また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 537569 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

八丁山・お伊勢山・鷹ノ巣山

日程 2014年10月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
(往路)東日原バス停
(復路)倉戸口バス停 ※バスがなかったため奥多摩湖バス停まで移動
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間41分
休憩
44分
合計
8時間25分
S東日原バス停08:0510:25八丁山(巳ノ戸山)10:2611:21お伊勢山11:2511:37鞘口ノクビレ11:3812:38ヒルメシクイノタワ12:5913:32鷹ノ巣山13:4014:03水根山(金佐ノ頭)14:0414:20榧の木尾根-水根分岐14:2114:40榧の木山(長久保山)15:23倉戸山15:2416:24倉戸口バス停16:3016:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
巳ノ戸尾根は八丁山手前までは幅の広い広葉樹林の尾根が続きます。ルート探しは容易。八丁山山頂手前に岩場・痩せ尾根あり。私でも通れたので技術的な難易度はあまり高くありませんが、通過はくれぐれも慎重に。
八丁山からはコンパスで方位の確認必須。山頂からはどの方向にも進めそうに見えます。
八丁山からお伊勢山までの鷹ノ巣尾根は左右とも滑落すれば100m以上落下しそうな急傾斜です。足運びは慎重に。
稲村岩尾根・ヒルメシクイノタワに合流する直前はかなりの急登です。ここも滑落しないようにご注意願います。
過去天気図(気象庁) 2014年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

八丁山手前の岩稜帯。
2014年10月30日 00:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁山手前の岩稜帯。

感想/記録

登山道のないルートに初めて挑戦してみました。事前にヤマレコその他で情報収集して挑んだにもかかわらず、巳ノ戸尾根への取り付きで左折箇所をそのまま直進してしまいました。ただ、尾根北面の鹿よけフェンス下端まで進んでも尾根上に上がれることは確認できました。

八丁山までの途中の岩稜地帯、多くの方が言及しているように見た目よりも手がかり・足がかりが多く、私のような初心者でも突破に困難は感じませんでしたが、浮石などが全くないわけではないので私のような初心者は慎重に進んだほうがいいと思います。

八丁山から先、鷹ノ巣尾根は痩せ尾根が連続しており、左右も滑落するとただじゃすまないようなところが多いので、先の岩稜地帯以上に気を使いました。こちらも技術的な困難はなく、慎重に進めば大丈夫かと思いますが、初心者の単独行は避けておいたほうがいいかも。私も単独行でしたから大きなことは言えませんが。

鷹ノ巣山からの下り、榧ノ木尾根は人気が少なく、巳ノ戸尾根とあまり印象が変わらなかったです。落ち葉で踏み跡不明瞭、テープも少なく、暗くなってからの歩行は結構怖いかも。

山行の写真つきの詳細な記録は以下の日記にて公開しております。

http://mudabonefactory.blog.fc2.com/blog-entry-222.html
訪問者数:557人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

コンパス 急登 滑落 タワ 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ