また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 559665
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
近畿

芝田富士(271m)〜祇園嶽(340m) 新龍アルプス北域のプチ薮周回(兵庫県たつの市)

2014年12月10日(水) [日帰り]
 - 拍手
GPS
07:07
距離
13.9km
登り
733m
下り
718m

コースタイム

◆所要時間 7時間10分  ●歩行距離 14.1Km  ▲総上昇量 863m

 09:20 道の駅「しんぐう」
 10:20 芝田富士(こげたふじ)/ 荒神山(こうじんさん)「△271m」
 11:05 点名:市野保(いちのほ)「検Β340.02m」
 13:15 大成山(おおなりざん)「検Β388.22m」
 14:40 祇園嶽(ぎおんだけ)「掘Φ星犹魁覆おんやま)△340.19m」
 16:30 道の駅「しんぐう」
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2014年12月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
●乗用車
 ・国道179号線で新宮町芝田(こげた)の「道の駅 しんぐう」を
  目差します。
◎駐車場
 ・入口付近の駐車場は混雑するので、奥の施設前に車を入れる。
コース状況/
危険箇所等
▲山行概要
・ほとんど紹介されていない新龍アルプス北部の山域を周回する。
々喊声劼ら急な小尾根を上がり、快適尾根をP328mへ周回するが
 定まった道は無い。
⊆‖茲北道となり薄い踏み跡の境界杭を追い、やがて灌木の薮を抜け
 て寺床池畔に出る。
C咾留當蕕魃曚┐襪函廃道化した不明瞭な作業道になり、再び薮を
 突破して新池を通過する。
い笋て薮を分けて歩きやすい自然歩道に合流する。
ゲ嫉海隣郤蠱コースの荒れ道が一部で崩壊し、高巻きをしながらの
 降下を強いられる。
ルート詳細図(クリック➡詳細➡拡大)
2
ルート詳細図(クリック➡詳細➡拡大)
芝田富士3D
2014年12月12日 22:37撮影
1
12/12 22:37
芝田富士3D
出発地の「道の駅:しんぐう」から中央の芝田富士を見上げる
2014年12月10日 18:57撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
1
12/10 18:57
出発地の「道の駅:しんぐう」から中央の芝田富士を見上げる
右端の芝田富士(荒神山)へ向かいます
2014年12月10日 18:57撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
1
12/10 18:57
右端の芝田富士(荒神山)へ向かいます
ゲートを開けて「荒神社」への参道を登る
2014年12月10日 09:31撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 9:31
ゲートを開けて「荒神社」への参道を登る
山腹に祀られている「荒神社」
2014年12月10日 09:35撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 9:35
山腹に祀られている「荒神社」
神社の右から歩きやすい小尾根を登る
2014年12月10日 09:38撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
1
12/10 9:38
神社の右から歩きやすい小尾根を登る
薮っぽい小尾根にも杣道がある
2014年12月10日 10:00撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 10:00
薮っぽい小尾根にも杣道がある
一登りで芝田富士の荒神山に到着
2014年12月10日 10:09撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
4
12/10 10:09
一登りで芝田富士の荒神山に到着
薮尾根に共同視聴アンテナの残骸が残る
2014年12月10日 10:49撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 10:49
薮尾根に共同視聴アンテナの残骸が残る
点名:市野保の山頂
2014年12月10日 11:03撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
1
12/10 11:03
点名:市野保の山頂
点名:市野保の四等三角点標石「権340.02m」
2014年12月10日 10:59撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
1
12/10 10:59
点名:市野保の四等三角点標石「権340.02m」
山頂直下の展望岩場
2014年12月10日 11:11撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 11:11
山頂直下の展望岩場
左に「祇園嶽」の歪なピークが対峙する
2014年12月10日 11:14撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
3
12/10 11:14
左に「祇園嶽」の歪なピークが対峙する
東に遠く宍粟の「水剣山と黒尾山」のシルエットが見える
2014年12月10日 11:17撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 11:17
東に遠く宍粟の「水剣山と黒尾山」のシルエットが見える
展望岩場から藪尾根の踏み跡を追う
2014年12月10日 11:35撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 11:35
展望岩場から藪尾根の踏み跡を追う
シダ藪にも明瞭な踏み跡や目印があります
2014年12月10日 11:35撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 11:35
シダ藪にも明瞭な踏み跡や目印があります
この「328mPK」で昼食
2014年12月10日 11:36撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 11:36
この「328mPK」で昼食
「ヤマモモ」の巨樹に出合う
2014年12月10日 22:13撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
1
12/10 22:13
「ヤマモモ」の巨樹に出合う
寺床池に湿地帯が広がる
2014年12月10日 19:57撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
3
12/10 19:57
寺床池に湿地帯が広がる
山中の分岐道標
2014年12月10日 13:01撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 13:01
山中の分岐道標
薮に囲まれた大成山の山頂
2014年12月10日 13:12撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 13:12
薮に囲まれた大成山の山頂
大成山の四等三角点標石「限臉山△388.22m」
2014年12月10日 13:11撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
1
12/10 13:11
大成山の四等三角点標石「限臉山△388.22m」
尾根に続く国有林標石と境界見出し標
2014年12月10日 13:20撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 13:20
尾根に続く国有林標石と境界見出し標
新池へ道なき道の薮を分けて進みます
2014年12月10日 13:21撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 13:21
新池へ道なき道の薮を分けて進みます
分岐の道標から明瞭な登路に出て、亀の池へ向かう
2014年12月10日 13:29撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 13:29
分岐の道標から明瞭な登路に出て、亀の池へ向かう
「水争い遺称地」の標柱
2014年12月10日 13:42撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 13:42
「水争い遺称地」の標柱
「水争い遺称地」の説明
2014年12月10日 22:23撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
1
12/10 22:23
「水争い遺称地」の説明
沢の流れに沿って「亀の池」へ向かう
2014年12月10日 13:44撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 13:44
沢の流れに沿って「亀の池」へ向かう
山上にある静かな佇まいの「亀の池」
2014年12月10日 22:26撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
4
12/10 22:26
山上にある静かな佇まいの「亀の池」
大きな「亀岩」
2014年12月10日 14:07撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
2
12/10 14:07
大きな「亀岩」
シダ藪を分けて「祇園嶽」へ向かう
2014年12月10日 14:19撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 14:19
シダ藪を分けて「祇園嶽」へ向かう
下山分岐を直進
2014年12月10日 14:24撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 14:24
下山分岐を直進
祇園嶽の山頂に埋まる三角点標石「卦星犹晦340.19m」
2014年12月10日 14:30撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 14:30
祇園嶽の山頂に埋まる三角点標石「卦星犹晦340.19m」
「越部八幡神社遷宮」の標柱
2014年12月10日 14:31撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 14:31
「越部八幡神社遷宮」の標柱
山頂から望む東の絶景
2014年12月10日 14:32撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
1
12/10 14:32
山頂から望む東の絶景
左に芝田富士が対峙し、眼下に下山地の市野保集落を望む
2014年12月10日 14:43撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
1
12/10 14:43
左に芝田富士が対峙し、眼下に下山地の市野保集落を望む
山頂から望む北の絶景
2014年12月10日 14:44撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
1
12/10 14:44
山頂から望む北の絶景
下山分岐からナメに沿って慎重に下る
2014年12月10日 15:02撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
1
12/10 15:02
下山分岐からナメに沿って慎重に下る
上堰堤の道標
2014年12月10日 15:09撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 15:09
上堰堤の道標
上堰堤の東屋
2014年12月10日 15:10撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 15:10
上堰堤の東屋
城山城門の穴の開いた礎石
2014年12月10日 15:12撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 15:12
城山城門の穴の開いた礎石
夕陽を浴びる芝田富士
2014年12月10日 15:23撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
2
12/10 15:23
夕陽を浴びる芝田富士
巨大な市野保古墳群
2014年12月10日 15:31撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
12/10 15:31
巨大な市野保古墳群
古墳から望む祇園嶽
2014年12月10日 15:32撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
1
12/10 15:32
古墳から望む祇園嶽
山麓の越部八幡神社
2014年12月10日 15:49撮影 by  COOLPIX P6000, NIKON
2
12/10 15:49
山麓の越部八幡神社
撮影機器:

感想

【感想・コメント】
 ・通過情報の無い迷いやすい山域を歩きましたが、気ままに歩ける
  薄い灌木の尾根に乗り、予想以上に変化に富んだワイルドなプチ
  薮縦走を満喫し、本来の山歩きに大満足しました。
 ・祇園嶽の切れ落ちた岩場からの展望は最高で、東の山々が一望で
  きます。

❒山行詳細記録

★09:20【道の駅しんぐう】
 ・道路脇の駐車場が満車で、奥の広い駐車エリアに車を置き、薮支度を
  して出発。
  国道を北に行き、来栖川に架かる緑の歩道橋を渡って荒神社に向う。
★09:45【荒神社】
 ・道路脇の獣除柵ゲートを開けて落葉の積もる参道を上がると、谷川の
  横の神社に着く。
  ここから登路は無いが、右の尾根に取り付き適当に登って行くと
  僅かな杣道がある。
★10:20【芝田富士】△271m
 ・尾根に乗ると荒神山の小さなプレートがあるが、更に高みへ進むと
  山頂の切り開きがあるが、周囲は灌木に囲まれて展望は望めない。
★11:05【点名:市野保】△340.02m
 ・快適な歩きやすい緩やかな尾根を進み、高みに出ると保護石に
  囲まれた四等三角点があった。
  一息入れて山頂を少し下ると、すこぶる眺めの良い展望岩場に出る。
 ・次のピークを越えるとシダ藪が濃くなり、南の尾根へ誘われそうに
  なったが、背丈のシダ藪に踏み跡を見つけて方向を修正し乢を
  抜ける。ここが核心部かも知れない。
★11:40【328mPK】 〜(昼食)12:10
 ・高みの小広場に出てお昼にするが、快適なプチ薮を歩いてきたので、
  みんなの顔も満足そうだ。
 ・この先は、廃道になった作業道に古い目印テープがあるが、灌木が
  茂り、落ち葉で道が消える。
★12:50【寺床池】
 ・強引に薮を抜けると池畔の湿地に出たが、獣の踏み跡で歩き難い。
 ・池を回り込むと、予想通りの荒れた登路が現れ、やがて立派な案内
  標識に出合う。
★13:15【大成山】△388.22m
 ・登路を外れて薮に踏み込み僅かな高みに向かうと、あっけなく
  四等三角点を見つける。
  ここも灌木の中で展望は無いので、すぐに登路へ戻り、薮を抜けて
  新池へ向かう。
★14:00【亀の池】
 ・大きな山上池の堤に出ると、水鳥が慌てて飛んで行った。
  静かな佇まいの「亀の池」で、暖かい陽光を浴びてコーヒを飲み、
  至福の時を過ごす。
★14:40【祇園嶽】△340.19m
 ・良く踏まれた登山道をルンルン気分で進み、下山分岐を左へ見送って
  一登りで山頂に着く。
 ・すぐ先の岩場からの眺望は抜群で、本当に来て良かったと思う
  瞬間だ。
 ・下山は、分岐に戻って搦手谷を下るが、沢筋が荒れて崩壊地の高巻き
  もあり、少し手強いルートになっている。
★15:55【越部八幡神社】
 ・祇園嶽山頂の「越部八幡神社遷宮の石碑」が気になり、山麓に建て
  られた荘厳な神社に立ち寄る。
★16:30【道の駅しんぐう】
 ・神社から集落の間の狭い道を通って田圃道に出ると、夕陽が傾き
  かけていたが、みんな元気でお喋りが止まらない。
 ・山裾を巡り、入山地の荒神社に無事下山の挨拶をして道の駅へ
  戻った。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:1608人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら