ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 495047
全員に公開
沢登り
日高山脈

コイカク〜ナナシ沢〜1823峰

2014年08月13日(水) 〜 2014年08月16日(土)
 - 拍手
GPS
80:00
距離
22.9km
登り
2,733m
下り
2,734m

コースタイム

8/13 札内ヒュッテ車止め(11:00)コイカク夏尾根末端上二股=C1(12:30)
8/14 C1(6:30)コイカクピーク(8:45-9:15) 下降点(10:00)ナナシ本流出合(11:40)1823南面直登沢Co800=C2(12:40)
8/15 C2(5:00)1823峰(12:40-13:00)コイカク(17:00-17:20)夏尾根末端=C3(18:50)
8/16 C3(5:40)札内ヒュッテ(7:10)
天候 晴れか曇り
過去天気図(気象庁) 2014年08月の天気図
アクセス
ナナシを目指す
2014年08月14日 11:01撮影 by  TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
4
8/14 11:01
ナナシを目指す
本日お盆。花とウイスキーを
2014年08月15日 05:15撮影 by  TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
3
8/15 5:15
本日お盆。花とウイスキーを
捲いて懸垂
2014年08月15日 06:43撮影 by  TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
5
8/15 6:43
捲いて懸垂
ビンの底
2014年08月15日 07:38撮影 by  TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
3
8/15 7:38
ビンの底
2014年08月15日 08:41撮影 by  TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
4
8/15 8:41
カジキのよう
2014年08月15日 09:28撮影 by  TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
6
8/15 9:28
カジキのよう
2014年08月15日 09:33撮影 by  TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7
8/15 9:33
2014年08月15日 09:33撮影 by  TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
4
8/15 9:33
2014年08月15日 13:02撮影 by  TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
5
8/15 13:02
2014年08月15日 15:11撮影 by  TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
4
8/15 15:11

装備

共同装備
ザイル50m ツェルト

感想

入部してから目標だった23南面にようやく行く事が出来た。ナナシ沢の下流域は次回必ず行きたい。

8/13 晴 4時に到着するも早朝から大雨。8時頃に止むが、この日は上二股に泊まる事にして、宴会。

8/14 晴 夏尾根を登り、コイカク南西尾根からナナシ本流Co700に降りる沢に入る。小滝が幾つかあるが全てクライムダウンと捲きで対処。本流に降り、ナナシ沢に初めて出会う。ナナシはとても奇麗な清流だ。23南面直登沢出合いまで下って、Co800まで登りC2。ここまでも奇麗な河原で楽しい。薪は豊富。月夜の下で焚火と酒。このすぐ先でババさんは荼毘に付された。自分達の力でここに来たかった。

8/15 ガス ・822の広場に花とウイスキーを供える。屈曲後、岸壁が狭まり核心部に入る。あらゆる滝の連続。Co880の20mFは水流に圧されリードする気が起きず右岸からザイル2p出して捲き、懸垂15mで沢に戻る。再び滝の連続。事故のあったCo1040には雪渓は無かった。Co1050通称ビンの底は左岸を30m1pザイル出す。(リード井ノ上) Co1200には芋虫のお化けみたいな巨大雪渓が微妙な厚さで架かっており、上に乗って反対側に降りる。以後雪渓は無かった。降りた先から峡谷がV字状に狭まり、チョックストーン(C.S.)滝の連続。スケールは無いがひたすら水流突破を強いられるので消耗する。1つ目が手強く、空身フリーで全身水流に抗いながら両手フィストジャムで抜ける。これでかなり体温を削られ、しばし休憩。Co1350のC.S.滝では二人ともガタガタに震えながらジャンケンの結果、(勿論、男気ジャンケンである)井ノ上リード。15m1p。ザイルを出したのはこれが最後で結局全部で4回出した。他は後続にお助けシュリンゲで対処が数回。Co1360からスラブ状の岩盤が50mくらい続くが、容易。Co1470二股を右、1480を右、1530を右で、低い薮を1時間弱ほど漕いで1823ピーク。終始ガスに包まれていたが一時ガスが途切れ雲の中からカムエクが現れた。予定より早く着いたので夏尾根末端で泊まる事にする。コイカクまでの稜状歩きは薄く踏み後があるがハイマツがうざい。喘ぎながらコイカク夏尾根末端まで降り、遡行達成を祝う。

8/16 下山。帰路は日勝峠日高側の日高山脈博物館に立ち寄る。見た目地味で人気はないが入ってみると日高の登山史と岩石の展示が充実しており案外面白い。マニアックな情熱を感じる。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:2519人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら