また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 579942 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

地蔵谷第四堰堤中俣、左俣〜右俣・左俣〜黒岩尾根606ピーク

日程 2015年01月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間49分
休憩
12分
合計
5時間1分
Sスタート地点11:4511:56JR新幹線新神戸駅11:5712:02布引の滝12:0512:07布引の滝(雄滝)12:0812:15布引貯水池12:27市が原トイレ12:2912:40天狗道分岐点15:02神戸市境界石15:0315:58ハーブ園山頂駅16:20布引の滝(雄滝)16:2316:31JR新幹線新神戸駅16:3216:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年01月の天気図 [pdf]

写真

市ヶ原の猫達。お腹撫でたら気持ちよさそうに…。
2015年01月25日 12:33撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ヶ原の猫達。お腹撫でたら気持ちよさそうに…。
5
かい〜の、かな。
2015年01月25日 12:33撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かい〜の、かな。
4
躍動感w
2015年01月25日 12:34撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
躍動感w
3
やはりyamaneko222さんのようにうまく撮れない…。名残惜しくも地蔵谷へ。
2015年01月25日 12:35撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはりyamaneko222さんのようにうまく撮れない…。名残惜しくも地蔵谷へ。
3
地蔵谷第四堰堤。ちょっと進んだロープのところから下る。
2015年01月25日 13:15撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵谷第四堰堤。ちょっと進んだロープのところから下る。
一旦中俣を進む。お、なかなか良さげな感じ。左俣はのちほど。
2015年01月25日 13:24撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦中俣を進む。お、なかなか良さげな感じ。左俣はのちほど。
1
夏前にもう一回くらい来たいかも。
2015年01月25日 13:25撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏前にもう一回くらい来たいかも。
立派な岩がありました。
2015年01月25日 13:26撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な岩がありました。
2
見どころのキレイな滝。でもこれを登るのはきつそうだし、奥に堰堤も見える。右手斜面から大きく巻いて越える。
2015年01月25日 13:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見どころのキレイな滝。でもこれを登るのはきつそうだし、奥に堰堤も見える。右手斜面から大きく巻いて越える。
2
堰堤越えてすぐのあたり。どこを進んでも自由な感じ。いくつかある沢筋の中から適したところを進む。
2015年01月25日 13:39撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤越えてすぐのあたり。どこを進んでも自由な感じ。いくつかある沢筋の中から適したところを進む。
2
黒岩尾根通ってたらよく見える滑った大きな岩の下に出る。上にハイカーが一名歩いている。ほどなく合流。
2015年01月25日 13:43撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岩尾根通ってたらよく見える滑った大きな岩の下に出る。上にハイカーが一名歩いている。ほどなく合流。
アドベンチャールート経由で地蔵谷第四堰堤に戻ろうと思うも面倒+危ないところもなかったので、さっき来た谷を今度は下る。
2015年01月25日 13:52撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アドベンチャールート経由で地蔵谷第四堰堤に戻ろうと思うも面倒+危ないところもなかったので、さっき来た谷を今度は下る。
下るとまた違った風景が見られるのがいい感じ。
2015年01月25日 14:06撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下るとまた違った風景が見られるのがいい感じ。
1
地蔵谷第四堰堤到着。写真右奥、左俣を進む。
2015年01月25日 14:07撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵谷第四堰堤到着。写真右奥、左俣を進む。
1
薄暗い感じで不気味かな。
2015年01月25日 14:08撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄暗い感じで不気味かな。
と思ったらすぐに開けていい具合な谷。右岸を進む。
2015年01月25日 14:11撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったらすぐに開けていい具合な谷。右岸を進む。
2
と思ったらすぐ堰堤…。う〜ん。左手から越える。
2015年01月25日 14:12撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったらすぐ堰堤…。う〜ん。左手から越える。
1
越えてすぐ、ここは一旦右俣を進む。あとから戻ってきて左俣も進んでみる。
2015年01月25日 14:14撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越えてすぐ、ここは一旦右俣を進む。あとから戻ってきて左俣も進んでみる。
ちょっと進んだらまた堰堤。
2015年01月25日 14:16撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと進んだらまた堰堤。
左手に古い丸太階段がある。そのまま尾根も進めそう。だけど谷に下りる。
2015年01月25日 14:17撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に古い丸太階段がある。そのまま尾根も進めそう。だけど谷に下りる。
2
さらに二俣。左俣へ。
2015年01月25日 14:20撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに二俣。左俣へ。
しばらく進むと黒岩尾根に合流。合流地点に7人くらいのパーティに待ち構えられる。怪訝そうだけど気にしない。「谷筋来ました〜。」と返事。
2015年01月25日 14:21撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと黒岩尾根に合流。合流地点に7人くらいのパーティに待ち構えられる。怪訝そうだけど気にしない。「谷筋来ました〜。」と返事。
合流して少し下り方向に進んでこのペンキのところから尾根を下って、さっきの右俣左俣分岐まで戻る。
2015年01月25日 14:27撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合流して少し下り方向に進んでこのペンキのところから尾根を下って、さっきの右俣左俣分岐まで戻る。
1
ちょっと東に下ってしまい尾根筋間違えたけど、戻って無事に尾根に乗り、2つ目の堰堤の上を通る。
2015年01月25日 14:37撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと東に下ってしまい尾根筋間違えたけど、戻って無事に尾根に乗り、2つ目の堰堤の上を通る。
右俣を進んだ1つ目の堰堤に戻ってきた形。
2015年01月25日 14:38撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣を進んだ1つ目の堰堤に戻ってきた形。
今度は左俣を進んでみる。なんかすぐ黒岩尾根に着いてしまいそう。
2015年01月25日 14:40撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は左俣を進んでみる。なんかすぐ黒岩尾根に着いてしまいそう。
また堰堤。
2015年01月25日 14:41撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また堰堤。
ここにも左手越える丸太階段ありました。
2015年01月25日 14:42撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも左手越える丸太階段ありました。
2
階段は尾根の方まで続く勢い。しかしここは一旦谷に戻る…も少し進むと倒木だらけで進む気が失せる。結局谷少し進んだあとこの尾根に移動することに。
2015年01月25日 14:44撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段は尾根の方まで続く勢い。しかしここは一旦谷に戻る…も少し進むと倒木だらけで進む気が失せる。結局谷少し進んだあとこの尾根に移動することに。
尾根に乗ってしばらく進む。ちょっとだけ険しい感じ。
2015年01月25日 14:57撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗ってしばらく進む。ちょっとだけ険しい感じ。
一気に疲れが飛んだ岩の展望所。このあとすぐ606ピークで合流。黒岩尾根を下る。
2015年01月25日 15:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に疲れが飛んだ岩の展望所。このあとすぐ606ピークで合流。黒岩尾根を下る。
2
下りるまでずっと上を周回していたヘリ。大丈夫かな…。
2015年01月25日 15:19撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りるまでずっと上を周回していたヘリ。大丈夫かな…。
1
もう一回地蔵谷に入って、地蔵谷堰堤のところから旧道を通る。
2015年01月25日 15:38撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一回地蔵谷に入って、地蔵谷堰堤のところから旧道を通る。
1
新しい看板なのに「ツェンティクロス」!2つ目のツェンティ…わざとかな?
2015年01月25日 15:43撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しい看板なのに「ツェンティクロス」!2つ目のツェンティ…わざとかな?
2
風の丘経由で帰宅。
2015年01月25日 16:08撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風の丘経由で帰宅。
2
電池残量43%の三本松。充電池有能。
2015年01月25日 16:41撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電池残量43%の三本松。充電池有能。
2

感想/記録

地蔵谷から黒岩尾根へのルートは
もう少し行けそうなポイントがあるので
いつかまた行ってみよう。
しかしいい感じの谷にもすぐ堰堤・堰堤また堰堤。
致し方なし。
訪問者数:522人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

右俣 左俣 右岸 倒木 堰堤 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ