また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509428 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

山上ヶ岳&稲村ヶ岳2日間でいいとこどりコース

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
レンゲ辻の林道最終地点にバイクをデポしました。
スタートは五番関からで、登山口は10台くらいは車を止めるスペースありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間14分
休憩
1時間3分
合計
6時間17分
S五番関09:4810:20五番関の結界門10:2512:05洞辻茶屋12:1013:20鐘掛岩13:5014:00大峰山寺14:2015:22レンゲ辻15:2516:05稲村小屋
2日目
山行
3時間42分
休憩
2時間0分
合計
5時間42分
稲村小屋04:5505:30稲村ヶ岳05:5506:15宝剣06:2007:05稲村小屋08:3510:37林道終点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

コース状況/
危険箇所等
五番関から山上ヶ岳まで行場以外は危ないとこはなかったです。行場は自己判断です。
山上ヶ岳から稲村ヶ岳まではトラバースが多くて落ちたら止まらないかも。
レンゲ辻からの下りはちょっと荒れていてテープを探しながら下りました。落石にも注意です。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

女人結界門までは植林の急登です。
2014年09月13日 10:08撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女人結界門までは植林の急登です。
ここからは男子のみ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは男子のみ。
1
気持ちいい稜線が続いてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちいい稜線が続いてます。
本日最初の行場です。
長いけど鎖使わなくても大丈夫でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最初の行場です。
長いけど鎖使わなくても大丈夫でした。
1
洞辻茶屋、お参りの人で大にぎわい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞辻茶屋、お参りの人で大にぎわい。
2
山上も稲村もトリカブトがいっぱい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山上も稲村もトリカブトがいっぱい。
2
今回は行場に行くので左のルートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は行場に行くので左のルートです。
1
今日は鐘掛岩も人が多い~。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は鐘掛岩も人が多い~。
1
頑張って登りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張って登りました。
1
六甲まで見えてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲まで見えてました。
4
山頂には立派な宿坊がたくさんあります。
2014年09月13日 13:53撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には立派な宿坊がたくさんあります。
1
大峰山寺に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰山寺に到着。
1
今回の安全祈願をしました。
2014年09月13日 14:08撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の安全祈願をしました。
1
お花畑から見た稲村ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑から見た稲村ヶ岳。
3
日本岩、景色も高度感もいい感じ~。
2014年09月14日 14:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本岩、景色も高度感もいい感じ~。
3
レンゲ辻です。ここからは稲村方面は女性も大丈夫~。
2014年09月13日 15:22撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レンゲ辻です。ここからは稲村方面は女性も大丈夫~。
1
こういう伝統もあっていいんじゃないな。
2014年09月13日 15:22撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう伝統もあっていいんじゃないな。
2
稲村までのトラバース、落ちたら止まらないかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲村までのトラバース、落ちたら止まらないかも。
1
稲村小屋に到着。
2014年09月13日 17:28撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲村小屋に到着。
1
本日の寝床です。
フラットで寝やすかったですよぉ。
2014年09月13日 17:00撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の寝床です。
フラットで寝やすかったですよぉ。
相方のテントといつものビール。
2014年09月13日 17:26撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相方のテントといつものビール。
1
晩御飯、第一段は焼肉~。
2014年09月13日 17:39撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩御飯、第一段は焼肉~。
1
第二段はうどんすき~。
2014年09月13日 18:18撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二段はうどんすき~。
2
夕陽もバッチリ。
2014年09月13日 17:57撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕陽もバッチリ。
3
稲村ヶ岳山頂からのご来光。
2014年09月14日 05:35撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲村ヶ岳山頂からのご来光。
2
この時間がいいですねぇ~。
2014年09月14日 05:44撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間がいいですねぇ~。
1
朝日が弥山を照らしてます。
2014年09月14日 05:40撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が弥山を照らしてます。
3
宝剣探しの旅に。
石楠花の木に四苦八苦!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣探しの旅に。
石楠花の木に四苦八苦!!
ついに宝剣発見~。
デカイです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに宝剣発見~。
デカイです。
3
レンゲ辻からの下りは岩がゴロゴロ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レンゲ辻からの下りは岩がゴロゴロ。
雰囲気は最高~。
2014年09月14日 09:45撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気は最高~。
1
秘境感漂う。
2014年09月14日 10:27撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秘境感漂う。

感想/記録
by ryu03i

今回は初めて五番関からスタートしました。
植林の急登を登り終わると女人結界門の登場。ここからは男だらけの世界です。
女人禁制これには賛否両論いろいろありますが、こういう伝統もあっていいんじゃないかと個人的には思ってます。
洞辻茶屋まで来ると白装束の方の多いこと。一般の登山者って俺らだけ...みたいな(^_^;)
洞辻茶屋の中も普段感じられない雰囲気でした。
山上での挨拶は、よぅおまいり!!何回か登ってるから慣れてるけど、相方は初めてなんで最初は戸惑ってました。慣れてくるまでいつもの声じゃなく小声で挨拶(笑)
今日は鐘掛岩も人が多い〜。順番待ちして神聖な気持ちでスタート。昔は怖くて無理やったけど最近岩場にはよくいくから普通に登れちゃいました。
西の覗きは誰もいなかったから通過して大峰山寺に向かいました。立派な宿坊の前を通ってお寺に到着。今回の山行きの安全祈願をしました。
これから稲村小屋に向かいます。レンゲ辻までの下りはけっこう急でした。レンゲ辻から稲村小屋まではトラバースが多くてちょっと危ないです。
稲村小屋でのテント泊は600円でした。水は小屋の裏で汲み放題。しかもめちゃめちゃうまい。ゴロゴロ水とおんなじ感じでした。管理人さんの人柄もすんごく良くて、超お気に入りのテン場です。
晩御飯の焼肉とうどんすきを食べながら夕陽を見て、まったりとした時間を過ごせました。
次の日はご来光を山頂まで見に行きました。快晴で綺麗なご来光見れましたぁ〜。360度の大パノラマを満喫。東は熊野灘、西は大阪湾や淡路島まで見れました。
さぁいよいよ今回のメインイベントの宝剣探しに出発〜。山頂から大日方面に道なき道を行くつもりが、なんとなく歩いた形跡のある道が出来てました。それでも迷いつつ石楠花の木と格闘しながらついに宝剣発見!!やっと出会えました。いろんな人がプログなんかで書いてるけど、なんでこんなとこに!?って感じ。ロープレで宝箱を見つけた気分でした。下りは宝剣から真下に下りて登山道と合流。以外と距離が短く頂上から行くよりも確実に楽でした。今回GPSから宝剣のルートは削除するつもりでしたが、削除方法がわからず消せない(>.<)冒険して行きたい方はルート見ないでくださいね〜。
大日に登って小屋に戻りました。テントを撤収して下りました。下りのルートはレンゲ辻から。初日に林道最終地点にバイクをデポしてあるから今回は大峰大橋までの林道歩きは無しで(^-^)vレンゲ辻からの下りは滑りやすく落石にも注意です。ちょっと荒れていてテープを探しながら下りました。でも秘境感満載の谷なんでオススメです。
何度か山上も稲村も登ったけど、今回のルートは自分のなかでベストやと思いました。
頂上付近の木はすこーし色付いてるのもあり、もうすぐ山には秋がやってくるのかな〜。また紅葉の時に行こっかなぁ♪
訪問者数:375人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ