また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 508671 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

静かな山歩き 御座山

日程 2014年09月12日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
22:25 自宅発 - 3:02 202km 駐車場着

今回は高速を使わずに移動しました。
駐車スペースまでのラスト1km強が未舗装です。
トイレ等の設備は一切なし、約10台程度まで。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間53分
休憩
1時間49分
合計
4時間42分
S栗生登山口08:5909:39不動の滝09:4410:27御岳神社10:50御座山12:2612:38御岳神社13:08不動の滝13:1613:41栗生登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:59 登山開始
9:39 不動の滝〜9:44
10:27 南稜
10:34 コル
10:45 避難小屋
10:50 山頂〜12:26
12:33 コル
12:38 南稜
13:08 不動の滝〜13:16
13:41 駐車場着
コース状況/
危険箇所等
・登山口 - 不動の滝
綺麗な沢沿いを、ついたり離れたりを繰り返し進む易しいコースです。
のんびりハイキング感覚で歩けます。

・不動の滝 - 残り500m看板
滝を越えると、今までよりは少々角度があがり、九十九折の退屈な部分。
このエリアに大きな倒木があり、くぐるのがしんどかったです。

・残り500m看板 - 山頂
看板を越えると鎖場が現れます。長いものではないですが慎重に。
登りきると一度展望がひらけます♪
斜度が落ち着き、御岳神社にすぐ到着。
その後御座山ピークをを目視し、鎖を伝って南のコルに下り、
また少し登ると避難小屋→山頂になります。
その他周辺情報下山後は南相木温泉、滝見の湯にて汗を流しました。450円なり。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

登山口の看板がある所まで車で進めます。
そこそこの悪路なのでご注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の看板がある所まで車で進めます。
そこそこの悪路なのでご注意。
綺麗な沢が、すぐそばを流れているので耳障りは良いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な沢が、すぐそばを流れているので耳障りは良いです。
沢から離れて、このような地味な道を歩くことも度々ありますが、
また沢沿いに戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢から離れて、このような地味な道を歩くことも度々ありますが、
また沢沿いに戻ります。
山頂まで2000mの看板。
これはいまいち分かりにくい目安ですね。
せめて登山口からどれくらいの距離を歩いてきたのかも書いてあるとありがたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで2000mの看板。
これはいまいち分かりにくい目安ですね。
せめて登山口からどれくらいの距離を歩いてきたのかも書いてあるとありがたいです。
水の音が大きくなってきたら不動の滝です♪
帰路でじっくり立ち寄ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の音が大きくなってきたら不動の滝です♪
帰路でじっくり立ち寄ります。
ヌメヌメのキノコがたくさんありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌメヌメのキノコがたくさんありました。
2
高度を上げていくと、残念なことにうっすらガスってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を上げていくと、残念なことにうっすらガスってます。
残り500m!
ここから鎖場のスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残り500m!
ここから鎖場のスタート。
鎖は全然必須ではないですが、滑りやすそうな部分もあるので注意して歩きましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖は全然必須ではないですが、滑りやすそうな部分もあるので注意して歩きましょう。
第一鎖場を終えると一旦展望がひらけます♪
ひと休憩後、また樹林帯へGO。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一鎖場を終えると一旦展望がひらけます♪
ひと休憩後、また樹林帯へGO。
緩やかな坂道を登っていくと、御岳神社に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな坂道を登っていくと、御岳神社に到着。
目的地が見えました♪
がんばるぞ〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的地が見えました♪
がんばるぞ〜!
1
ホンの数分でコルに到着。
神社からコルの間が、少々道が狭くガサガサしています。
下りの鎖場も慎重に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホンの数分でコルに到着。
神社からコルの間が、少々道が狭くガサガサしています。
下りの鎖場も慎重に。
また全然違うキノコ発見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また全然違うキノコ発見。
本当なら遠くの景色が見えるんでしょうけど、生憎のガス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当なら遠くの景色が見えるんでしょうけど、生憎のガス。
突然小屋が見えました。
てっきり山頂への分岐を過ぎて行くものと思っていたのでびっくり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然小屋が見えました。
てっきり山頂への分岐を過ぎて行くものと思っていたのでびっくり。
雨戸がしまっていましたが、開けて中を覗きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨戸がしまっていましたが、開けて中を覗きます。
きれいな板張りの小屋です。
寝具等は見当たりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな板張りの小屋です。
寝具等は見当たりません。
小屋からほんの1〜2分で岩場へ、そして一気に展望が広がります!

…が、残念ながら真っ白け。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋からほんの1〜2分で岩場へ、そして一気に展望が広がります!

…が、残念ながら真っ白け。
2
山頂に到着〜♪

結構長い時間いたもので、ガスったり晴れたりを繰り返し。
まずまずの展望は楽しめました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着〜♪

結構長い時間いたもので、ガスったり晴れたりを繰り返し。
まずまずの展望は楽しめました。
3
山頂付近から振り返った様子。
樹林帯から突然岩稜帯へ変わるのがわかりますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近から振り返った様子。
樹林帯から突然岩稜帯へ変わるのがわかりますね。
これは山頂より先部分に見える岩場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは山頂より先部分に見える岩場。
1
山頂碑の前に素敵なテーブルが♪
本日はとんこつラーメン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂碑の前に素敵なテーブルが♪
本日はとんこつラーメン。
1
さっきの振り返り方向も晴れてきました♪

丁度真正面に見えているのが金峰山です。
五丈石や瑞牆山も見え隠れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきの振り返り方向も晴れてきました♪

丁度真正面に見えているのが金峰山です。
五丈石や瑞牆山も見え隠れ。
山頂碑の先、北方向も少し晴れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂碑の先、北方向も少し晴れました。
1
コルから御岳神社への登りの鎖場。
こっちの方がやや怖いかな〜?
まあ下りに比べれば登りは全然問題ないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルから御岳神社への登りの鎖場。
こっちの方がやや怖いかな〜?
まあ下りに比べれば登りは全然問題ないです。
この倒木がいやらしい…
往路はむりやりくぐって、復路はちょっと遠回りして上を越えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この倒木がいやらしい…
往路はむりやりくぐって、復路はちょっと遠回りして上を越えました。
さて、滝の時間です♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、滝の時間です♪
2
水量も高さも大したことはないですが、
近寄れてとっても清涼感を得られます♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量も高さも大したことはないですが、
近寄れてとっても清涼感を得られます♪
1
ちょうど暑い頃だったので、この涼しげなポイントは嬉しいもんです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど暑い頃だったので、この涼しげなポイントは嬉しいもんです!
3
また全然違うキノコ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また全然違うキノコ。
登山口に近い道は、癒される空間でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に近い道は、癒される空間でした。
車に戻ってから、すぐ脇の沢にてクールダウン♪
冷たすぎ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車に戻ってから、すぐ脇の沢にてクールダウン♪
冷たすぎ!!
2
内山峠から見上げる荒船山のとも岩!
カッコイイ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内山峠から見上げる荒船山のとも岩!
カッコイイ!!
5
道の駅下仁田にて辛味噌ラーメン。
食後はちょこっと仮眠して帰りました♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅下仁田にて辛味噌ラーメン。
食後はちょこっと仮眠して帰りました♪

感想/記録

御座山、おぐらさんと読みます。なかなか難しいですね。
胡座(胡坐)、あぐらの「ぐら」と同じ読み方で覚えましょう。

山と高原地図「西上州」に載っているし、内山峠なんかを経由していったので、
西上州エリアに分類してもよさげですが、まあ一応長野県の山なので甲信越にしておきます。

なかなか遠出のタイミングをつかめず、そして人混みの中に行く気も更々ないので、
ちょろっとマイナーな山でそう遠くない所を探していたのですが、結局下道で4時間半もかかっていては近場とは言えないですね(^_^;)

数箇所ある登山口の中では、おそらく距離も一番短く一般的なコースである
「栗生登山口」からのアタックです。道中の不動の滝にそそられました。

朝方はやや肌寒い感じがしましたが、Tシャツ一枚で歩き始め、
あっという間に汗をかきはじめました。
99%樹林帯ですので、日差しの影響はあまり受けずに済みました。

沢のせせらぎをBGMに滝を目指します。
薄暗い滝は帰りにじっくり寄ることにして、先へ進みます。
この先が変化の乏しい地味な九十九折、じっくりときのこを見ながら我慢タイム。

「残り500」の先は鎖あり、展望あり、神社あり、下りあり、小屋あり♪
と、一気に楽しい部分を詰め込んだエリアに入ります。
小屋の入口はどこだ〜!?と探しながら、すぐそばの山頂に到着。

ガスっていた展望は、部分的に晴れたりまたガスったり。
全てが見渡せた!!という時間はありませんでしたが、大体全方向の様子は伺えました。
残念ながら、すぐ東にある八ヶ岳はたまに頭を覗かせてくれるのみ。

1時間半いた山頂では、浜松から、横浜から、
そして地元からの3組6名の登山者たちと楽しく会話させていただきました。

下山の地味なジグザグを終え、そこにある滝は本当にオアシスでした♪
荷物を降ろし、滝を堪能しました。(打たれてはいませんw)

車まで戻り、靴と靴下を脱ぎ、サンダルにて沢へ移動。
パンとポテトチップと飲料を持ち、クールダウンをしたのですが…
冷たすぎて10秒と浸かっていられません…すぐに終了を迎えましたとさ。

国道141号を北上、正面に見える浅間山を堪能♪
内山峠を走りながら、片道通行で停車時に荒船山を堪能♪
明るい時間にこの辺の下道を走る機会も少ないので、風景も楽しめました♪
訪問者数:673人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/6/19
投稿数: 53
2014/9/16 9:17
 写真に目覚めた?
土地勘も無いのでわかりませんでしたが
長野県なんですね。長野は広いわ。

滝の写真アートですよ。カッコイイ
荒船山の岩もカッコイイ
まずいよ。行きたくなっちゃう。
 
ちなみに白いきのこ双六にもありました。
地元の人は食べれんって言ってました。
登録日: 2011/10/19
投稿数: 1360
2014/9/21 18:54
 >tabo-さん
返信コメントが随分遅くなってしまって申し訳ありません(^_^;)
この記録をUPして以来、今日初めてPCの前に座れました…

群馬県と長野県の境目付近になるのかな、八ヶ岳の東っ側にあります。
「写真に目覚めた」というのは微妙でして…、
以前から出来る限りノーマルなアングルからではないものを撮りたいと思い続けているのです。
たまにこうしていい感じのショットが撮れるので、お褒めいただき光栄です♪

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ