ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6645830
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
奥多摩・高尾

景信山(R59:景信山東尾根・矢倉沢尾根・太鼓曲輪尾根)

2024年04月13日(土) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
05:06
距離
18.8km
登り
1,094m
下り
1,085m
歩くペース
とても速い
0.50.6
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
4:55
休憩
0:14
合計
5:09
5:22
9
スタート地点
5:31
5:31
11
5:42
5:42
3
5:45
5:46
4
5:50
5:51
4
5:55
5:55
7
6:02
6:02
4
6:06
6:06
4
6:10
6:10
8
6:18
6:19
27
6:46
6:46
21
7:07
7:07
8
7:15
7:15
6
7:21
7:21
13
7:34
7:41
7
7:48
7:49
3
7:52
7:53
25
8:18
8:18
16
9:15
9:16
3
9:19
9:19
11
9:30
9:31
6
9:37
9:37
8
9:45
9:45
15
10:00
10:00
19
10:19
10:19
8
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2024年04月の天気図
アクセス

感想

今回は前から気になっていたルート
赤ぼっこでバリエーションルートを歩いて
ソロでどこまでできるか試してみた
結果は 一部ルートミスをしたが楽しめた

自宅を出発し駒木野へ向かう
いつも入っていく北高尾山稜の登り口を過ぎ
圏央道の下をくぐる蛇滝口の辺りかその先位で
中央道がサイレンの音で騒がしくなっていた
小下沢林道を少し歩き
例のゲートを入り
初のルートの開始 工事現場のでっかいリフトの脇を過ぎ
左手に中央道を見ながら高度を稼いでいく
赤テープもあるが ルートは分かりやすい
九十九でガンガン上げていく
ちょっと緩んだと思ったら またあげていく

478圏峰はまだかな〜と思っていたら着いてしまった
息は上がっているが まあまあの調子
大久保山までも同じような感じ
とにかく静かに歩ける
今までなぜ歩かなかったんだろう… と思えるくらい
大久保山では小さなお地蔵様が書かれた石が出迎えてくれた

ちょっと歩くと小仏バス停から上がってくるルートと合流する
ここからはやはり地面の硬さが違う
景信山東尾根はそこそこ踏まれていたが
やはり一般ルートは違う
景信山に着いた時 先客は2人
移転してしまった茶屋はがら〜んとし
端の方に建材がまとめてあった テーブルとイスもないのでホントにがら〜ん

さてさて 今度は2本目のバリルートへ向かう
小下沢林道まで一度下り矢倉沢尾根を上がっていく
以前小下沢林道から景信山へは上がったことがあるので
今回はその逆コース
逆コースだとやはり印象が違う
滑らないように下っていくと
普段はしない人の声が大きくなってくる
小下沢林道からの景信山や北高尾山稜への登山口にある小屋に
人がたくさんいる
登山道整備をするのだろうか どんどん林道を上がってくる

林道をのんびりと下って 矢倉沢尾根への登り口
いきなり急登 そして地面が柔らかく
バリルートらしい地面の感じ
道幅は狭く九十九でガツガツ上げていく
赤テープはあるが 少し景信山東尾根と違って悩む部分が多い
歩き始めてしばらくしてから 下から上がってくる人の声がしてきた
姿は見えないが 熊鈴と話声がして2〜3人のようだ
と思ったらルートを外れていた
地図を見返しGPSで確認 ずれてはいたが踏み跡はあり
方向を確認すると当初の富士見台への方向とは修正が大変
踏み跡と見える景色からこのまま進むと杉沢の頭から下ったあたりに出そう
目の前はかなりの急登の斜面だが何とか登れそう
(急登を少し登ったが一旦戻りルートを確認している)
これから進むルート上に空も見えているので先に進む
進んで行くと残置のトラロープがあった
急登を一つ越え 次の急登へ
やはりここにも残置のトラロープが複数あった
木々を抜けると いつもの北高尾山稜の道に出てきた
あ〜ここ!という感じ 確かに杉沢の頭からの最初の下りの場所だった

ここからは知った道 ただ逆コースなので中々脚にくる
トレランの人が
「良い天気なりましたね〜 滝汗ですよ!」と爽やかな笑顔で走り去っていった
さて今度は本日3回目のバリルート 太鼓曲輪尾根

分岐からいきなり激下り
でも下り切ってからは歩きやすい静かな尾根
気持ちよく歩ける ここも静かで良き
堀切が出てくるのでその度に
グッと下がり グッと上げるのを繰り返す
昔 人の手でここを切り崩して作ったのは凄いと感じる
堀切を過ぎる度に下界が近づいてくる感じ
若葉で明るい林の中を歩いていくのは気持ちがいい
ただ 所々 イノシシ🐗の存在を示す痕がちらほらと
でくわすことはなかったが ちょっと怖かった

中央高速を跨ぐ橋を越えるとゴールは近い
竹林を越えたと思ったら民家の脇に突如出てゴール!

今回のバリルートは難易度は低いと思うが色々勉強になった

134/166
5:6%
4:34%
3:53%
2:7%
1:0%

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:124人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 奥多摩・高尾 [日帰り]
木下沢梅林景信山
利用交通機関: 電車・バス
技術レベル
1/5
体力レベル
2/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら