ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6135850
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
槍・穂高・乗鞍

快晴の錫杖岳

2023年11月03日(金) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
09:43
距離
7.7km
登り
1,337m
下り
1,326m
歩くペース
標準
0.91.0
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
8:43
休憩
1:02
合計
9:45
6:02
6:07
35
槍見の湯 槍見館
6:42
6:44
41
穴滝 クリヤ谷渡渉地点
7:25
7:25
30
錫杖沢出合
7:55
7:55
108
岩小屋
9:43
9:43
65
鞍部
10:48
11:21
47
錫杖岳
12:08
12:14
96
鞍部
13:50
13:50
24
岩小屋
14:14
14:24
33
錫杖沢出合
14:57
15:01
30
穴滝 クリヤ谷渡渉地点
15:31
15:33
8
槍見の湯 槍見館
15:41
中尾高原口バス停
天候 快晴
過去天気図(気象庁) 2023年11月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
中尾高原口バス停の駐車場(無料)、到着時3台駐車済み、
トイレ無し(早朝は道の駅上宝か新穂高センターを利用)
コース状況/
危険箇所等
・笠ヶ岳クリヤ谷ルート登山口〜錫杖沢出合;
 しっかりした一般登山道、渡渉が1ヶ所(穴滝)あるが、今回は水量少なく飛石で問題なく通過。
・錫杖沢出合〜錫杖岳;
岩場と沢登り一部笹漕ぎ、鞍部付近は急坂で笹を握りしめながら上り下り。鞍部からは木の根を掴んだ腕力登山が一部必要。全般的にピンクリボンあるのでしっかり確認しながら歩けばルートミスしないだろうが、自分は3ヶ所踏み跡に釣られルートミスしてしまった(😿)
・錫杖沢出合〜笠ヶ岳の道は笹が刈られていた、どこまで刈られているかは不明
その他周辺情報 温泉はひらゆの森を利用(700円)
渡渉地点、対岸に渡ったところから撮影
2023年11月03日 06:45撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 6:45
渡渉地点、対岸に渡ったところから撮影
笠ヶ岳クリヤ谷ルートはこんな感じの道
2023年11月03日 06:49撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 6:49
笠ヶ岳クリヤ谷ルートはこんな感じの道
トレース明瞭、リボンもあり
2023年11月03日 06:59撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 6:59
トレース明瞭、リボンもあり
錫杖沢出合そば、急に視界が開けて正面に錫杖のお出迎え
2023年11月03日 07:16撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 7:16
錫杖沢出合そば、急に視界が開けて正面に錫杖のお出迎え
岩に水は流れていないと思ったが岩の表面は濡れていたので積極的な岩登りは止めて巻道登山を実践
2023年11月03日 07:30撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 7:30
岩に水は流れていないと思ったが岩の表面は濡れていたので積極的な岩登りは止めて巻道登山を実践
大きな岩がゴロゴロ
2023年11月03日 07:37撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 7:37
大きな岩がゴロゴロ
ピンクリボンしっかりあり
2023年11月03日 07:41撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 7:41
ピンクリボンしっかりあり
何の変哲もない岩場、登りは気にならなかったが下りは意外に神経を使った。
2023年11月03日 07:47撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 7:47
何の変哲もない岩場、登りは気にならなかったが下りは意外に神経を使った。
最初の笹ヤブ突入(脇に明瞭なトレースがあったので釣られて登ってしまいルートミス)
2023年11月03日 08:22撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 8:22
最初の笹ヤブ突入(脇に明瞭なトレースがあったので釣られて登ってしまいルートミス)
どぎついくらいの青・青空
2023年11月03日 08:33撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
2
11/3 8:33
どぎついくらいの青・青空
上部のトラロープ
2023年11月03日 08:43撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 8:43
上部のトラロープ
右手の岩壁が目の前に迫る
2023年11月03日 09:13撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
1
11/3 9:13
右手の岩壁が目の前に迫る
笹に挟まれた急坂(笹のおかげで登降可、笹が無いと下りは厳しい、転げ落ちる)
2023年11月03日 09:17撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 9:17
笹に挟まれた急坂(笹のおかげで登降可、笹が無いと下りは厳しい、転げ落ちる)
笹の斜面をトラバースして先にある登山道に取付き右上上がったところが鞍部
2023年11月03日 09:28撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 9:28
笹の斜面をトラバースして先にある登山道に取付き右上上がったところが鞍部
鞍部手間の笹ヤブ(鞍部で撮影)
2023年11月03日 09:49撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 9:49
鞍部手間の笹ヤブ(鞍部で撮影)
鞍部、開けた場所ではない。このちょっと先に休息適地あり
2023年11月03日 09:49撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 9:49
鞍部、開けた場所ではない。このちょっと先に休息適地あり
岩壁端にピングリボンあり、自分はこれを見落として手前リボンから右に上がってしまい引き返す(写真は帰路に撮影)
2023年11月03日 11:58撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
1
11/3 11:58
岩壁端にピングリボンあり、自分はこれを見落として手前リボンから右に上がってしまい引き返す(写真は帰路に撮影)
山頂手前のトラロープ、登りなくても可、下りは何となく安心材料
2023年11月03日 10:29撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
1
11/3 10:29
山頂手前のトラロープ、登りなくても可、下りは何となく安心材料
突然、錫杖のある山頂へ到着
2023年11月03日 10:47撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
1
11/3 10:47
突然、錫杖のある山頂へ到着
笠ヶ岳と錫杖本峰、笠がとっても遠い!クリヤ谷からのルート厳しいだろうな
2023年11月03日 11:09撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 11:09
笠ヶ岳と錫杖本峰、笠がとっても遠い!クリヤ谷からのルート厳しいだろうな
ピッケルと雪を被った槍・穂高連峰
2023年11月03日 10:57撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
3
11/3 10:57
ピッケルと雪を被った槍・穂高連峰
最高の天気!
2023年11月03日 11:05撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
1
11/3 11:05
最高の天気!
木の根を掴んで登降必要(下山時撮影)
2023年11月03日 11:30撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 11:30
木の根を掴んで登降必要(下山時撮影)
腕力登降(下山時撮影)
2023年11月03日 11:39撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 11:39
腕力登降(下山時撮影)
急坂の笹ヤブ
2023年11月03日 12:44撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 12:44
急坂の笹ヤブ
一日快晴、見納めです
2023年11月03日 13:06撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 13:06
一日快晴、見納めです
渡渉地点、登山口まであと少し
2023年11月03日 14:58撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
11/3 14:58
渡渉地点、登山口まであと少し

装備

個人装備
長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

感想

想像以上に大変な山であった、渡渉のことばかり気にしておりその先のことは下調べ不足で大いに反省。普段ルートミスしないのが3回もミスするとは...何となく気が焦っていたのかもしれない。こんな時こそ慎重に行動が必要。
時期が遅かったからか、三連休なのに錫杖岳に誰も登山者がいなかったのには驚いた(笠ヶ岳への単独行と数名のクライマーはいましたが)。
お天気は快晴に恵まれ11月にしては暑いぐらいの気温、良い条件の元楽しい登山が出来て充実した一日であった。平湯キャンプ場で一泊し11/4は金松寺山(新島々そば)へ登山(別途レポート予定)。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:401人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら