また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 53922 全員に公開 沢登り丹沢

表丹沢/葛葉川水系 洗沢(アレー沢)

日程 2009年12月29日(火) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ時々曇り(予想より暖かい)
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

菜の花台12:07−
西尾根を秦野農場に向け下降−
12:30林道−
12:41洗沢−
13:05堰堤上の二俣13:18−
13:55三角山(600m)14:20−
14:30菜の花台
コース状況/
危険箇所等
■菜の花台から秦野農場への下降路
  ・菜の花台は秦野市街から相模湾、伊東方面まで見渡せる展望地。
   車は十数台駐車でき、きれいなトイレと展望台がある。
  ・展望台の先にある径路に従い西方向への尾根を下ると
   植生保護柵がある。通過する際は必ずゲートを閉めるように。
   (本来は南西尾根を向山集落へ向け下降するつもりであったが
    今日に限って1/25000地形図を家に忘れてしまい、
    出だしから間違ってしまった。
    やはりエアリア(山と高原の地図)では全然当てにならない。)
  ・鉄塔の下を通過し、さらに尾根上を下降すると、途中から
   径路は左下方向へ降りている。
   ジグザグを切りながら明確な踏み跡を降りると、林道と合流する。
   洗沢、堂屋敷沢、滝ノ沢、モトデイリ沢へはこの林道を右に行く。
  ・植林の間、上部に送電線を越えてすぐ先に右から流れ込む谷が
   洗沢(アレー沢)。

■洗沢(アレー沢)
  ・水量は非常にか細く、まず濡れることはない。
  ・沢登りというよりも沢を使ったバリエーションルートというくらい
   短く滝もほとんどない沢だ。
   途中の堰堤は平成19年度製で新しい。上部の堰堤は石積み堰堤である。
  ・水量のある方に進み、水の完全に涸れた最後の二俣はどちらも行けるが
   今回はスカイラインの見える右沢を登る。
   斜度40度くらいの急斜面だが特に問題なく三角山600m横に出る。
   反対側は県道70号線がすぐ下に見える。
  ・右へ歩を進め、すぐの平らな三角山から西(右)に伸びる尾根を行けば
   程なく菜の花台に戻れる。


ご注意)当ルートはバリエーションであり、沢登り技術、読図技術をマスターし、
    装備も万全を配している方向きです。
    一般登山のみの方はご遠慮いただき、同様のルートを行こうとする場合は
    ベテランと同行されるとか、必要な技術を講習等でマスターして下さい。
ファイル 20091229karakigosawa.xls (更新時刻:2009/12/28 21:50)
過去天気図(気象庁) 2009年12月の天気図 [pdf]

写真

名古木(ながぬき)方面にクマ出没の痕跡
2009年12月29日 12:06撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名古木(ながぬき)方面にクマ出没の痕跡
菜の花台
展望がすこぶるよい
2009年12月29日 12:07撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菜の花台
展望がすこぶるよい
西尾根に向かう(というか向かってしまった)
2009年12月29日 12:09撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西尾根に向かう(というか向かってしまった)
鉄塔を通過
2009年12月29日 12:13撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔を通過
下降径路
2009年12月29日 12:15撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降径路
ここで径路は左手に降りている
2009年12月29日 12:24撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで径路は左手に降りている
なおも径路を追うと林道と合流
2009年12月29日 12:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なおも径路を追うと林道と合流
林道を北上
2009年12月29日 12:33撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を北上
洗沢は小さな堰堤で始まる
(最後まで小さな堰堤に終始するがね)
2009年12月29日 12:41撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洗沢は小さな堰堤で始まる
(最後まで小さな堰堤に終始するがね)
土溝状の中にか細い水流
2009年12月29日 12:49撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土溝状の中にか細い水流
中流には平成19年度製の新しい堰堤
2009年12月29日 12:57撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中流には平成19年度製の新しい堰堤
長さ(L)3mのナメ
2009年12月29日 13:04撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長さ(L)3mのナメ
二俣を過ぎ左俣へ行くと小ゴルジュになり
この沢で唯一ある4つの小滝が出てくる
2009年12月29日 13:22撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣を過ぎ左俣へ行くと小ゴルジュになり
この沢で唯一ある4つの小滝が出てくる
小滝を越せば石積み堰堤
2009年12月29日 13:24撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝を越せば石積み堰堤
3mの苔岩
2009年12月29日 13:26撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3mの苔岩
最奥の二俣
稜線間近なのでどちらも行けるであろうが
今回は右沢へ
2009年12月29日 13:32撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最奥の二俣
稜線間近なのでどちらも行けるであろうが
今回は右沢へ
詰めはおおよそ40度の斜面
沢の詰めとしては特に問題ない
2009年12月29日 13:48撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰めはおおよそ40度の斜面
沢の詰めとしては特に問題ない
三角山の尾根上に出た
2009年12月29日 13:55撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角山の尾根上に出た
菜の花台に戻る
2009年12月29日 14:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菜の花台に戻る
洗沢遡行図(菜の花台周辺)
2009年12月30日 17:03撮影 by CanoScan 8400F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洗沢遡行図(菜の花台周辺)

感想/記録
by kamog

しまった!
家に地形図(1/10000に拡大したもの)を忘れてしまった。
菜の花台駐車場に着いてから気づいたのだが後の祭り。
仕方ない。今回はエアリア『丹沢』(山と高原地図)で歩くしかない。
結局これがルートミスの始まりだった。
菜の花台から向山集落に降りる尾根は
すぐ先から南側へ降りるのだが
春先に使った西尾根をそのまま下降してしまったのだった。
やはりエアリアでは地形を読むことは全然ダメ。
まぁそれでも仕事道がしっかりついており
目指す下の林道に降りることができたのだが
途中何だか地形がおかしいおかしいと違和感がたしかにあった。

岳ノ台南面の沢へ行くには最近この菜の花台をベースにしている。
堂屋敷沢、滝ノ沢、モトデイリ沢をそれぞれ横断している林道まで
約30分少しで降りられること、
詰めは表丹沢林道で終了すれば
三角山に続く尾根を下降して菜の花台に戻ってこられることが
その理由。
またそれぞれの沢の麓の新田(あらた)の道は
地元の方々の生活道で駐車することは迷惑になる。

この数年、岳ノ台南面の各沢にもヒルが出没している。
だからこそこの時期が最適だと思う。
晴れれば厳冬期だって汗ばむほどだし。

さて今回はほとんど無名の洗沢。
以前はアレー沢とよく記載されていた。
他の沢に比べ一般の沢屋さんにとっては遡行対象外であろう。
まさに地形図のヘコミ歩きといった方が適切かな。
訪問者数:1940人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ