線。向こう側には綺麗な道が続いている。
2
石狩平野の向こうに大雪の山並みが見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石狩平野の向こうに大雪の山並みが見えた。
折り返して、分岐から一番川への(廃?)登山道を下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折り返して、分岐から一番川への(廃?)登山道を下る。
笹被りは酷いけど、足元の道はそこそこ分かりやすい。
縦走路に比べたら多少マシかな?という感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹被りは酷いけど、足元の道はそこそこ分かりやすい。
縦走路に比べたら多少マシかな?という感じ。
潰れた東屋を過ぎたあたりで笹被りの道は終わった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
潰れた東屋を過ぎたあたりで笹被りの道は終わった。
1
顔がちぎれて無様なタヌキたち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔がちぎれて無様なタヌキたち。
登山道から広い林道跡に出た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道から広い林道跡に出た。
ピンネシリ方面への分岐までの間に渡渉は5か所あった。
いずれも良い飛び石は無く、靴を濡らさず渡るのは不可能。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンネシリ方面への分岐までの間に渡渉は5か所あった。
いずれも良い飛び石は無く、靴を濡らさず渡るのは不可能。
登山口に戻ってきた。日没と同時に帰還。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に戻ってきた。日没と同時に帰還。

感想/記録

樺戸山地のメジャーな山の中で、まだ登っていなかった待根山と隈根尻山。この2座を記録の少ない一番川コースから縦走してみた。

2016年版の夏山ガイドでは一番川コースと待根山〜隈根尻山の縦走路はまだ健在だった一方で、樺戸山〜隈根尻山の縦走路が廃道として扱われている。その後、2017年の大雨で一番川コースへの林道が不通になり、2018年度から一番川〜隈根尻山と待根山〜隈根尻山が廃道として扱われるようになった。
最近になって浦臼山〜樺戸山〜隈根尻山の整備が入り、隈根尻山へのアプローチは浦臼山からがメインになっているらしい。


待根山〜隈根尻山の稜線は廃道化して日が浅いせいか、まだ道は薄っすらと残っていて何とか歩ける状態だった。笹藪よりも中途半端な雪が厄介で、重みで倒れた笹が道を覆い隠してしまうし、歩けば頭から大量の雪が降ってくる。上下カッパ+テムレス+チェンスパで武装し、全身雪まみれになりながら4時間以上笹を漕ぎ続けた。
さすがにしんどかったけど、夏山とも冬山とも言えない微妙な時期に、未踏の2座を縦走で繋げた達成感は大きかった。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:91人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ