また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 510575 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

観音平⇔編笠山(日帰り)

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー2人
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間4分
休憩
1時間36分
合計
8時間40分
Sスタート地点08:0309:03雲海09:1310:02押手川10:2112:20編笠山13:0113:50青年小屋14:0915:32押手川15:3916:11雲海16:42富士見平16:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

登山開始。
2014年09月14日 08:15撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山開始。
1
押手山からは次第に急な山道に。
2014年09月14日 10:18撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
押手山からは次第に急な山道に。
苔が多いです。
2014年09月14日 10:19撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔が多いです。
ここからがしんどい。
2014年09月14日 11:33撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからがしんどい。
1
山頂まであと少し…
このまま青年小屋で一泊も、いいなぁ。
2014年09月14日 12:11撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し…
このまま青年小屋で一泊も、いいなぁ。
沢山の方々から応援を受けるせがれ。
…抜かれまくったという訳だが、すれ違うのも大変なくらい狭い道なので、お互い注意が必要。
2014年09月14日 12:11撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢山の方々から応援を受けるせがれ。
…抜かれまくったという訳だが、すれ違うのも大変なくらい狭い道なので、お互い注意が必要。
2
山頂!雲がかかっていたのが残念。
2014年09月14日 12:17撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂!雲がかかっていたのが残念。
無事に登れました。
2014年09月14日 12:23撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に登れました。
5
食べれそうなキノコだけど、怖くて絶対に食べれない。
食欲の秋。
2014年09月14日 13:23撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食べれそうなキノコだけど、怖くて絶対に食べれない。
食欲の秋。
これは…ヒカリゴケ。
2014年09月14日 13:24撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは…ヒカリゴケ。
1
青年小屋手前にて。
2014年09月14日 13:31撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋手前にて。
3
青年小屋手前にて。
2014年09月14日 13:44撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋手前にて。
2
青年小屋にて。ゴツゴツ岩場を下りました。
2014年09月14日 13:52撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋にて。ゴツゴツ岩場を下りました。
帰りの橋。先は…まだ長い。この後はレンタカーの時間もあり、黙々と下りましたとさ…。
2014年09月14日 15:22撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの橋。先は…まだ長い。この後はレンタカーの時間もあり、黙々と下りましたとさ…。
1
撮影機材:

感想/記録

観音平から編笠山を登り、青年小屋を経由して一周する日帰りコース。
小金井市の保養施設、清里山荘に前泊。予定では7時半からハイキング開始だったが、昼食の調達なども含み、少し遅れて8時からの開始となってしまった。

観音平に着いた時には車が長蛇の列。手前の路肩に駐車。
その場所がたまたま登山道のショートカットが近く、そこからのスタートとした。
八ヶ岳は初めてだったけれど、思った以上に苔が多く、森林の中の登山だった。
あと、季節柄かキノコも多かった。

のどかな森林の風景の割には傾斜があり、岩場の段差も多く、せがれの歩みが思いの他進まない。子供からしたら相当の段差の筈で、そりゃぁそうだろうな…。
全体として稜線に出ることもなく、ひたすら登りと下り、肉体的にはこれまでの登山の中で一番ハードだった。
せがれは現在5歳だが、すれ違う登山者から「凄い!」と良く言われた。
確かに、そうだろうなぁ。自分も5歳の頃を考えたら多分無理だ。
繰り返し山登った結果だろう。

山頂は生憎の曇り、ガスってて赤岳や南アルプスの山々は望めなかったが、
沢山の登山者で賑わっていた。天候も荒れず、安定はしていた。
その後、青年小屋を経由し撒き道から下山。
編笠山〜青年小屋のゴツゴツゾーンが今回一番印象に残ったコースだった。
せがれにとってもアスレチックにしてはハードだったのではないだろうか。

結果として、一般のコースタイムでスケジュールを計算していたが、30分遅れのスタートもあり、15時半に下山する予定が16時50分となった。
レンタカーの返却が清里で17時だったので、最後は駆け足、結果として20分ほどオーバーとなってしまった。
ロスタイムの範中で超過料金はかからなかったけれど、ご迷惑をおかけしてしまった。
今後のハイキングにおいて、コースタイムは意識した上、余裕をもったスケジューリングが必要だと思った。
訪問者数:440人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 前泊
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ