また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 506073 全員に公開 ハイキング支笏・洞爺

カムイヌプリのアケボノソウ

日程 2014年09月07日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

04:42 林道入口
07:33 カムイヌプリ山頂 08:03
09:44 室蘭岳山頂
11:16 カムイヌプリ
13:14 林道入口
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

夜明け前
林道の入口から歩き始める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前
林道の入口から歩き始める
6
アカゲラが撮れた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカゲラが撮れた
11
登山口はすでに【三合目】
5台程度の駐車スペース有ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口はすでに【三合目】
5台程度の駐車スペース有ります
1
松林の切り株上で・・・【四合目】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松林の切り株上で・・・【四合目】
9
三兄弟
下から撮ってみる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三兄弟
下から撮ってみる
4
「ヌプリのいずみ」は【五合目】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ヌプリのいずみ」は【五合目】
4
「ナミダ坂」を頑張って・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ナミダ坂」を頑張って・・・
4
カムイヒュッテで休憩【六合目】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カムイヒュッテで休憩【六合目】
【七合目下】の「鎖場」ではダイモンジソウが咲いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【七合目下】の「鎖場」ではダイモンジソウが咲いていた
12
【八合目】の白樺林を抜けて・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【八合目】の白樺林を抜けて・・・
1
【山頂】カムイヌプリ745m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【山頂】カムイヌプリ745m
11
幌別の街と太平洋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幌別の街と太平洋
3
天気もイイので室蘭岳へ向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気もイイので室蘭岳へ向かう
3
水元沢への分岐は【コル】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水元沢への分岐は【コル】
エゾノコンギク【滝沢分岐】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾノコンギク【滝沢分岐】
7
【山頂】
きれいになった標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【山頂】
きれいになった標識
8
カムイヌプリへ帰ろう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カムイヌプリへ帰ろう
3
ハナイカリ
帰り道の楽しみはアケボノソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナイカリ
帰り道の楽しみはアケボノソウ
6
カムイヌプリルートでは7、8組の方と会った
登山口を出て林道を下る
コシオガマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カムイヌプリルートでは7、8組の方と会った
登山口を出て林道を下る
コシオガマ
4
アケボノソウ
古い登山道跡で咲いていた
【二合目】くらいになるかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケボノソウ
古い登山道跡で咲いていた
【二合目】くらいになるかな
8
キュートな花だ
背の高い花なので撮りやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キュートな花だ
背の高い花なので撮りやすい
16
黄緑の二つは蜜腺
顔のように見えるとか
人が考えたようなデザインですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄緑の二つは蜜腺
顔のように見えるとか
人が考えたようなデザインですね
17

感想/記録
by A-TR

見られる花も少なくなってきた。
カムイヌプリでアケボノソウが咲くのを知った。
アケボノソウは9月の花だ。
9月になるのを待って見に行ってみた。
普段は車で通過してしまうところに咲くらしい。
室蘭岳まで足を延ばす気持ちもあったので
モチベーションが落ちないように復路に探してみることにした。

登山道は小さな沢を2回渡る。
飛び石の上を歩けるので登山靴で十分。
3日前の大雨の残りで水量が多かったが問題なく渡れた。
因みにこの沢を登山靴で渡れなかったことはない。

ここは道中の展望はほとんど利かないが、
山頂へ上がると太平洋側の展望がいっぱいに広がる。
振り返ると樹々の間からは羊蹄山も望める。
室蘭岳側には絵鞆半島〜噴火湾が良く見えるところがあるので
山頂でリターンしないで少し進んでみて欲しい。

時間が早いし天気も良いので室蘭岳へ足を延ばした。
リニューアルされた山頂標識も気になっていた。
クリアニス塗りだった標識は今度は着色されていた。

復路、カムイヌプリの山頂では4組ほどの方々が寛いでいた。
座るところがないようだったので止まらずに下りた。
5合目の水場のベンチでお昼にした。
併せて7,8組の方が入山されていた。

登山口を出て林道を下り古い登山道跡へ入った。
アケボノソウが咲いていた。
背の高い花なのですぐに見つけることが出来た。
咲き始めたばかりのようで蕾が多くしばらくは楽しめると思う。

花が見られるのもあと僅か
残りを目いっぱい楽しみたい。



ログはDIY GPS不調のため取れず
以前のものを修正してアップしました。
訪問者数:721人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ