また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4956725 全員に公開 ハイキング 奥秩父

ワラーチ散歩・大菩薩峠

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年11月27日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は、上がいっぱいで大菩薩湖北岸の駐車場に停めるように途中で案内されました。
北岸の駐車場から登山口までは登山道と遊歩道があり、10分程の歩きで到着するので問題のない距離です。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
03:54
距離
9.7 km
登り
760 m
下り
749 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間44分
休憩
9分
合計
3時間53分
Sスタート地点09:3609:49上日川峠09:5310:11福ちゃん荘10:1310:54雷岩10:5611:36神部岩11:3611:49賽ノ河原11:4911:53親不知ノ頭11:5312:01大菩薩峠12:0112:15熊沢山12:1713:01小屋平バス停13:0113:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません。
霜が溶けて稜線の一部はぬかるんでます。
石丸峠から先は極端に人が減ります。
その他周辺情報やまと天目山温泉520円(3時間まで)
過去天気図(気象庁) 2022年11月の天気図 [pdf]

写真

今日も遅いスタート。先日に引き続きワラーチで登ります。同じく、靴下履いて、予備の靴も持参してます。靴下履いていると悪目立ちしなくていいです。
福ちゃん荘に到着、もう下山して打ち上げしてる方がいらっしゃいます。とても賑わってます。
2022年11月27日 10:12撮影 by moto g(7), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も遅いスタート。先日に引き続きワラーチで登ります。同じく、靴下履いて、予備の靴も持参してます。靴下履いていると悪目立ちしなくていいです。
福ちゃん荘に到着、もう下山して打ち上げしてる方がいらっしゃいます。とても賑わってます。
大菩薩湖と富士山。手前の枯野が大菩薩っぽい雰囲気。今日は富士山、南アルプスなど雲隠れする気配がありません。
2022年11月27日 10:49撮影 by moto g(7), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩湖と富士山。手前の枯野が大菩薩っぽい雰囲気。今日は富士山、南アルプスなど雲隠れする気配がありません。
1
雷岩付近はお昼ごはんの人で大賑わい。
風が少し冷たいので眺望を犠牲にしてでも山陰側が人気のポイントとなってます。
我々は、少し移動したところで眺望と風のバランスが良さそうなところでランチ。
2022年11月27日 11:06撮影 by moto g(7), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩付近はお昼ごはんの人で大賑わい。
風が少し冷たいので眺望を犠牲にしてでも山陰側が人気のポイントとなってます。
我々は、少し移動したところで眺望と風のバランスが良さそうなところでランチ。
1
昼食後、稜線歩きを楽しむ。
介山荘がみえてきます。
ここは、小屋泊デビューをしたところ。その時は天目温泉から登って小菅におりたことを思い出します。
2022年11月27日 11:54撮影 by moto g(7), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食後、稜線歩きを楽しむ。
介山荘がみえてきます。
ここは、小屋泊デビューをしたところ。その時は天目温泉から登って小菅におりたことを思い出します。
1
大菩薩峠に到着。
ここも大賑わいです。
途中、ぬかるんでいるところが数か所。
エスケープ道ができていたりして、ワラーチが埋もれて靴下ごと泥だらけ、は回避できました。
2022年11月27日 12:00撮影 by moto g(7), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩峠に到着。
ここも大賑わいです。
途中、ぬかるんでいるところが数か所。
エスケープ道ができていたりして、ワラーチが埋もれて靴下ごと泥だらけ、は回避できました。
1
石丸峠へ。
ほとんどの方は介山荘からふくちゃん荘にいく周回の方でしたので、介山荘以降は静かな山歩きになります。富士山を左手にみながら気持ちのいいトラバース道が続きます。
2022年11月27日 12:22撮影 by moto g(7), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石丸峠へ。
ほとんどの方は介山荘からふくちゃん荘にいく周回の方でしたので、介山荘以降は静かな山歩きになります。富士山を左手にみながら気持ちのいいトラバース道が続きます。
途中、3箇所ほど沢を渡りました。登山靴ならなんともない水の浅さですが、ワラーチだと慎重になります。夏なら水を気にしないで渡ってもいいかもですが、冬は濡れたくない。
2022年11月27日 13:04撮影 by moto g(7), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、3箇所ほど沢を渡りました。登山靴ならなんともない水の浅さですが、ワラーチだと慎重になります。夏なら水を気にしないで渡ってもいいかもですが、冬は濡れたくない。
1
こちらが駐車場の案内図。
今回も遅い到着で駐車場の懸念がありましたが、こちらの大菩薩湖北岸の駐車場は、登山口までのアクセスもよく、良い場所でした。
さらに、大菩薩湖北岸の駐車場にいくまでの道から見た大菩薩湖越しの富士山がとても綺麗でした。
2022年11月27日 13:36撮影 by moto g(7), motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが駐車場の案内図。
今回も遅い到着で駐車場の懸念がありましたが、こちらの大菩薩湖北岸の駐車場は、登山口までのアクセスもよく、良い場所でした。
さらに、大菩薩湖北岸の駐車場にいくまでの道から見た大菩薩湖越しの富士山がとても綺麗でした。

感想/記録

今日はワラーチ第二弾。
距離や標高差は前回の高尾とほぼ変わらずでしたが、少し岩っぽいところ、沢を渡るところ、ぬかるみ、水たまりなどありました。ぬかるみと水たまりが一番難儀しました。夏で素足なら突っ込む気になるかもしれません。
ビブラムソールですが、ソールのパターンが単調な横縞なのでグリップがどうなのかが気になるところでしたが、前回同様、7mmの薄さと柔らかさがグリップの良さに貢献していると感じました。底の厚い靴よりも足裏の反応が早く、地面の形に馴染みます。
パラコードによる靴擦れも今のところ問題ありません。鼻緒のところ・かかとのところ・足の甲と接触するところ、いずれもストレスありません。ただ、下りになると鼻緒のところにかなりの圧がかかってくるので、距離が伸びるとどうなるか。あと、本来は裸足で履くものなので、裸足だとどうなるのか。
今回も靴下をはいていたからか、足の寒さは感じませんでしたが、これから霜が降りたあと溶けてぬかるんだ場所が増えてくると足の甲まで覆われた靴がいいな、と思いました。
山を選んで気分転換したいときに投入していこうと思います。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:76人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ