また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 627138 全員に公開 ハイキング 中国

仙ノ山(世界遺産石見銀山の山で改めて感動する)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2015年05月03日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
5分
合計
4時間35分
S遺産センター08:3010:12仙ノ山10:1713:05大森代官所跡バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道は良く整備されていますが、仙ノ山への取り付がよくわからず暫く探しました。
その他周辺情報世界遺産の遺構や街並みが散策できます。
過去天気図(気象庁) 2015年05月の天気図 [pdf]

写真

世界遺産センターから取り付きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世界遺産センターから取り付きます。
1
展望台から昨日登った三瓶山を望む。下に見える駐車場は遺産センターの駐車場。この後、雨が降り天気でしたが、昼に帰ってきたときには、下の駐車場にも駐車待ちの車が並んでいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から昨日登った三瓶山を望む。下に見える駐車場は遺産センターの駐車場。この後、雨が降り天気でしたが、昼に帰ってきたときには、下の駐車場にも駐車待ちの車が並んでいました。
3
大森地区の街並みを望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大森地区の街並みを望む。
仙ノ山への取り付き。落石注意の白い看板のところ。何度も迷い見つけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ山への取り付き。落石注意の白い看板のところ。何度も迷い見つけました。
竹林の中を進むと・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹林の中を進むと・・・。
1
展望の無い仙ノ山への頂上へやっと着いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望の無い仙ノ山への頂上へやっと着いた。
1
下って、石銀(いしがね)集落跡地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って、石銀(いしがね)集落跡地。
石見銀山史跡への下山道。雨が降りイマイチの天気でしたが風情のある道でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石見銀山史跡への下山道。雨が降りイマイチの天気でしたが風情のある道でした。
3
佐毘売山神社。御参りしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐毘売山神社。御参りしました。
龍源寺間歩(リュウゲンジマブ)入口。間歩とは坑道のことです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍源寺間歩(リュウゲンジマブ)入口。間歩とは坑道のことです。
1
お寺の蔵の彫り物立体的に作られてとても珍しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お寺の蔵の彫り物立体的に作られてとても珍しい。
「群言堂」本社。東京にも支店があるファッション関係?の店です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「群言堂」本社。東京にも支店があるファッション関係?の店です。
「中村ブレイス」。世界から感謝の手紙が届く会社として本も出ている。義足等の有名な会社。ちょっと感動!世界的企業がこんなところで・・・。と思わず思ってしまいます。頑張ってください。応援の気持ちで自らが拍手しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「中村ブレイス」。世界から感謝の手紙が届く会社として本も出ている。義足等の有名な会社。ちょっと感動!世界的企業がこんなところで・・・。と思わず思ってしまいます。頑張ってください。応援の気持ちで自らが拍手しました。
3

感想/記録

前日は三瓶山に登り、三瓶山を起点に島根県の山に登ろうと考えていましたが、GWの天候が×。仕方なく、5月2日〜3日で考えに考えて2日目はこのコースに。純然たる登山だけではありませんが、登山と観光を兼ねて中々充実したコースでした。こんな天気の中、合羽を着てザックを背負って歩いていたのは私ら夫婦だけ。仙ノ山へは、大阪から来た年配男性一人のみでした。(この男性、昨日は四国剣山へ登ったとのことお元気な方でした。)おまけに仙ノ山への取り付が分からずこの大阪の男性と付近をウロチョロ。やっと見つけて頂上を踏みました。下山は石見銀山の大森集落へ下山しましたが、道は登山道らしい道で、雨とはいえ新緑を堪能できました。また、石見銀山の史跡を見て歩いていると、親切な地元のガイドさんに案内していただき、悪天候でしたがとても充実した散策が出来ました。ガイドさんから山深い街で人口も少ない中で大森小学校の生徒が増えていると聞きましたが、世界的な義足の会社「中村ブレイス」の社員の子供たちや東京にも支店がある「群言堂」の社員の子供たちで廃校にならず存続しているそうです。と言っても全校生徒19人くらいですが。ガンバレ!!!と言う前に周りの環境等からとても良い子に育ちそうです。
石見銀山史跡の見学の後は、バスで車を駐車した世界遺産センターへ戻りました。料金は大人240円でした。
 事前の調査不足で要害山(山吹城跡)への登り口、龍源寺間歩付近にあるのですが分かりませんでした。もっと下ったところにある登山口は落石で通行止めになっています。ガイドさん曰く「マムシとハチがとても多い山ですよ」だって。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1935人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック マムシ 落石
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ