また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 603160 全員に公開 雪山ハイキング 谷川・武尊

谷川岳(天神平からトマの耳往復)【登山入門 No.35】

情報量の目安: S
-拍手
日程 2015年03月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴!!
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
関越道 水上ICから国道291号(清水街道)を谷川方面へ。
谷川岳ベースプラザの大型立体駐車場(1日1000円)を利用。
ロープウェイは22人乗りのゴンドラが約2分間隔で発車しています。

営業時間は時期・曜日によって異なります。
その他料金等についても下記サイトにてご確認下さい。
http://www.tanigawadake-rw.com/

※※※路面凍結注意※※※
9:00の時点では駐車場まで路面凍結ナシ。
国道291号線は所々雪解け水が路面に流れ出ています。
早朝は凍結がありそうですので注意が必要だと思います。
また降雨・降雪後は特に注意。
冬タイヤやチェーンなど、状況に応じた対策を。
※※※※※※※※※※※※
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間19分
休憩
37分
合計
3時間56分
S天神平09:4510:34熊穴沢避難小屋10:4311:19天狗の留まり場12:03谷川岳・肩の小屋12:0512:11谷川岳(トマノ耳)12:2212:26谷川岳・肩の小屋12:3412:49天狗の留まり場12:5613:09熊穴沢避難小屋13:41天神平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※写真撮りまくりタイムです。(113枚)
コース状況/
危険箇所等
◯ 駐車場・登山ポスト等
駐車場については前述のとおりです。
9:00頃でも余裕は潤沢にあります。
4階に停めましたが、場所は選び放題でした。
登山ポストはロープウェイ土合口駅にありました。
記入用紙と鉛筆が用意されています。
◯ 危険箇所
人の多い人気の山・好天の土日・遅めの出発。
ということでトレースは明瞭どころか踏跡だらけ。
このコンディションでは道迷いの心配は皆無でしょう。
ホワイトアウトしたら……まぁ無理でしょうね(;^ω^)

・天神平から尾根までと、熊穴沢避難小屋から肩の小屋まで。
結構勾配が大きいことろが何箇所かあります。
出発から雪面はシャーベット状で12本爪でも滑ることも。
ステップが切ってある箇所が大部分で、登りは楽々です。
下山時には更に雪も緩み、滑るように降りることになりました。
人が多く、滑り出したら下に居る人を巻き込む危険があります。
ダブルストックの方が大部分ですが、ピッケルの利用をお勧めします。
・トマの耳周辺
春も近づき、雪庇のクラックが多く、大きくなっています。
雪崩れる危険も増しているように見えますので、状況判断に注意。
・シリセードについて
行う際は、下に人が居ない&安全なことをご確認下さい。
いつでも制動を掛けられるよう、ピッケルの使用が必須です。
シリセードの際はアイゼンを外さないと危険です。危険です。
http://toukaiasobiba.com/diary2/?p=616

上を見ると正面からダブルストックでアイゼン付けたまま滑り降りてくる……
いつでも止まれる程度の斜面でしたが、正直怖かったっす!
その他周辺情報◯ 温泉
今回も「水上谷川 日帰り温泉 湯テルメ谷川」へ。
JR水上駅からシャトルバスが出ていますが、マイカー推奨です。
臨時休業などもありますので、予め下記サイトで確認を。
http://www9.wind.ne.jp/mizukikou/sub35.htm
露天風呂のテラスから見える谷川の渓相がいい感じ。
ですがまだまだ露天は寒いですね〜!
(他にも日帰り入浴可能な温泉が幾つかありました)
◯ 食事処
下山後に「ビューテラスてんじん」でお昼ごはんとしました。
今回は「味噌バターラーメン・ミニカレーセット(1100円)」。
店内の大窓からは白毛門・朝日岳の展望が素晴らしいです。
過去天気図(気象庁) 2015年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト ストック カメラ
備考 車にタオルを忘れてきてしまった……。
汗が滴り落ちる程の暑さでしたので、手痛いミスでしたorz

写真

ロープウェイで天神平まで。相変わらず格好良い機構!
2015年03月21日 09:23撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイで天神平まで。相変わらず格好良い機構!
1320mまで一気に標高を稼ぎます。既に絶景。
2015年03月21日 09:33撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1320mまで一気に標高を稼ぎます。既に絶景。
天神平に到着です。天候は快晴!
2015年03月21日 09:40撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平に到着です。天候は快晴!
冬道は直接尾根に向かうルート。沢山の先行者に続き出発です。
2015年03月21日 09:41撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬道は直接尾根に向かうルート。沢山の先行者に続き出発です。
結構な急登っぽいので、早速アイゼン装着!
2015年03月21日 09:46撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な急登っぽいので、早速アイゼン装着!
暑い!歩き始めて2分で汗がポタポタ垂れ始めました(;^ω^)
2015年03月21日 09:48撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑い!歩き始めて2分で汗がポタポタ垂れ始めました(;^ω^)
急登を登りきり、尾根に乗りました。いざあの頂きへ!
2015年03月21日 10:06撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登りきり、尾根に乗りました。いざあの頂きへ!
西側も最高の眺め!俎嵒山稜は本当に見ていて飽きません。
2015年03月21日 10:07撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側も最高の眺め!俎嵒山稜は本当に見ていて飽きません。
1
進行方向、北を見ればこれから向かう谷川岳。そして右(東)に伸びる西黒尾根。
2015年03月21日 10:08撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向、北を見ればこれから向かう谷川岳。そして右(東)に伸びる西黒尾根。
1
暫く進み、振り返って1枚。
2015年03月21日 10:19撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く進み、振り返って1枚。
オキの耳が隠れてしまいました。
2015年03月21日 10:22撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳が隠れてしまいました。
昨年9月にも登っていますが、同じルートとは思えない景色!
2015年03月21日 10:29撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年9月にも登っていますが、同じルートとは思えない景色!
噂の熊穴沢避難小屋。ってことは、積雪は400cm近くあるのかな?ダブルストックからピッケルに持ち替えたり、ソフトシェルを脱いだりで小休止。
2015年03月21日 10:35撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噂の熊穴沢避難小屋。ってことは、積雪は400cm近くあるのかな?ダブルストックからピッケルに持ち替えたり、ソフトシェルを脱いだりで小休止。
何度も何度も振り返ってしまう景色です。
2015年03月21日 10:48撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も何度も振り返ってしまう景色です。
南側には子持山や十二ヶ岳、拡大して確認したら奥秩父まで!
2015年03月21日 10:52撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側には子持山や十二ヶ岳、拡大して確認したら奥秩父まで!
ややモヤっとしているものの、東側には上州武尊山や尾瀬の山々もバッチリです。
2015年03月21日 10:53撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ややモヤっとしているものの、東側には上州武尊山や尾瀬の山々もバッチリです。
登山道のすぐ脇には大きなクラックも。怖いですねー……。
2015年03月21日 11:18撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道のすぐ脇には大きなクラックも。怖いですねー……。
天狗の留まり場に到着です。やや風が冷たく感じたので、再度ソフトシェルを着直します。
2015年03月21日 11:19撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の留まり場に到着です。やや風が冷たく感じたので、再度ソフトシェルを着直します。
遮るものが何一つない真っ白な斜面。青空に向かって登っている様な感じがします。
2015年03月21日 11:21撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遮るものが何一つない真っ白な斜面。青空に向かって登っている様な感じがします。
まるでスキーのゲレンデのような斜面!実際に滑っている人も。
2015年03月21日 11:22撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるでスキーのゲレンデのような斜面!実際に滑っている人も。
ですが至る所にクラックが……。
2015年03月21日 11:23撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ですが至る所にクラックが……。
日も高くなり、雪もだいぶ緩んできて歩きにくい所も。
2015年03月21日 11:39撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日も高くなり、雪もだいぶ緩んできて歩きにくい所も。
ですがこの景色が見られるならば苦になりません!
2015年03月21日 11:41撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ですがこの景色が見られるならば苦になりません!
件の斜面を滑降していくスキーヤーの方。気持ちよさそうです。
2015年03月21日 11:49撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
件の斜面を滑降していくスキーヤーの方。気持ちよさそうです。
1
肩の小屋が見えてきました!
2015年03月21日 12:01撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋が見えてきました!
小屋には寄らず、先に山頂へ〜。エビの尻尾は跡形もありませんでした。残念。
2015年03月21日 12:05撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋には寄らず、先に山頂へ〜。エビの尻尾は跡形もありませんでした。残念。
トマの耳の手前にも大きなクラック。慎重に通過します。
2015年03月21日 12:11撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳の手前にも大きなクラック。慎重に通過します。
2時間半かけてトマの耳に到着!
2015年03月21日 12:13撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時間半かけてトマの耳に到着!
1
オキの耳→茂倉岳への稜線。寝坊と渋滞で出発が遅れたので、オキの耳には行かないことにします。
2015年03月21日 12:19撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳→茂倉岳への稜線。寝坊と渋滞で出発が遅れたので、オキの耳には行かないことにします。
トマの耳から仙ノ倉山・平標山へと向かう稜線。今回の1番の目的がこの景色を見ることでした。目標達成!絶景!!
2015年03月21日 12:19撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳から仙ノ倉山・平標山へと向かう稜線。今回の1番の目的がこの景色を見ることでした。目標達成!絶景!!
2
朝日岳とその背後に平ヶ岳。会津駒と、もちろん尾瀬の峰々も美しい……。
2015年03月21日 12:20撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳とその背後に平ヶ岳。会津駒と、もちろん尾瀬の峰々も美しい……。
1
本当に絵になる稜線ですね!キレイ!カッコイイ!
2015年03月21日 12:27撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に絵になる稜線ですね!キレイ!カッコイイ!
1
肩の小屋で小休止。スティックコーヒーと一本満足を頂きます。最高です。
2015年03月21日 12:30撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋で小休止。スティックコーヒーと一本満足を頂きます。最高です。
後ろ髪をひかれつつ、下山します。雪は更に緩み、ズルっといくこともしばしば。ピッケルが役立ちます。
2015年03月21日 12:42撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろ髪をひかれつつ、下山します。雪は更に緩み、ズルっといくこともしばしば。ピッケルが役立ちます。
1
スキーの方がどんどん滑降していきます。
2015年03月21日 12:44撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーの方がどんどん滑降していきます。
1
何枚撮ったかわからない俎嵒山稜。迫力があります。
2015年03月21日 13:00撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何枚撮ったかわからない俎嵒山稜。迫力があります。
ガスっぽくて遠望が少々利かないのが残念なところ。
2015年03月21日 13:01撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスっぽくて遠望が少々利かないのが残念なところ。
体重過多のせいで、主トレースを外れるとズッポリ踏み抜きます。道を譲るのも一苦労です(;^ω^)
2015年03月21日 13:06撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
体重過多のせいで、主トレースを外れるとズッポリ踏み抜きます。道を譲るのも一苦労です(;^ω^)
振り返って1枚。あー……帰りたくない……orz
2015年03月21日 13:10撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って1枚。あー……帰りたくない……orz
積雪期の谷川岳はまた来年かな〜と思いながらの下山。本当に……帰りたくない!!
2015年03月21日 13:22撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪期の谷川岳はまた来年かな〜と思いながらの下山。本当に……帰りたくない!!
再度、尾瀬の山々(左)と上州武尊山(右)。武尊山は近いうちにリベンジしたいです。尾瀬は春になったら!
2015年03月21日 13:23撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度、尾瀬の山々(左)と上州武尊山(右)。武尊山は近いうちにリベンジしたいです。尾瀬は春になったら!
1
真っ白な斜面には数え切れないほどのシュプール。スキー未体験の私でも魅力を感じます。
2015年03月21日 13:28撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な斜面には数え切れないほどのシュプール。スキー未体験の私でも魅力を感じます。
肩の小屋から1時間でロープウェイ駅が見えてきました。やはり下りは早い早い。
2015年03月21日 13:34撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋から1時間でロープウェイ駅が見えてきました。やはり下りは早い早い。
出発から約4時間でロープウェイ天神平駅に到着です!
2015年03月21日 13:39撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発から約4時間でロープウェイ天神平駅に到着です!
今回も昼食は「びゅーてらす天神」で。時間が遅かったおかげか結構空いていました。
2015年03月21日 13:48撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回も昼食は「びゅーてらす天神」で。時間が遅かったおかげか結構空いていました。
頼んだのは「味噌バターラーメン&ミニカレーセット」。UMEEEEEEEEEE!!
2015年03月21日 13:54撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頼んだのは「味噌バターラーメン&ミニカレーセット」。UMEEEEEEEEEE!!
大窓からはこの通り。朝日岳・白毛門の絶景を楽しみながら食事ができます。
2015年03月21日 13:55撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大窓からはこの通り。朝日岳・白毛門の絶景を楽しみながら食事ができます。
下りのロープウェイから1枚。またいつか(天気の良い日に)来ますよ!!
2015年03月21日 14:28撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りのロープウェイから1枚。またいつか(天気の良い日に)来ますよ!!
そして帰りは「湯テルメ谷川」で汗を流して帰宅です。お疲れ様でした〜(∩´∀`)∩
2015年03月21日 15:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして帰りは「湯テルメ谷川」で汗を流して帰宅です。お疲れ様でした〜(∩´∀`)∩

感想/記録
by ryo-G

予定より1時間ほど寝坊……。
1時間で済んで良かったと思いつつも自宅を出発。
案の定関越自動車道では渋滞が始まっていましたorz
結局登り始めは予定より2時間遅れの9:30頃。

と残念なスタートでしたが、天候は最高!!
寝坊のことなどすっかり忘れて積雪期の谷川岳を堪能しました!!
昨年の9月にも同ルートで登っていますが、まるで別の山の様です。
前回の記録↓と見比べつつ、1人悦に入っております(*´ω`*)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-504715.html

結果的にですが、寝坊したのは私にとって好条件だったようです。
車は夏タイヤのFFですので、路面が凍結していたら辿りつけなかった恐れが……。
その時には登山を諦め温泉めぐりを覚悟していただけに、嬉しい誤算です。
スタッドレスは欲しいですが、懐具合が芳しくないですからね (;´Д`)

好条件の谷川岳は、雪山初心者〜初級者にも優しい山でした。
幾つか思う所もあり、これからの山行に活かしたいと思います!(`・ω・´)ゞ

来週末はどこに登ろうかな〜!!(;゜∀゜)=3

【使用カメラ】
PENTAX MX-1 Classic Silver

【使用ウェア一覧】
mont-bell SUPER MERINO WOOL M.W.
FoxFire トランスウェット ウールメッシュZIP S/S
Patagonia Men's R2 Jacket
mont-bell ロッシュジャケット(状況に応じて)
Columbia Rego Pants
Foxfire 魅せタイ スタンダードタイプ
Smartwool Ph.D Outdoor Heavy Crew(ソックス)
ZAMST RK-1(L/R)(膝サポーター)

【その他】
Simond マカルーMIX(12本爪アイゼン)
Simond メタリック820ストレート(ピッケル)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:655人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ