また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 656878 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 近畿

金梨山 竹田城に対峙する大権現洞窟の難コース(兵庫県朝来市)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2015年06月08日(月) [日帰り]
メンバー
 yamaya(CL)
, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●乗用車
 ・国道312号で和田山町竹田に入り、竹田城の標識に従って朝来橋を渡る。
Ⓟ駐車場 
 ・朝来市竹田なかまち観光駐車場(無料)を利用。
  バス停・自販機・トイレが完備

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

◆所要時間 3時間50分  ●歩行距離 5.7Km  ▲総上昇量 439m

 09:40 竹田まちなか観光Ⓟ
 09:55 参道取付
 10:35 展望地
 11:00 岩谷大権現
 11:10 金梨山(かなしやま)「原睛山△464.39m」〜(昼食)11:35
 11:50 下山転換点
 12:15 石切場
 12:35 林道出合
 13:00 諏訪神社
 13:30 竹田まちなか観光Ⓟ
コース状況/
危険箇所等
▲山行概要
 ・竹田城の東に聳える金梨山の岩谷大権現洞窟を訪れ、山頂を経て
  岩稜の手強い北尾根を辿る。
 ー萇佞ら標識に従って自然林に囲まれた荒れた参道を上がる。
 ∋劃魂爾隆箴譴ら権現洞窟に向うが、ルートが藪化して不明瞭。
 E庫召里覆せ劃困ら北の尾根に踏み込み、倒木を越えながら杣道を
  辿る。
 げ嫉海療彰硬世鮓極めて、未踏の岩稜を下るが、岩場の断崖が点在
  して危険な降下を強いられる。
 ダ仞攵譴暴个譴弌軌道跡を辿ることができるようだが、あえて尾根を
  下り、荒れ放題の林道に滑り下りる。
 Ρ當蕕魏瓩れば舗装道路に出る。
過去天気図(気象庁) 2015年06月の天気図 [pdf]

写真

ルート詳細図(クリック→元サイズ→拡大)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート詳細図(クリック→元サイズ→拡大)
2
朝来市竹田なかまち観光駐車場(無料)
2015年06月08日 17:07撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝来市竹田なかまち観光駐車場(無料)
1
国道312号沿いの竹田城モニュメント前に登路がある
2015年06月08日 09:54撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道312号沿いの竹田城モニュメント前に登路がある
2
取付はこんな草薮道
2015年06月08日 09:57撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付はこんな草薮道
2
巡視路に乗り、鳥居と金梨山大権現の標識に出合う
2015年06月08日 10:00撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巡視路に乗り、鳥居と金梨山大権現の標識に出合う
2
荒れ放題の参道が続く
2015年06月08日 10:06撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れ放題の参道が続く
2
要所の標識に励まされる
2015年06月08日 10:09撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要所の標識に励まされる
2
急な山腹を登ります
2015年06月08日 10:25撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な山腹を登ります
2
展望地に出ると眼前に竹田城跡の全貌が現れる
2015年06月09日 19:42撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望地に出ると眼前に竹田城跡の全貌が現れる
4
石垣の野面積みもはっきり見えます
2015年06月08日 10:32撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石垣の野面積みもはっきり見えます
2
観光客が増えてきました
2015年06月08日 10:33撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光客が増えてきました
1
やはりここは絶好の展望地です
2015年06月08日 10:33撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはりここは絶好の展望地です
1
山腹を巻きます
2015年06月08日 10:39撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山腹を巻きます
1
スリル満点の斜面
2015年06月08日 10:42撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スリル満点の斜面
2
主尾根に踏み込む
2015年06月08日 10:44撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主尾根に踏み込む
1
立派な石垣に出合う
2015年06月08日 10:53撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な石垣に出合う
2
岩場を左に上がると権現洞窟がある
2015年06月08日 10:55撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を左に上がると権現洞窟がある
2
この岩場からも展望が開ける
2015年06月08日 10:56撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩場からも展望が開ける
3
やはりここが最高の展望地です
2015年06月08日 10:56撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはりここが最高の展望地です
5
金梨山岩谷大権現に到着
2015年06月08日 17:09撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金梨山岩谷大権現に到着
2
2002年に新調された祠「此花咲耶媛の命大権現」
2015年06月08日 10:58撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2002年に新調された祠「此花咲耶媛の命大権現」
2
南のパノラマ展望を楽しむ
2015年06月09日 20:47撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南のパノラマ展望を楽しむ
4
大権現の祀られた洞窟を辞して山頂へ向かう
2015年06月08日 11:01撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大権現の祀られた洞窟を辞して山頂へ向かう
2
展望のない金梨山山頂の四等三角点金属標「 金梨山 △464.39m」
2015年06月08日 11:07撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望のない金梨山山頂の四等三角点金属標「 金梨山 △464.39m」
3
金梨山の山頂で記念写真〜♪ 
2015年06月08日 21:30撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金梨山の山頂で記念写真〜♪ 
2
山頂直下の手強い岩稜
2015年06月08日 11:38撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の手強い岩稜
2
ズボンに大きな美しいダニが付いていました
2015年06月09日 20:51撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズボンに大きな美しいダニが付いていました
2
北尾根の杣道を辿る
2015年06月08日 11:45撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根の杣道を辿る
2
下山尾根にも岩稜の難路が続く
2015年06月08日 11:57撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山尾根にも岩稜の難路が続く
1
崖を滑り下りる
2015年06月08日 12:00撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖を滑り下りる
1
石切り場の上部に出ると軌道が見えた
2015年06月08日 12:13撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石切り場の上部に出ると軌道が見えた
3
まだ使えそうなレールが放置されています
2015年06月08日 12:14撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ使えそうなレールが放置されています
1
廃墟と化した石切り場(加都石)
2015年06月08日 17:11撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃墟と化した石切り場(加都石)
2
尾根から林道に降り立つ
2015年06月08日 12:36撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から林道に降り立つ
2
堰堤から舗装された作業道を下る
2015年06月08日 12:39撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤から舗装された作業道を下る
1
播但道の虎臥城大橋は、景観を配慮してRC12径間連続充腹式アーチ橋(橋長402m)を採用している
2015年06月08日 12:41撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
播但道の虎臥城大橋は、景観を配慮してRC12径間連続充腹式アーチ橋(橋長402m)を採用している
3
和田山町配水池
2015年06月09日 21:06撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田山町配水池
1
諏訪神社
2015年06月08日 12:51撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪神社
2
静かな佇まいの美しい境内
2015年06月08日 17:17撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな佇まいの美しい境内
3
金梨山を振り返りながら諏訪橋を渡る
2015年06月08日 17:14撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金梨山を振り返りながら諏訪橋を渡る
2
平日で閑散とした竹田の本通り
2015年06月08日 17:14撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日で閑散とした竹田の本通り
1
新設の観光施設に立ち寄る
2015年06月08日 13:21撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新設の観光施設に立ち寄る
1
帰路に金梨山の堂々とした山容を望む
2015年06月08日 17:13撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路に金梨山の堂々とした山容を望む
1

感想/記録
by yamaya

【感想・コメント】
 ・竹田城跡の展望を求めて、マイナーな山域に踏み込みましたが、
  荒れた参道の要所に標識が設置されており、比較的容易に山頂に
  至ることができましたが、途中の岩谷権現洞窟への登路が不明瞭で
  見落とすかも知れません。
 ・周回した北の岩稜帯は踏み跡がなく、危険な崖が連続し、スリル満点
  のタフなアドベンチャーが満喫できます。
 ・下山後は、諏訪神社や竹田の町探訪をノンビリと楽しみ、充実した
  山行を満喫しました。
 
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2645人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ