また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 510941 全員に公開 ハイキング甲信越

鳳凰三山(地蔵岳)日帰り

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道20号線から青木鉱泉へ向かいます
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間20分
休憩
1時間50分
合計
13時間10分
S青木鉱泉06:1008:00南精進ヶ滝08:1009:00白糸の滝09:1010:10五色の滝10:3012:00鳳凰小屋12:3013:40地蔵岳14:0014:30鳳凰小屋14:4015:40五色の滝15:5016:40白糸の滝17:50南精進ヶ滝19:00青木鉱泉19:20駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
南精進滝の辺りで日が暮れてしまいました。
コース状況/
危険箇所等
コースは赤ラインや赤テープが折々にあってわかりやすいです。
その他周辺情報武田乃郷 白山温泉 600円
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 山座布団 地面が湿っていたのであった方が座りやすい

写真

青木鉱泉
朝6時の少し前の時点で駐車場は満杯だったので、離れた山道に駐車。
2014年09月14日 06:10撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青木鉱泉
朝6時の少し前の時点で駐車場は満杯だったので、離れた山道に駐車。
トリカブト
2014年09月14日 07:36撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト
1
南精進滝
滝見台から目の前にドーンとよく見えます。
2014年09月14日 08:04撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南精進滝
滝見台から目の前にドーンとよく見えます。
1
きのこ
手のひら大。たぶん食べられないでしょうね。
2014年09月14日 08:38撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きのこ
手のひら大。たぶん食べられないでしょうね。
五色滝
構図が悪い・・・。以前5月に来た時に比べると水量がかなり少ない気がします。
2014年09月14日 10:38撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色滝
構図が悪い・・・。以前5月に来た時に比べると水量がかなり少ない気がします。
1
鳳凰小屋の手前の河原からオベリスクが良く見えます。
曇りがちだったので、しばしの晴れ間に撮影。
2014年09月14日 11:38撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋の手前の河原からオベリスクが良く見えます。
曇りがちだったので、しばしの晴れ間に撮影。
2
鳳凰小屋
ビールが大量に冷えています。
2014年09月14日 12:37撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋
ビールが大量に冷えています。
1
小屋を過ぎ、林を抜けると砂山。
日向山を思い出すけれどこれは遥かに長い。重力感じます。
2014年09月14日 13:14撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋を過ぎ、林を抜けると砂山。
日向山を思い出すけれどこれは遥かに長い。重力感じます。
頂上・・・残念ながら真っ白で下の景色は見えず。
お地蔵様がたくさん祀られています。
2014年09月14日 13:38撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上・・・残念ながら真っ白で下の景色は見えず。
お地蔵様がたくさん祀られています。
こんな岩の隙間にもお地蔵様が。
2014年09月14日 13:40撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな岩の隙間にもお地蔵様が。
1
オベリスク
どなたか立っていますが、そのおかげで大きさが良くわかります。
2014年09月14日 13:41撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オベリスク
どなたか立っていますが、そのおかげで大きさが良くわかります。
2
雲の切れ間から観音岳かな。
2014年09月14日 13:59撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の切れ間から観音岳かな。
鳳凰小屋に戻ってきました。人にあふれています。
5月にはガラガラでしたが、今がオンシーズンなんですね。
2014年09月14日 14:38撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋に戻ってきました。人にあふれています。
5月にはガラガラでしたが、今がオンシーズンなんですね。
ホウオウシャジン
2014年09月14日 14:41撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホウオウシャジン
1
尻尾の青い鳥
2014年09月14日 14:47撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尻尾の青い鳥
1
だいぶ下ってきました。
急いで下山しなくては!
2014年09月14日 14:54撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ下ってきました。
急いで下山しなくては!
撮影機材:

感想/記録

今回は大反省です。途中で体力が尽きて、コースタイム11時間半のはずが13時間かかり、完全に日が暮れました。何年か前に地蔵岳に挑戦した時に高山病になり、下山のことを考えるともう無理だと判断、鳳凰小屋でリタイヤして引き返したことがあったので、その時の悔しさもあり今回の失敗につながりました。

鳳凰小屋で12時になっていたので、ここで引き返すか迷ったのですが、余力があると思い、山頂に向かってしまいました。砂山で体力をかなり消耗してしまい、下山のコースタイムがポイントごとにどんどん遅れていき、日が沈むのと競争状態で下っていましたが、先に体力が尽きて1時間ほど暗闇をヘッドライトで進む羽目になりました。体力が限界に達している状態で暗くなると気力もなえて、判断力が鈍るので危ないです。足が生まれたての小鹿状態になり、膝ガクガクでした。体力の限界に達して、「歩いていれば時間がかかってもいつか必ず到着する。止まったら1mmも進まない。」と思い続け、気力だけで歩いていました。
私の体力レベルでは、次回来るときは絶対に日帰りではなく山小屋泊まりにしようと思います。
訪問者数:429人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/20
投稿数: 17
2014/9/16 1:31
 お疲れ様でした
無事に下山されてよかったですね。
登録日: 2014/5/14
投稿数: 1
2014/9/17 21:34
 Re: お疲れ様でした
torajirou100様
ありがとうございます。
日暮前に下山が鉄則だなと改めて感じました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ