また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 6232083
全員に公開
ハイキング
六甲・摩耶・有馬

六甲山:天狗岩南尾根〜裏六甲縦走路(湯槽谷山・灰形山・落葉山)

2023年11月28日(火) [日帰り]
 - 拍手
体力度
3
日帰りが可能
GPS
07:57
距離
12.2km
上り
1,034m
下り
920m
歩くペース
標準
1.01.1
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
6:42
休憩
1:14
合計
7:56
9:11
9:11
17
9:28
9:29
71
10:40
10:54
27
11:21
11:24
9
11:41
11:41
8
11:58
12:08
65
13:22
13:22
13
13:35
13:48
18
14:06
14:11
53
15:04
15:04
40
15:44
15:44
15
15:59
16:00
0
16:00
16:15
38
17:00
17:00
0
天狗岩南尾根ルートは途中まで送電線巡視路のため、よく整備されています。一部、倒木、落石あり。渡渉一回(石を並べれば濡れずに渡れる)

裏六甲縦走路(番匠屋畑尾根・有馬三山)ルートは通る人も少なく、途中、かなり荒れています。有馬温泉への下りにはあまりお勧めできません。
天候 曇り時々雨
過去天気図(気象庁) 2023年11月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車 バス
往路:住吉台くるくるバス エクセル東 
復路:神鉄有馬温泉〜谷上〜三宮
コース状況/
危険箇所等
天狗岩南尾根:良好
極楽茶屋跡〜有馬三山を経て有馬温泉:湯槽谷山〜落葉山の道は荒れています。
その他周辺情報 温泉饅頭(三ツ森)
金泉銀泉日帰り:亀の井ホテル(15時最終受付)、メープル有馬(21時まで)
西日本JRバス:有馬温泉(太閤橋)→三宮・大阪の最終は16:50(17:20は運休)
紅葉狩りに六甲山に出かけます。
2023年11月28日 09:09撮影 by  SO-02K, Sony
3
11/28 9:09
紅葉狩りに六甲山に出かけます。
寒天橋から天狗岩南尾根ルートを登ります。
2023年11月28日 09:25撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 9:25
寒天橋から天狗岩南尾根ルートを登ります。
よく整備された登りやすい道です。でも最初は急坂。
2023年11月28日 09:31撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 9:31
よく整備された登りやすい道です。でも最初は急坂。
一部、雨で土留め木が流されています。危ない。
2023年11月28日 09:37撮影 by  COOLPIX W100, NIKON
1
11/28 9:37
一部、雨で土留め木が流されています。危ない。
天狗岩まで1.4km。頑張ります。
2023年11月28日 09:44撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 9:44
天狗岩まで1.4km。頑張ります。
275kVの鉄塔。このルートは巡視路なので手入れされています。
2023年11月28日 09:47撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 9:47
275kVの鉄塔。このルートは巡視路なので手入れされています。
もみじのじゅうたん。赤や黄色が映えますね。
2023年11月28日 10:10撮影 by  SO-02K, Sony
3
11/28 10:10
もみじのじゅうたん。赤や黄色が映えますね。
何か所か倒木あり。くぐったり、跨いだり。
2023年11月28日 10:26撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 10:26
何か所か倒木あり。くぐったり、跨いだり。
住吉・六甲アイランド方面と大阪湾。綺麗ですね。
2023年11月28日 10:42撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 10:42
住吉・六甲アイランド方面と大阪湾。綺麗ですね。
天狗岩で一休み。標高770m。南風6m/s、926hPaでした。
2023年11月28日 10:42撮影 by  SO-02K, Sony
3
11/28 10:42
天狗岩で一休み。標高770m。南風6m/s、926hPaでした。
六甲山の紅葉はまもなく見納め。今年は遅い。
2023年11月28日 11:02撮影 by  SO-02K, Sony
2
11/28 11:02
六甲山の紅葉はまもなく見納め。今年は遅い。
みよし観音。悲話。空の安全を今も見守ってくれています。
2023年11月28日 11:19撮影 by  SO-02K, Sony
2
11/28 11:19
みよし観音。悲話。空の安全を今も見守ってくれています。
六甲山のアンテナ群。ガーデンテラスで海や街を見ながら休憩できます。気温11℃
2023年11月28日 11:44撮影 by  COOLPIX W100, NIKON
1
11/28 11:44
六甲山のアンテナ群。ガーデンテラスで海や街を見ながら休憩できます。気温11℃
六甲有馬ロープウェーは強風のため運休していました。
2023年11月28日 11:51撮影 by  COOLPIX W100, NIKON
1
11/28 11:51
六甲有馬ロープウェーは強風のため運休していました。
極楽茶屋跡。今持っている2004年の山と高原地図でも閉鎖中と書いてあります。
2023年11月28日 11:58撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 11:58
極楽茶屋跡。今持っている2004年の山と高原地図でも閉鎖中と書いてあります。
最高峰を目指しましたが、雨の気配があり、ここで撤退しました。
2023年11月28日 12:03撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 12:03
最高峰を目指しましたが、雨の気配があり、ここで撤退しました。
極楽茶屋跡から下った番匠屋畑尾根はよく整備されています。雨が降ってきました。
2023年11月28日 12:25撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 12:25
極楽茶屋跡から下った番匠屋畑尾根はよく整備されています。雨が降ってきました。
雨が止み、陽が差してきました。気温は7℃、強風です。この後、雨は降ったり止んだり。
2023年11月28日 12:55撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 12:55
雨が止み、陽が差してきました。気温は7℃、強風です。この後、雨は降ったり止んだり。
樹林帯でもこの時期、尾根筋は風が強い。暫し、耐風姿勢で待つ。
2023年11月28日 12:58撮影 by  COOLPIX W100, NIKON
1
11/28 12:58
樹林帯でもこの時期、尾根筋は風が強い。暫し、耐風姿勢で待つ。
四等三角点ってあるんですね。なんか、かわいい。
2023年11月28日 13:21撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 13:21
四等三角点ってあるんですね。なんか、かわいい。
湯槽谷峠。湯槽谷山(ゆぶねだにやま)まで500m。登ったり、降りたり。下りはきついです。
2023年11月28日 13:35撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 13:35
湯槽谷峠。湯槽谷山(ゆぶねだにやま)まで500m。登ったり、降りたり。下りはきついです。
有馬三山の一つ湯槽谷山801mに到着。眺望はありません。
2023年11月28日 13:58撮影 by  SO-02K, Sony
2
11/28 13:58
有馬三山の一つ湯槽谷山801mに到着。眺望はありません。
灰形山619m、落葉山526mの近くの山533mを越えていきます。有馬温泉が近くなってきました。
2023年11月28日 15:13撮影 by  SO-02K, Sony
2
11/28 15:13
灰形山619m、落葉山526mの近くの山533mを越えていきます。有馬温泉が近くなってきました。
通る人も少なく、かなり荒れています。下りに使うのは、あまりお勧めできません。
2023年11月28日 15:22撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 15:22
通る人も少なく、かなり荒れています。下りに使うのは、あまりお勧めできません。
神戸市の痩せ尾根の警告。この先、狭い幅の道が続きます。
2023年11月28日 15:37撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 15:37
神戸市の痩せ尾根の警告。この先、狭い幅の道が続きます。
妙見寺に到着。休憩して雨具を片付けます。4時ですが辺りは暗く、ヘッデンを準備します。寒い。
2023年11月28日 16:01撮影 by  SO-02K, Sony
1
11/28 16:01
妙見寺に到着。休憩して雨具を片付けます。4時ですが辺りは暗く、ヘッデンを準備します。寒い。
妙見寺参道(西国三十三か所)の紅葉に癒されます。参道の仏さまに菊の花が供えられています。
2023年11月28日 16:44撮影 by  SO-02K, Sony
3
11/28 16:44
妙見寺参道(西国三十三か所)の紅葉に癒されます。参道の仏さまに菊の花が供えられています。
有馬温泉のねね橋。もうすぐ神鉄有馬温泉駅。長い旅路でした。
2023年11月28日 16:55撮影 by  SO-02K, Sony
4
11/28 16:55
有馬温泉のねね橋。もうすぐ神鉄有馬温泉駅。長い旅路でした。

装備

個人装備
雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット タオル ストック カメラ
備考 予備の電池、ラジオ、膝サポーター、ゼリー飲料

感想

湯槽谷山〜灰形山〜落葉山の裏六甲縦走路では、急坂で雨に濡れた落ち葉が滑り、ストックで支点を探しながら、スリップを警戒しながら、ゆっくり下りました。

湯槽谷乗越〜痩せ尾根までは強風で、何度か立ち止まり、体を低くして風が収まるのを待ちました。樹林帯でも時折空気の塊が打ち付けます。

石ころ除けにゲイターを付けましたが、お蔭でゴアテックスの靴の足首付近だけが汗の水分でぼとぼとになりました。この辺りは、一寸考えなければなりません。

この時期、雨が降ると登山道は一変しますね。雪があるわけでもなく、乾燥しているわけでもなく、どこが滑るか、暗くなるとよく見えなくなります。

尖った尾根で滑落すれば、怪我したときは自分で上がることもできない場所もあります。携帯も通じません。悪天時、人通りの少ない道を午後通過するときは(特に下りは)気を付けなければと思いました。

雨と風と急坂の落ち葉のスリップと日暮れと、身近な山でいろいろ貴重な経験できる有難さに感謝しています。でも、とても気疲れしました。

水500ml×3本、塩アメ・のど飴、湯槽谷乗越で一本満足、妙見寺で羊羹

・速乾インナー、ミドルウェアはフリース、雨具(コロンビア)
・ニット帽の下にタオル、ネックゲイター、非常時のホッカイロ(使わず)
・石ころ除け足首ゲイター、ヘッドランプ
・モバイルバッテリー 10000mAh (乗越〜灰形山まで充電)
・モンベルの防水パック(助かりました)
・ザックに雨除けカバー、予備のタオル(温泉でもらったもの)

裏六甲縦走路の一部(かなりの区間)は携帯が通じません。そのため、スマホが基地局を探し続けるので、電池を消耗してしまいます。機内モードにすると探さなくなりますが、記録が飛んでしまいます。難しいところですね。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:154人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら