また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 504980 全員に公開 ハイキング比良山系

赤坂山

日程 2014年09月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
電車:JR姫路駅ー(新快速:湖西線経由)マキノ駅・・・約3時間
バス:マキノ駅ーマキノ白谷温泉停留所・・・約15分(料金220円)
(JRは青春18切符利用)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間28分
休憩
12分
合計
3時間40分
Sスタート地点10:1011:06黒河峠11:46三国山分岐11:57三国山12:0512:15三国山分岐12:26明王ノ禿12:46赤坂山12:5012:57粟柄越13:22武奈の木平13:45マキノスキー場登山口13:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白谷温泉から黒河峠までの約1時間は林道歩きで、ただただ怠い。
コースは良く整備されていて、迷うところはない。
その他周辺情報マキノ高原に、マキノ高原温泉ささらがあり、料金は600円。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

マキノ駅。地名がカタカナなのが珍しい。
駅周辺にはコンビニがなく、お弁当や
飲み物は事前に用意しておいた方がよい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マキノ駅。地名がカタカナなのが珍しい。
駅周辺にはコンビニがなく、お弁当や
飲み物は事前に用意しておいた方がよい。
左:マキノ林道入口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左:マキノ林道入口。
黒河峠に到着。
写真の構築物はトイレ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒河峠に到着。
写真の構築物はトイレ。
ここが黒河峠の登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが黒河峠の登山口。
今日もガスってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もガスってます。
山道の雰囲気が少し変わった。
多分、三国山湿原。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道の雰囲気が少し変わった。
多分、三国山湿原。
橋が崩落してます。
でも、小さな小川なので問題なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋が崩落してます。
でも、小さな小川なので問題なし。
完全に道標が倒れてしまってます。
ここが、三国山の分岐。
三国山へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完全に道標が倒れてしまってます。
ここが、三国山の分岐。
三国山へ向かいます。
三国山山頂手前の、真っ直ぐな階段。
しんどいです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山山頂手前の、真っ直ぐな階段。
しんどいです!
山頂でしばし休憩。
5分休憩の後、赤坂山へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でしばし休憩。
5分休憩の後、赤坂山へ向かいます。
向こうに見えるのが、明王の禿。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに見えるのが、明王の禿。
3
明王の禿に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明王の禿に到着。
3
向こうに見えるのが、最終目的地の
赤坂山。登り返しに心が折れそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに見えるのが、最終目的地の
赤坂山。登り返しに心が折れそうです。
4
意外に急角度では無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外に急角度では無かった。
1
赤坂山に到着。
表示板がボロボロです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤坂山に到着。
表示板がボロボロです。
1
下山途中の小川。
若い女性ハイカーが楽しそうに遊んでました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中の小川。
若い女性ハイカーが楽しそうに遊んでました。
ブナの木平の東屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの木平の東屋
見晴台迂回路の分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台迂回路の分岐
こんな階段が出てきたら、そろそろ終盤です。
でも、この階段かなり長い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな階段が出てきたら、そろそろ終盤です。
でも、この階段かなり長い。
マキノ高原が見えました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マキノ高原が見えました!
1
最後は、「まきの高原温泉さらさ」で、汗と垢を落します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は、「まきの高原温泉さらさ」で、汗と垢を落します。
2

感想/記録

青春18キップが、あと2枚(2回)残っているため、有効期限の9月10日までに使い切らなければもったいないので、JRの駅から近く且つ電車賃を損しないだけの距離のある山を目指し、今回は赤坂山を選択する。
兵庫、京都、大阪の降水確率は50%以上と高めであったが、滋賀県は30%と比較的低かった。
薄く雲がかかっていたが、天気もよく、暑いくらいでした。
滋賀県のホームページから、「滋賀の山」の推奨ハイキングコースが紹介されており、初めて登る山でもあったため、正確にコースを辿ることにした。
ウェブでの調査では、標準コースタイムは5時間程度だったので、単独ハイカーの私の場合は、多分4時間半の山行と予想。
マキノ駅から9時46分初の循環バスが出ており、白谷温泉で10時に下車。
ここから黒河峠までは、バラエティーに乏しいひたすら長いだけの林道歩きであり、正直げんなりした。(約1時間の林道歩き)
黒河峠からは、やっと山道らしくなり、途中休憩中の7〜8人の団体ハイカーを追い抜いて、12時に三国山に到着。
三国山からの折り返し時に。2名のハイカーとすれ違い、明王の禿を経て赤坂山山頂ではハイカーは1名でした。
山頂直下の送電鉄塔の所で、行きのバスが一緒であった夫婦のハイカーがお昼休憩をされていた。
約1時間ほどで、まきの高原に下山し、温泉に浸かって帰路についた。

難易度としては初級コースだが、距離の長さを考慮し、総合的に中級コースでしょうか。

帰りの電車で途中、もの凄い雨が降り出し、早めに下山して正解でした。
訪問者数:1398人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ