また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 535168 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

仙丈ヶ岳で南ア入門

情報量の目安: A
-拍手
日程 2014年08月23日(土) ~ 2014年08月24日(日)
メンバー , その他メンバー2人
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口・北沢峠には、山梨側からのアプローチと長野側からのアプローチがあります。
山梨側は、芦安→広河原→北沢峠というバスを2回乗り継ぐルート。
長野側は、伊那の仙流荘→北沢峠の直通ルート。

関東からは山梨のほうが近いのですが、土砂崩れの影響により芦安からアプローチできずに奈良田から出発しないといけませんでした。
奈良田に行くには甲府で高速を降りて、下道をかなり走らないといけません。時間的には長野側から行ってもあまり変わりません。バスに2回乗るのも面倒なので長野側から登山口を目指しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間10分
休憩
1時間40分
合計
5時間50分
S北沢峠08:5010:10薮沢大滝ノ頭11:20小仙丈ヶ岳11:4012:40仙丈ヶ岳13:2013:30仙丈小屋14:1014:40馬の背ヒュッテ
2日目
山行
1時間30分
休憩
0分
合計
1時間30分
馬の背ヒュッテ05:0005:10薮沢小屋05:20薮沢大滝ノ頭06:30北沢峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2014年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コッヘル 食器 地図(地形図) ヘッドランプ ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ

写真

北沢峠からスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢峠からスタート。
始めは傾斜が緩やかです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始めは傾斜が緩やかです。
3合目を過ぎると傾斜がやや急に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目を過ぎると傾斜がやや急に。
4合目通過。ガレ場になって、ちょっと歩きにくくなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目通過。ガレ場になって、ちょっと歩きにくくなってきました。
5合目を過ぎてちょっと登ると植生がハイマツに変わってきます。
森林限界を超えたようです。眺めがよくなるものあと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目を過ぎてちょっと登ると植生がハイマツに変わってきます。
森林限界を超えたようです。眺めがよくなるものあと少し。
視界が開けました。ピークが見えますけど山頂ではありません(>_<)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が開けました。ピークが見えますけど山頂ではありません(>_<)
本日のお宿「馬ノ背ヒュッテ」が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のお宿「馬ノ背ヒュッテ」が見えます。
小仙丈ヶ岳(標高:2864 m)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈ヶ岳(標高:2864 m)
1
ここは仙丈ヶ岳と小仙丈カールの展望ポイントなんですけど山頂は雲の中・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは仙丈ヶ岳と小仙丈カールの展望ポイントなんですけど山頂は雲の中・・・
山梨銘菓・信玄餅でひと休み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨銘菓・信玄餅でひと休み。
1
飲み物はやっぱり南アルプスの天然水。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飲み物はやっぱり南アルプスの天然水。
小仙丈ヶ岳出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈ヶ岳出発。
ちょっとした岩場を下ると階段の登りが始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした岩場を下ると階段の登りが始まります。
登っている途中に振り返ると甲斐駒ケ岳にかかった雲がなくなって山頂まで見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っている途中に振り返ると甲斐駒ケ岳にかかった雲がなくなって山頂まで見えました。
さらに登ると右側に藪沢カールが見えてきます。やっと山頂が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに登ると右側に藪沢カールが見えてきます。やっと山頂が見えてきました。
仙丈ヶ岳山頂到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳山頂到着。
1
あのちょこんと尖っているのは地蔵岳のオベリスクですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのちょこんと尖っているのは地蔵岳のオベリスクですね。
1
北岳(左)と間ノ岳(右)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳(左)と間ノ岳(右)。
山頂からのパノラマ写真。歩いてきた稜線の向こうには南アルプスの名だたる名山が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からのパノラマ写真。歩いてきた稜線の向こうには南アルプスの名だたる名山が見えます。
1
山頂は広くないので、藪沢カールを駆け下りてランチにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は広くないので、藪沢カールを駆け下りてランチにします。
1
今回のランチはパスタ調理に挑戦。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のランチはパスタ調理に挑戦。
たらこスパ。まずい… 大失敗でした…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たらこスパ。まずい… 大失敗でした…
宿泊した馬ノ背ヒュッテの夕食。お代わり可でしたが、全員可能ではなく早い者勝ち…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿泊した馬ノ背ヒュッテの夕食。お代わり可でしたが、全員可能ではなく早い者勝ち…
1

感想/記録
by jaune

南アルプス入門のために仙丈ヶ岳に登りました。

日帰りで行けなくもないのですが、富士山の山小屋に泊まって以来すっかり山小屋嫌いになっている同行者に山小屋慣れしてもらうために1泊で。

山頂直下の仙丈小屋は満員だったので馬ノ背ヒュッテに泊まりました。こちらも混雑していました。
部屋は大部屋。非常に小さい枕が置いてあります。
この時点で同行者の顔が曇ります。

ならば、食事で挽回を!!ともくろみましたが、夕食のカレーはやや冷めている… 配膳されてから少し時間が経ってしまったのでしょう。お代わりしたら暖かいカレーが食べられました。ただし、全員お代わりできません。早い者勝ちです。

小ぢんまりした山小屋なので談話室のようなスペースはありません。夕食前は食堂にいられるのですが、夕食が始めると食後は布団の上にいるしかありません。
あまり快適な滞在とはいかず、同行者の山小屋イメージに改善は失敗に…

前の週に泊まった燕岳の燕山荘はもっと快適だったので、山小屋のイメージを変えられるかと思ったんですけど…

朝はゆっくりしてのんびり下山する予定でしたが、相談の結果、長居の必要なしということで、1泊2食で予約していましたが、朝食をキャンセルする旨を山小屋のスタッフさんに告げて、早朝に下山しました。

仙流荘への始発バスのまえに登山口に到着。並んでいたら、少し早めにバスを出してくれました。ただし、早すぎて、仙流荘のお風呂には入れませんでした。

快適な山小屋泊とはいきませんでしたが、山頂から見る南アルプスの山々は素晴らしい。ぜひ、他の南アの山にも登ってみたいですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:260人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ