また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 54372 全員に公開 沢登り丹沢

表丹沢/寄沢水系 清兵衛ノ沢

日程 2010年01月06日(水) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ(冬型予報であったが行動中はポカポカ)
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

寄大橋9:00−
9:11登山道入口−
9:45清兵衛ノ沢出合10:05−
10:17清兵衛ノ沢大棚基部−
(右岸高巻き)
右岸尾根壁基部(時間の都合上休憩&引き返し)−
11:13清兵衛ノ沢出合11:30−
12:00寄大橋

コース状況/
危険箇所等
■寄大橋(県道710号線)
  ・駐車スペースは大橋を渡った左側と渡る手前左(数台)
  ・雨山峠方面にゲートとその先に登山届ポストがある
  ・ゲートから徒歩5分ほどにきれいなトイレがある

■アプローチ
  ・寄大橋から雨山峠方向に10〜15分ほど林道を行くと
   右側斜面に上がっていく登山道入口となる。
   ジグザグと約50m登ると、周遊道Aと書かれた標識のところで
   登山道は右へと曲がるが、雨山峠方面に行くには
   左(直進方向)の植生保護柵の半分穴の開いたゲートを開けて進む。
   または、登山道入口から30mほど登ったところに
   「成長の森 川をわたる」(左)「登山道 雨山峠へ」(右)と
   書かれた標識があるので、そこを成長の森方面へ行き
   木橋を渡っても合流できる。
  ・清兵衛ノ沢出合は、標高610m辺りで、右岸(山に向かって左側)登山道が
   小さな木のハシゴで広い河原に降りたところの対岸下流。

■清兵衛ノ沢(大棚まで)
  ・出合から4つの堰堤を高巻く。
   3つ目までは左側から、4つ目は背が低いので適当に巻ける。
  ・4つ目の堰堤で沢は左に向きを変え、その先に目指す大棚が
   ドーム状に大きくえぐられた壁の真ん中に見える。
  ・大棚はどうやら4段構成。見た感じだと下から、
   3m・30m・4m・20mほどであろうか。
   水量は少ないが、特に右壁が大きくえぐられた脆い壁の中で
   堂々と落ちている姿は素晴らしい。
   対岸の奥にあるイイハシの大滝ほど水量はないが、
   落差は双璧をなすほどだ。
  ・今回は時間の制約があり登らなかったが
   岩質は一言脆い。
   支点は途中のブッシュが使えそうだが巻いた方が賢明だろう。
  ・高巻きは、手前左側の浅くザレたルンゼ状を登ると
   高さ的には上段基部辺りで壁に突き当たる。
   やはり脆そうだが、木が生えているのでモンキークライムで
   登れそうだ。

ご注意)当ルートはバリエーションであり、沢登り技術、読図技術をマスターし、
    装備も万全を配している方向きです。
    一般登山のみの方はご遠慮いただき、同様のルートを行こうとする場合は
    ベテランと同行されるとか、必要な技術を講習等でマスターして下さい。
ファイル 20100106seibeenosawa.xls (更新時刻:2010/01/05 00:13)
過去天気図(気象庁) 2010年01月の天気図 [pdf]

写真

林道が終わり登山道へ
2010年01月06日 09:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道が終わり登山道へ
登山道入口から約50m登ると
ボランティア林Aと書かれた標識があるが
雨山峠へは正面の柵ゲートを行く
2010年01月06日 09:18撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入口から約50m登ると
ボランティア林Aと書かれた標識があるが
雨山峠へは正面の柵ゲートを行く
寄沢を渡る開放的な河原
対岸の赤テープを見逃さないように
2010年01月06日 09:26撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄沢を渡る開放的な河原
対岸の赤テープを見逃さないように
橋が架かっている
2010年01月06日 09:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋が架かっている
標高610m付近で登山道は再び河原へ降りる
この小さなハシゴを降り
対岸の少し下流に合わさるのが清兵衛ノ沢
2010年01月06日 09:46撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高610m付近で登山道は再び河原へ降りる
この小さなハシゴを降り
対岸の少し下流に合わさるのが清兵衛ノ沢
河原に降りたところ
この少し上流には寄沢本流(イイハシの大滝がある沢)が左から合わさっている
2010年01月06日 09:47撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原に降りたところ
この少し上流には寄沢本流(イイハシの大滝がある沢)が左から合わさっている
清兵衛ノ沢に入ると高い堰堤
左から巻く
2010年01月06日 10:05撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清兵衛ノ沢に入ると高い堰堤
左から巻く
2番目の堰堤
やはり左から巻く
2010年01月06日 10:09撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番目の堰堤
やはり左から巻く
3番目の堰堤
2010年01月06日 10:09撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3番目の堰堤
4番目の堰堤
この奥に大棚がある
2010年01月06日 10:13撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4番目の堰堤
この奥に大棚がある
清兵衛ノ沢大棚
4段構成で落差は60m程度か
2010年01月06日 10:14撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清兵衛ノ沢大棚
4段構成で落差は60m程度か
1
4番目の堰堤と大棚
2010年01月06日 10:14撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4番目の堰堤と大棚
右側の壁
青ザレだ
2010年01月06日 10:20撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の壁
青ザレだ
大棚を左から巻いている途中
2010年01月06日 10:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚を左から巻いている途中
今日は戻ることにする
2010年01月06日 11:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は戻ることにする
登山道入口から少し登ったところにある
この標識を左の成長の森方向に行っても
登山道と合流できる
2010年01月06日 11:47撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入口から少し登ったところにある
この標識を左の成長の森方向に行っても
登山道と合流できる
ご注意ください
2010年01月06日 12:00撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご注意ください
訪問者数:2087人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2010/1/6 17:21
 清兵衛ノ沢
kamogさん
あけましておめでとうございます。

大棚
まさに行く手を阻む
清兵衛ノ沢大棚 凄いですね
増水後に訪れたら 更に圧倒されそうです。

開放的な川原から眺められる
鍋割峠上の青い空きれいです

ところで 玄倉林道の通行止区間が延長され
仲ノ沢林道分岐からとなりましたが
いよいよ 隧道工事が行われるんでしょうか?
情報がありましたらご提供下さい。

本年もよろしくお願いします。
登録日: 2005/11/15
投稿数: 537
2010/1/7 0:34
 おめでとうございます
koshibaさん
新年あけましておめでとうございます

今年の初日の出はとてもきれいでしたね。
この調子で景気も回復してくれるとよいんですが

玄倉林道の情報確認してみます。
仲ノ沢林道分岐までダメだとすると
ますます玄倉川アプローチが困難になってしまうので
早く解決してもらいたいものです。

清兵衛ノ大滝の記録は東京雲稜会「丹沢の山と谷」を
見たときから一度は確認してみたいと思っていました。
ドーム状にえぐられた壁の中を
一条の流れが60m以上落ちる姿は
何か異様な雰囲気さえ感じられました。
西のイイハシの大滝、東の清兵衛ノ大滝と
双璧ですね。
ただあのエリアの特長ともいうべき
岩のもろさも一品ですが
登録日: 2005/11/15
投稿数: 537
2010/1/24 23:51
 玄倉林道情報
koshibaさん

仲間のパークレンジャーから玄倉林道の通行止め情報を
確認しました。
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/05/1644/rindou-info/kenkurokura.html

再来年まで使えませんね。
芋ノ沢、女郎小屋沢は特に不便になります。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ