また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 607964 全員に公開 沢登り丹沢

中川川水系 下ノ権現沢(前罠場沢)〜箒沢権現山北東尾根

日程 2015年03月29日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れのち曇り(下山後小雨)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西丹沢自然教室
・トイレ、登山届ポストあり
 (入山、下山は教室スタッフに必ず連絡してください)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

西丹沢自然教室8:05−
8:38前罠場沢出合8:51−
9:20標高790m二俣9:37−
11:13標高1100m権現山東の肩11:31−
前罠場沢・小西沢界尾根−
13:10西丹沢自然教室
コース状況/
危険箇所等
■前罠場沢(まえわなば、まえうなば)

  西沢650mから権現山東の肩へ詰め上げる沢だが、涸れ沢のうえ、上流部の
  崩壊が激しく、全般的に不安定なガレ場と涸れ棚登りに終始する。
  詰めも急な砂ザレだ。
  資料により「下ノ権現沢」とも。
  遡行グレード:1級上

\消安自然教室のクラちゃんが4月から再び館長として戻ってきた。
 登山者は必ず教室スタッフに入山届を提出しよう。
 また下山したら必ず「○○ですが下山しました〜」と報告しましょう。
 安全管理のためです。
 さて目的の前罠場沢の名称は秦野山岳会踏査、漆原俊氏作図の「玄倉川及
 中川川水源概念圖」から採りました。
 下山後クラちゃん館長から聞いた話だと「罠場はウナバと呼ぶらしい」とのこと。
 地元の方の呼び方らしいけれど、訛りなんでしょうかね。
 西丹沢公園橋を渡り善六ノタワ方面へ登山道をゆったり歩きます。
 時期柄ミツマタが満開で香しい臭いを発していました。
 堰堤を3つ越えてすぐ先の左側から標高650mで合わさるのが前罠場沢です。
 その上流には同じ方向から「中罠場沢」「奥罠場沢」そして下棚沢(しもんたな)
 が合わさってきます。
 残念ながら前罠場沢はゴーロの涸れ沢でした。
 多量のガレゴーロはおそらく上流部や支流の崩壊が激しいのでしょう。
 まぁどんな沢であれ遡ることに意義があるので入ってみました。

標高725mで2段8mほどの涸棚が出てきました。
 左の浅いルンゼ出合から左を巻いて落ち口に出ます。(教蕁棔
 少しで右から中間部に3m斜めCSを持つ涸れルンゼを合わせ、
 本流には2×4m小棚(教蕁棔法下部が黒ヌメリの3m小棚(右教蕁棔砲髪曚
 しばしで標高790m二俣です。
 地形図から見ても判るように、右俣のコンタ(等高線)は急峻で2段15mほど?
 の棚が見えていました。おそらくその後もコンタから察すると棚の連続でしょう。
 左俣に素直に進みます。
 ほとんど人が入っていないこともあり不安定なゴーロが多数あるので選びながら
 登っていきます。

すぐに中央がインゼルアレート状の6m棚。
 右コーナーを攀じります。(卦蕁次
 続けざまに一見5×8mほどの大CSに見える壁状棚出現。
 左コーナーを攀じりました。(卦蕁次

ど弦850mで左から逆層ルンゼを合わせると、右の本流には8m棚。
 やや右手の浅いコーナー状をクライミング。
 卦蕕曚匹離哀譟璽匹任垢、選ばないと浮岩が多いです。

ズ絃紊傍泪襯鵐柴發剖瓦泙辰2mほどのCSを見ると、4m壁に行く手を阻まれ
 ました。ここも卦蘢度のクライミングですが、やはり一部脆い。
 さらにガレ登りを続けていくと「あれ?奥壁かな」と思わせる15mほどの
 壁に再び進路を阻まれます。
 突き当りまで行かず少し手前の右側、土ザレ部分を浮石に注意しながら
 卦蕕らいで登りました。

次第に急な砂ザレになるといよいよ詰めですが、ズルズル下がる前に次の足を
 キックステップってな感じで、中央上部の木まで何とか這い上がり、あとは
 木を繋いで半ばモンキークライミングで標高1100m平坦な樹林帯である
 箒沢権現山東の肩に出ました。

Р嫉海楼貳姪には権現山を越え下って、現在は廃道化している旧登山道を
 下棚沢出合下流部で東海自然歩道に出ることでしょう。
 が、いつものことながら一般登山道嫌いなので、昔一度下降している
 権現山北東尾根(前罠場沢右岸尾根、前罠場沢と小西沢の界尾根)を
 地図読みしながら下りました。
 詳細は省きますが、標高915m辺りが迷いそうになります。
 尾根が複雑なうえ、地形図にも浅い沢が複数入っています。
 最近はスマホアプリも現在位置確認ができるものも出てきていますが
 カーナビ的なので、なぜ間違いそうになったのか、等高線と現実のギャップの
 埋め込み訓練がまったくできないので、使えても使いません。
 また山行計画段階で地形図を見ながらリスクポイントの把握とエスケープルート
 の計画書記載、行動判断までしなければ登山計画を作ったとはいえませんしね。

■丹沢限定沢登り記録集(All by kamog)
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html
過去天気図(気象庁) 2015年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ クイックドロー スリング ロープスリング セルフビレイランヤード タイブロック ハンマーバイル ナイフブレード 渓流シューズ

写真

西丹沢自然教室
2015年03月29日 07:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢自然教室
1
公園橋を渡って
2015年03月29日 08:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公園橋を渡って
ミツマタ全開!
一番好きな花です
2015年03月29日 08:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタ全開!
一番好きな花です
2
堰堤越え〜
2015年03月29日 08:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤越え〜
毎度のことながら大増水すると流されて架けられる木橋
2015年03月29日 08:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎度のことながら大増水すると流されて架けられる木橋
2
3つ目の堰堤越えー
2015年03月29日 08:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3つ目の堰堤越えー
この2段滝の架かる左から合わさるのが前罠場沢
2015年03月29日 08:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この2段滝の架かる左から合わさるのが前罠場沢
1
あや〜涸れ沢だわ
2015年03月29日 08:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あや〜涸れ沢だわ
1
お、2段8m棚
2015年03月29日 08:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、2段8m棚
1
左から巻いていきます
2015年03月29日 08:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から巻いていきます
1
標高790m二俣
2015年03月29日 09:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高790m二俣
1
中央インゼルアレート状6m棚
2015年03月29日 09:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央インゼルアレート状6m棚
大CSに一見見えた壁棚登った
2015年03月29日 09:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大CSに一見見えた壁棚登った
砂岩状でどこもかしこもボロボロ
2015年03月29日 09:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂岩状でどこもかしこもボロボロ
2
このガレゴーロが終始続いている
不安定
2015年03月29日 10:27撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このガレゴーロが終始続いている
不安定
1
奥壁に見える15mほどの壁
2015年03月29日 10:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥壁に見える15mほどの壁
1
登った〜〜
2015年03月29日 10:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った〜〜
1
詰めに入る
2015年03月29日 10:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰めに入る
1
砂ザレでズルズル
2歩上がって1歩下がるみたいな
2015年03月29日 10:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂ザレでズルズル
2歩上がって1歩下がるみたいな
1
とにかく這いずり上がる
2015年03月29日 10:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく這いずり上がる
2
標高1100m箒沢権現山の東の肩
2015年03月29日 11:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1100m箒沢権現山の東の肩
北東尾根はこの植林尾根じゃないよ
2015年03月29日 11:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東尾根はこの植林尾根じゃないよ
北東尾根は出だしが尾根形浅い
2015年03月29日 11:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東尾根は出だしが尾根形浅い
1
左に前罠場沢を見ながら下る
2015年03月29日 11:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に前罠場沢を見ながら下る
砂ザレの下りもある
エッヂ利かせながら確実に
2015年03月29日 11:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂ザレの下りもある
エッヂ利かせながら確実に
2
小西沢側の白ザレ場
2015年03月29日 12:27撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小西沢側の白ザレ場
1
最後の植林帯へ
2015年03月29日 12:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の植林帯へ
無事カムバック
2015年03月29日 13:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事カムバック
1
訪問者数:701人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ