また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 609609 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 芦別・夕張

[北海道]夕張岳→芦別岳縦走

情報量の目安: S
-拍手
日程 2015年03月29日(日) ~ 2015年04月01日(水)
メンバー
天候3月29日〜3月30日快晴 3月31日晴れのち雪 4月1日晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間5分
休憩
45分
合計
9時間50分
S夕張岳ヒュッテ05:5106:53冷水の沢06:5407:13二の越07:4108:47望岳台08:5810:121400m湿原の水場10:31釣鐘岩10:3310:40金山分岐10:4111:09夕張岳11:1011:44金山分岐11:49釣鐘岩11:5012:19お花畑15:41宿泊地
2日目
山行
5時間11分
休憩
1分
合計
5時間12分
宿泊地05:2108:43鉢盛山08:4410:33宿泊地
3日目
山行
7時間2分
休憩
46分
合計
7時間48分
宿泊地05:3608:15ポントナシベツ岳08:1609:49芦別岳10:2411:00熊の沼11:0511:26半面山11:3113:24ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
初日は札幌出発→林道歩きで、コースタイム・GPSは2日目の夕張ヒュッテ出発時からのものです。
コース状況/
危険箇所等
今年は雪が少なく、残っている雪も朝は凍り日中は湿っていて全く沈まない雪でした。例年だと4月末くらいの状況なのではないでしょうか。夕張の前岳は急登と雪崩を避けるために大きく巻きました。細い稜線は通るには少し緊張します。少し登り返して良いならば完全に巻いてしまうこともできます。芦別岳直前は急な崖が出てきましたが、落ちても怪我はしなそうですし、大きく南の尾根にトラバースすれば完全にかわすことも出来そうでした。
過去天気図(気象庁) 2015年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ザック アイゼン ピッケル ビーコン スコップ ゾンデ 行動食 非常食 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 ナイフ シェラフ
共同装備 ラジオ トランシーバ 3テンセット コッヘル 医修/鋸(-) 予備シール スノーソー ヘッド プリムス5缶
備考 予備を持ちすぎました。この時期ならもう少し少なくて良いと思います。

写真

入山前にシューパロ湖の三絃橋を見てきました。ギリギリ埋まる直前でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山前にシューパロ湖の三絃橋を見てきました。ギリギリ埋まる直前でした。
2
白銀橋の上から見るシューパロ湖。まだかろうじて氷があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白銀橋の上から見るシューパロ湖。まだかろうじて氷があります。
林道は途中まで除雪されていて靴でも歩けるのですが、作業休止中の重機が転がっていました。以降は雪道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は途中まで除雪されていて靴でも歩けるのですが、作業休止中の重機が転がっていました。以降は雪道。
延々林道を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々林道を歩きます。
夕張岳ヒュッテはとてもいい小屋でした。事前に管理のユウバリコザクラの会のかたに御連絡しましたが、いろいろ教えていただきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕張岳ヒュッテはとてもいい小屋でした。事前に管理のユウバリコザクラの会のかたに御連絡しましたが、いろいろ教えていただきました。
3
飲みかけのコーラが忘れられていたり。代わりに捨てておきましたよ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飲みかけのコーラが忘れられていたり。代わりに捨てておきましたよ〜。
1
馬の背コースは雪崩も起きそうなので冷水コースを行きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背コースは雪崩も起きそうなので冷水コースを行きました。
尋常じゃない量のピンクテープに導かれます。まるで呪いの何か(笑)。なお、登山道よりも少し手前で馬の背に合流しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尋常じゃない量のピンクテープに導かれます。まるで呪いの何か(笑)。なお、登山道よりも少し手前で馬の背に合流しました。
2
馬の背からの滝ノ沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背からの滝ノ沢岳
3
夕張前岳付近は雪崩が起きたこともあるとのことなので、すこし北に大きく巻きます。直接コルを目指した感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕張前岳付近は雪崩が起きたこともあるとのことなので、すこし北に大きく巻きます。直接コルを目指した感じ。
1
ロールケーキが何個も転がっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロールケーキが何個も転がっていました。
6
夕張前岳の雄姿。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕張前岳の雄姿。
6
進むべく芦別方向も非常に良く見通せます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進むべく芦別方向も非常に良く見通せます。
2
視界も最高なので、コンパスも見ずにダイレクトアタック。左奥がガマ岩で右が男岩ですかね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界も最高なので、コンパスも見ずにダイレクトアタック。左奥がガマ岩で右が男岩ですかね。
1
メンバーのサングラッスンゴレライ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メンバーのサングラッスンゴレライ。
4
夕張岳までは荷物を軽くしてアタックです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕張岳までは荷物を軽くしてアタックです。
7
夕張山頂から芦別岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕張山頂から芦別岳方面
3
南のステゴザウルス。思ったより細くないし、いい練習になるんじゃないですかね?ここ、行かれてるんでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南のステゴザウルス。思ったより細くないし、いい練習になるんじゃないですかね?ここ、行かれてるんでしょうか。
2
ピーク標識発見!半面が出ていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク標識発見!半面が出ていました。
10
リズムネタ繋がりですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リズムネタ繋がりですね。
11
予定テン場ー囲にタンネもあるし、雪ぼこがあるから雪洞も可か?時間に余裕があるので先を目指すことにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定テン場ー囲にタンネもあるし、雪ぼこがあるから雪洞も可か?時間に余裕があるので先を目指すことにします。
1
振返って夕張岳。こちら側から見た方がかっこいい気がします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振返って夕張岳。こちら側から見た方がかっこいい気がします。
3
1415m峰(夕張マッターホルン or ニレシ岳?)が見えてきました。そろそろ疲れてきた。タンネ林中でテントを張りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1415m峰(夕張マッターホルン or ニレシ岳?)が見えてきました。そろそろ疲れてきた。タンネ林中でテントを張りました。
3
真夜中の1415m峰。カメラの性能が惜しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真夜中の1415m峰。カメラの性能が惜しい。
3
夕張岳方面かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕張岳方面かな。
1
翌日。1415m峰を目指して歩き出しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日。1415m峰を目指して歩き出しました。
2
思ったより急です。あと岩が出ている・・・。カットして良かったですね。この状況だと登りません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ったより急です。あと岩が出ている・・・。カットして良かったですね。この状況だと登りません。
1
裏からみた1415m峰。右の肩の部分から登っちゃえば楽そうですけど、アプローチがねぇ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏からみた1415m峰。右の肩の部分から登っちゃえば楽そうですけど、アプローチがねぇ。
2
鉢盛山目指して直進。昨日よりは曇りですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢盛山目指して直進。昨日よりは曇りですね。
鉢盛ほぼ山頂から振返ると、夕張岳付近には雲が。数時間でこっちに来るかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢盛ほぼ山頂から振返ると、夕張岳付近には雲が。数時間でこっちに来るかな。
2
なにもない鉢盛山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なにもない鉢盛山頂。
1
鉢盛を登ると林がないんですよね。テン場を探しつつ、引返しも念頭に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢盛を登ると林がないんですよね。テン場を探しつつ、引返しも念頭に進みます。
1
左に飛び出した尾根上に泊まっている記録があったのですが、かなり下げないと樹林がないため諦めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に飛び出した尾根上に泊まっている記録があったのですが、かなり下げないと樹林がないため諦めます。
1
結局山に囲まれて風が少し弱くなる斜面に半雪洞を作ってテントに泊まりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局山に囲まれて風が少し弱くなる斜面に半雪洞を作ってテントに泊まりました。
10
この日の行動は朝10時に終了しました。午後からさっきの雲が来ることと、夕方以降前線通過して荒れるだろうこと。ここから先の細い稜線を超えるには風が強かったためです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日の行動は朝10時に終了しました。午後からさっきの雲が来ることと、夕方以降前線通過して荒れるだろうこと。ここから先の細い稜線を超えるには風が強かったためです。
4
朝起きたらテントが少し埋まってました。食事をする前に雪かきタイム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝起きたらテントが少し埋まってました。食事をする前に雪かきタイム。
7
さて、今日は昨日より天気がよさそうです。雲は流れていますが、風はそれほど感じません。この雲も陽が出たら落ち着くでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、今日は昨日より天気がよさそうです。雲は流れていますが、風はそれほど感じません。この雲も陽が出たら落ち着くでしょう。
Co1402とその先の細い尾根。結構細いぞ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co1402とその先の細い尾根。結構細いぞ〜。
1
もっと早い時期なら雪庇がついてそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もっと早い時期なら雪庇がついてそう。
シートラ状態なので慎重に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シートラ状態なので慎重に進みます。
7
ハイ松が出ているので安定感はあるんですけど歩きづらいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイ松が出ているので安定感はあるんですけど歩きづらいですね。
5
下りもバックステップで慎重に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りもバックステップで慎重に。
5
良い練習になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い練習になりました。
10
しかし振り返ると、西に大きく下がって登り返せばこの稜線は巻けるんじゃないかなぁと思いました。逆回りのルートで話題になっていないのはもしかして巻いているのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし振り返ると、西に大きく下がって登り返せばこの稜線は巻けるんじゃないかなぁと思いました。逆回りのルートで話題になっていないのはもしかして巻いているのか?
4
夕張山地の東側は雲海が広がり、西側には雲がありません。フェーン現象?で合ってますかね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕張山地の東側は雲海が広がり、西側には雲がありません。フェーン現象?で合ってますかね。
4
次に目指すはポントナシベツ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に目指すはポントナシベツ岳
1
ポントナシベツ前後の稜線には、ウサギの足跡がありました。こんなところまで来るなんて。君はタフだね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポントナシベツ前後の稜線には、ウサギの足跡がありました。こんなところまで来るなんて。君はタフだね。
3
ポンタナシベツ北尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポンタナシベツ北尾根。
4
細いと聞いていたけれど、全然そんなことはなく、雪庇もほとんどなかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細いと聞いていたけれど、全然そんなことはなく、雪庇もほとんどなかったです。
6
少し早目に取りつきを降りてしまいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し早目に取りつきを降りてしまいます。
1
ついに見えてきました。雲取山と芦別岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに見えてきました。雲取山と芦別岳。
4
天気も回復してきて、胸アツです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気も回復してきて、胸アツです。
6
雲取から芦別。あれ?結構急じゃない?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取から芦別。あれ?結構急じゃない?
2
よーく見ると、直登している足跡がみえるのです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よーく見ると、直登している足跡がみえるのです。
2
あの壁は越えられるのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの壁は越えられるのか?
実際近づいてみるとどこからでも登れそうな感じ。落ちても死なない感じだし、行きます。おそらく大きく南尾根までトラバースすれば巻くことも可能そうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実際近づいてみるとどこからでも登れそうな感じ。落ちても死なない感じだし、行きます。おそらく大きく南尾根までトラバースすれば巻くことも可能そうです。
2
ラッスン!ゴレライ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッスン!ゴレライ!
3
もう一人は別のルートで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一人は別のルートで。
1
ついにたどり着きました芦別岳ピーク。ほぼ晴れです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついにたどり着きました芦別岳ピーク。ほぼ晴れです。
17
ここまでとっておいたRed Bullが火を噴くぜぇ。差し入れくださったルームの先輩ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでとっておいたRed Bullが火を噴くぜぇ。差し入れくださったルームの先輩ありがとうございました。
4
芦別岳ピーク付近はなにげに緊張します。風がなくて良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦別岳ピーク付近はなにげに緊張します。風がなくて良かった。
6
次期によっては雪崩に注意が必要です。今回はしっかり固まった雪だったのでせっせと下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次期によっては雪崩に注意が必要です。今回はしっかり固まった雪だったのでせっせと下る。
1
途中からはスキーでGO‼
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中からはスキーでGO‼
1
真下に半面山が見えてきました。ここから一気に直滑降で滑ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真下に半面山が見えてきました。ここから一気に直滑降で滑ります。
1
少しの登り返しはツボで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しの登り返しはツボで。
半面山の標識には鐘がついています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半面山の標識には鐘がついています。
2
下りは冬尾根コース。雪がベトベトで滑りづらいんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは冬尾根コース。雪がベトベトで滑りづらいんです。
2
ラッスンは大丈夫。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッスンは大丈夫。
2
やっぱりこけた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱりこけた。
2
最後に間違った尾根に乗ってしまいましたが、逆に昔の作業道?地図に載っていない道を発見。途中で林道に合流していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に間違った尾根に乗ってしまいましたが、逆に昔の作業道?地図に載っていない道を発見。途中で林道に合流していました。
1
羆の足跡?をはじめて発見。逆に嬉しくなりますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羆の足跡?をはじめて発見。逆に嬉しくなりますね。
2
というわけで帰りの温水池付近に戻ってきました。ここから山部駅まで歩いてかえりま〜す。お疲れ様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
というわけで帰りの温水池付近に戻ってきました。ここから山部駅まで歩いてかえりま〜す。お疲れ様でした。
5

感想/記録

天候にも恵まれ、非常に充実した縦走でした。
あまり夕張側から行かれていないのですが、天気の良い時にお花畑を抜けれるし、天気が悪かったら滝の沢川からエスケープを取ることも可能なのでこちら方向で良かったと思います。ポントナシベツ手前では途中天気を懸念して早めに行動終了したのですが、風や天気の条件から考えて正解でした。おかげで芦別岳もほぼ快晴の状態で踏むことが出来ましたし、荷物も1食+α分軽く出来たので良かったです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:3423人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ