また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509639 全員に公開 ハイキング剱・立山

剱岳 〜 早月尾根日帰り

日程 2014年09月12日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ→曇り→雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
魚津から滑川方面にR8を進む。早川を超えた直後の大掛東交差点のコンビニで買い物を済まし、左折して県道138号へ。栗山交差点を左折し県道137号に入り、さらに左折して県道320号に入り早川を再び渡ったところで県道67号に入る。もう一度早川を渡るとすぐに左折し林道に入る。
早川沿いの林道は改修工事のため河原の仮の砂利道になるがそのまま進むと、滑川市方面からの県道46号と合流し県道333号となり、あとは道なりで馬場島に到着する。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間41分
休憩
1時間0分
合計
12時間41分
S馬場島04:2705:13松尾平08:11早月小屋08:3310:59カニのハサミ11:1011:41剱岳11:4611:50カニのハサミ11:5613:52早月小屋14:0716:26松尾平17:07馬場島17:0817:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回iPhone5sにGPSロガー(FieldAccess)を導入して初使い。
上がその情報無修正で掲載。下は手書きのメモから。5分刻みに丸めてあるがこちらが正解。
記録し始めた場所が違うので当たり前だが、出発地点が駐車場と登山口で違っている。あとは何故か山頂への到着時刻が違っているのが気になる。
カニのハサミはどこか分からなかったが、ログを見ると山頂直下か?


4:35 馬場島登山口 760m*
5:05 1000m標識
5:55 朝食 1350m - 6:05
6:55 1800m標識
7:25 休憩 2005m - 7:30
8:10 早月小屋 2224m* - 8:30
10:05 休憩 2660m - 10:15
11:15 剱岳山頂(昼食) 2999m* -11:45
13:50 早月小屋 2224m* - 14:05
16:30 1000m標識 - 13:40
17:05 馬場島登山口
コース状況/
危険箇所等
2800mから上の岩場は良く整備されているのでペンキに従って行けば問題ない。下山時、特にガスった時には道迷いに注意。
ガレた道もあり下山時の疲労した状態での歩行、つまづきなどに注意。
その他周辺情報魚津方面に下る人は「みのわ温泉」が手頃。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(DANA DESIGN PAMIRS 35) ウエストポーチ 雨具 折りたたみ傘 薄手フリース ダウンベスト グランドシート ツェルト 帽子 手袋 サングラス 日焼け止め 虫刺され薬 常備薬 バンドエイド ラジオ 携帯 カメラ ヘッドライト 予備電池 細引き テーピングテープ トイレットペーパー ティッシュペーパー ライター 地図 コンパス 温度計 高度計付き腕時計 メモ帳&ペン バンダナ タオル 昼食 行動食 非常食 アメ ドリンク(エネルゲン) 水2L お茶0.6L ストック ヘルメット
備考 消毒液

写真

1000m付近で夜が明け始める。
剱岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1000m付近で夜が明け始める。
剱岳方面
猫又山でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫又山でしょうか?
ペンキ塗り替え中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペンキ塗り替え中
2400m過ぎから見た剱岳山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2400m過ぎから見た剱岳山頂
山頂に向けガスが巻き上がる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に向けガスが巻き上がる
鎖場、これから核心部!
二人下って来た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場、これから核心部!
二人下って来た
三連休前の金曜日、山頂は人が少なかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三連休前の金曜日、山頂は人が少なかった。

感想/記録
by hirymd

予想通り体力的に厳しい登山だった。
2200mの高度差を日帰りするのは始めての経験でチャレンジ。
標高2800m付近でのアクシデントが無ければあと1時間は短縮できたと思う。

登山靴のつま先のソールの折り返しが剥がれ始めてきていたのは気になっていたが、そのままにしておいたのが結果的に命取りになるところだった。
下山中にガレた稜線で石に引っ掛かり転倒。右手は転げ落ちるのを食い止めるのが精一杯で、受け身までできず、脚と顎を強打して怪我をしてしまった。ストックを早めに出しておけばと後悔したが後の祭り。
幸い骨に異常がなかったため、怪我の手当てを簡単に済ませ、2000mをなんとか下り切ることができた。下山後の温泉はさすがに諦め、魚津で病院の時間外窓口を叩き事なきを得た。

…今回は反省の多い山旅であった。

【反省点】
1.山行前に登山靴の状態をチェック
2.下山時にストックは早目に出すこと
3.ファーストエイドキット内容の見直し

それと収穫も…
GPSロガーは現在位置の特定が容易で、道迷いには有効であることを実感した。
日帰りで早月尾根ピストンが出来たことは何より良い経験であった。
訪問者数:253人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ