また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 5552128 全員に公開 ハイキング 阿蘇・九重

大船山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2023年05月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ、後に曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
男池の駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:49
距離
15.2 km
登り
1,432 m
下り
1,423 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間32分
休憩
15分
合計
6時間47分
S男池登山口07:5007:53男池07:5408:11かくし水08:1208:33ソババッケ09:17大戸越09:2009:45平治岳09:5110:20大戸越10:55北大船山11:02段原11:0311:23大船山避難小屋11:36大船山12:24前セリ(東尾根分岐)12:2513:30カワラモト13:34雨堤13:3513:51白水鉱泉 黒嶽荘14:03白水鉱泉 白泉荘14:0414:30名水の滝14:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
黒岳の周回ルート(前セリーカワラモト)は荒れていて、マーカーも古く迷いやすいです。しかも、林業用?でコースとは別のマーカー(赤で幅5cmぐらい)もあります。
過去天気図(気象庁) 2023年05月の天気図

写真

スタートは男池から。こんこんと湧いてます。
2023年05月28日 07:52撮影 by iPhone 12 miniApple
スタートは男池から。こんこんと湧いてます。
2
緑がきれいです。
2023年05月28日 07:56撮影 by iPhone 12 miniApple
緑がきれいです。
隠れていない「かくし水」。場所もちょっとずれてるようです。
2023年05月28日 08:12撮影 by iPhone 12 miniApple
隠れていない「かくし水」。場所もちょっとずれてるようです。
1
倒木をのぞいてみると、、、。貫通してました。立木の時から、自然にこうなった?
2023年05月28日 08:15撮影 by iPhone 12 miniApple
倒木をのぞいてみると、、、。貫通してました。立木の時から、自然にこうなった?
1
ソババッケに到着。いつの間にか曇ってます。行きに長者原から見たときは九重連山バッチリだったのに、、、。
2023年05月28日 08:33撮影 by iPhone 12 miniApple
ソババッケに到着。いつの間にか曇ってます。行きに長者原から見たときは九重連山バッチリだったのに、、、。
うどん越しに到着。さっそくミヤマキリシマがお出迎え。
2023年05月28日 09:16撮影 by iPhone 12 miniApple
うどん越しに到着。さっそくミヤマキリシマがお出迎え。
2
まずは平治岳に。
2023年05月28日 09:39撮影 by iPhone 12 miniApple
まずは平治岳に。
展望は今ひとつ。黒岳すら見えない
2023年05月28日 09:40撮影 by iPhone 12 miniApple
展望は今ひとつ。黒岳すら見えない
1
どんどんガスが発生。
2023年05月28日 09:43撮影 by iPhone 12 miniApple
どんどんガスが発生。
平治岳に到着。
2023年05月28日 09:45撮影 by iPhone 12 miniApple
平治岳に到着。
4
山頂付近は結構咲いている!
2023年05月28日 09:45撮影 by iPhone 12 miniApple
山頂付近は結構咲いている!
3
そこ
2023年05月28日 09:46撮影 by iPhone 12 miniApple
そこ
かしこに
2023年05月28日 09:46撮影 by iPhone 12 miniApple
かしこに
1
2023年05月28日 09:46撮影 by iPhone 12 miniApple
1
時々坊ガツルが見える。テントがたくさん。
2023年05月28日 09:48撮影 by iPhone 12 miniApple
時々坊ガツルが見える。テントがたくさん。
麓の方もよく見える。
2023年05月28日 09:50撮影 by iPhone 12 miniApple
麓の方もよく見える。
1
うどん越しに戻って北大船山に登り直し。さっきまでいた平治岳がもうあんなに遠くに。
2023年05月28日 10:41撮影 by iPhone 12 miniApple
うどん越しに戻って北大船山に登り直し。さっきまでいた平治岳がもうあんなに遠くに。
北大船山の手前。見頃はもうちょっと後かな?
2023年05月28日 10:50撮影 by iPhone 12 miniApple
北大船山の手前。見頃はもうちょっと後かな?
三種混合。株によって微妙に色が異なる?
2023年05月28日 10:52撮影 by iPhone 12 miniApple
三種混合。株によって微妙に色が異なる?
1
北大船山に到着。
2023年05月28日 10:55撮影 by iPhone 12 miniApple
北大船山に到着。
4
こちらも結構咲いている!
2023年05月28日 10:56撮影 by iPhone 12 miniApple
こちらも結構咲いている!
2
2023年05月28日 10:56撮影 by iPhone 12 miniApple
1
2023年05月28日 10:56撮影 by iPhone 12 miniApple
2
坊ガツルもまた見える
2023年05月28日 10:57撮影 by iPhone 12 miniApple
坊ガツルもまた見える
1
去年このあたりから、久住を背景に撮ったような、、、。今日は雲の中。
2023年05月28日 11:01撮影 by iPhone 12 miniApple
去年このあたりから、久住を背景に撮ったような、、、。今日は雲の中。
2
段原から望む山頂。
2023年05月28日 11:02撮影 by iPhone 12 miniApple
段原から望む山頂。
1
避難小屋で食事の後、山頂到着!
2023年05月28日 11:36撮影 by iPhone 12 miniApple
避難小屋で食事の後、山頂到着!
4
下りにもそこそこ咲いてる。
2023年05月28日 11:36撮影 by iPhone 12 miniApple
下りにもそこそこ咲いてる。
2
ここが分岐。普段は気にせず、右に。今日は左!
2023年05月28日 11:38撮影 by iPhone 12 miniApple
ここが分岐。普段は気にせず、右に。今日は左!
標高差500m。一気に下ってきます。
2023年05月28日 11:53撮影 by iPhone 12 miniApple
標高差500m。一気に下ってきます。
1
途中、梢の間から天狗岩も。
2023年05月28日 12:09撮影 by iPhone 12 miniApple
途中、梢の間から天狗岩も。
2
風穴方面の道に到着。
2023年05月28日 12:25撮影 by iPhone 12 miniApple
風穴方面の道に到着。
さらに10分程で河原に。ここからが難しい。
2023年05月28日 12:36撮影 by iPhone 12 miniApple
さらに10分程で河原に。ここからが難しい。
コースの入口をやっと発見。でも、大荒れでコース取りが本当に大変でした。
2023年05月28日 12:36撮影 by iPhone 12 miniApple
コースの入口をやっと発見。でも、大荒れでコース取りが本当に大変でした。
上峠ふきんの大きな木。
2023年05月28日 13:29撮影 by iPhone 12 miniApple
上峠ふきんの大きな木。
1
黒だけ周辺は新緑が美しい。
2023年05月28日 13:32撮影 by iPhone 12 miniApple
黒だけ周辺は新緑が美しい。
1
雨堤に到着。河原から長かった、、、。
2023年05月28日 13:38撮影 by iPhone 12 miniApple
雨堤に到着。河原から長かった、、、。
白水鉱泉。炭酸でちょっと甘みがあって、本当に美味しい!いくらでも飲めます。
2023年05月28日 14:00撮影 by iPhone 12 miniApple
白水鉱泉。炭酸でちょっと甘みがあって、本当に美味しい!いくらでも飲めます。
3

感想/記録

そろそろミヤマキリシマの季節?と思い、男池から平治岳、大船山とぐるっと黒岳を周回するコースで行ってみました。行きに長者原から見たときはきれいに晴れていたのに、ソババッケに着く頃には曇り空。うどん越しまで登ってみれば、、、。三俣山すら見えず、時折坊ガツルが見えるだけでした。でも、ミヤマキリシマはそこそこ咲いてました。ただ、途中で立ち話した年配の方曰く「全然ダメ」とのことで、平治岳では多くの株が病気にやられているようです。まだ時期が早いのかと思っていましたが、芽が茶色なのでそうでもないようです。これからどうなるんでしょう?
一旦、うどん越しまで戻り、今度は北大船山に。こちらは芽が緑で、病気ではなくもうちょっとだと思います。ただ、山頂標識の周辺はたくさん咲いていました。良かった〜。避難小屋で昼食を摂った後、極寒キャンプ以来の大船山の山頂に。やっぱり雪がないと全然楽ですね〜。前回、迷ったところも難なく通過。山頂からは一気に下るルートを選択。おそらく、九重連山の3大急登の一つ。(残りは、坊ガツルから三俣山南峰と、鉾立峠から白口岳のルート)結構急でしたが、コースはしっかり整備されていて、他の2ルートよりは登りやすいかと。河原に降りた後は、ほとんどマークのない黒岳周回ルートを経て白水鉱泉に。マークの大半は色あせて、中には下に落ちているものも、踏み跡も僅かでとにかく迷い易いです。さらに途中に新しい赤の幅広マーカーがありますが、恐らく林業関係?でコースとは関係ないので要注意です。最後は半分藪漕ぎでした。白水鉱泉の炭酸水は魅力ですが、このコースはできれば避けたいですね。鉱泉からは車道を歩いて男池の駐車場に戻りました。先週の傾き同様に暑くて、汗かきまくりで、最後はバテバテでした。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:342人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ