また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 670926 全員に公開 ハイキング札幌近郊

空沼岳(万計山荘1泊)

日程 2015年07月04日(土) 〜 2015年07月05日(日)
メンバー
天候4日曇、5日晴
アクセス
利用交通機関
バス
中央バス空沼登山口BSから登山口まで徒歩10分
中央バス空沼二股BSから登山口まで徒歩40分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間59分
休憩
3分
合計
2時間2分
Sスタート地点13:3513:50入林届小屋13:53空沼岳登山口13:5615:25青沼15:37万計山荘
2日目
山行
4時間16分
休憩
40分
合計
4時間56分
万計山荘05:0705:41真簾沼05:4806:24札幌岳縦走分岐06:2506:31空沼岳山頂07:0007:07札幌岳縦走分岐07:40真簾沼08:12万計山荘08:1509:30入林届小屋09:35空沼岳登山口09:45空沼登山口BS10:03空沼二股BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト有。
渡渉2箇所、2014年9月の大雨の影響で登山道は荒れ気味。
過去天気図(気象庁) 2015年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート コンパス ヘッドランプ 予備電池 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック

写真

登山口への入口に案内図が。沢登りにも点線ですがルートが載っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口への入口に案内図が。沢登りにも点線ですがルートが載っていました。
2014年9月の豪雨で登山口への道が削られています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2014年9月の豪雨で登山口への道が削られています。
登山口へは2014年9月にはなかった丸太橋が作られていました。登山口に行くためにまず渡らければなりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口へは2014年9月にはなかった丸太橋が作られていました。登山口に行くためにまず渡らければなりません。
最初はのんびりと。問題が出ています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はのんびりと。問題が出ています。
裏に回ると答えが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏に回ると答えが。
万計山荘までは残り○○kmの標識が多く立っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計山荘までは残り○○kmの標識が多く立っています。
万計山荘残り2.3km地点で広いスペースがあるので休憩です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計山荘残り2.3km地点で広いスペースがあるので休憩です。
万計沢を横に進み始めるとまもなく万計沼になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計沢を横に進み始めるとまもなく万計沼になります。
今回、時間に余裕があったので青沼に行ってみることに。「すぐそこ」とありますが足元は泥水でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回、時間に余裕があったので青沼に行ってみることに。「すぐそこ」とありますが足元は泥水でした。
青沼です。天気のいい日にまた立ち寄りたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青沼です。天気のいい日にまた立ち寄りたいです。
大きな滝が見えてくるといよいよ万計沼です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな滝が見えてくるといよいよ万計沼です。
ガスがかかっていて目の前に広がるはずの沼が全く見えませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがかかっていて目の前に広がるはずの沼が全く見えませんでした。
万計山荘。本日は土曜日ということもあり、4グループ10名程度の宿泊です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計山荘。本日は土曜日ということもあり、4グループ10名程度の宿泊です。
2
荷物を解いていたら晴れ間が見え万計沼がうっすらと見え始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷物を解いていたら晴れ間が見え万計沼がうっすらと見え始めました。
夕暮れ前にすっかり晴れ渡る瞬間があり万計沼がはっきりと見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れ前にすっかり晴れ渡る瞬間があり万計沼がはっきりと見えます。
今回100均で買った棒ラーメンもどき。スープがついていないのに全く気づきませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回100均で買った棒ラーメンもどき。スープがついていないのに全く気づきませんでした。
1
万計山荘から山頂に至るまで残り3.5kmです。全体的に厳しい上りはなく緩やかです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計山荘から山頂に至るまで残り3.5kmです。全体的に厳しい上りはなく緩やかです。
真簾沼標識。朝日で逆光に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真簾沼標識。朝日で逆光に。
真簾沼。とにかく大きいです。日曜朝に癒やされる光景です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真簾沼。とにかく大きいです。日曜朝に癒やされる光景です。
2
雪渓がまだ残っていましたが夏用の登山靴で全く問題無いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓がまだ残っていましたが夏用の登山靴で全く問題無いです。
札幌岳への縦走路分岐点。昨日万計山荘に宿泊していた1グループが向かった模様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
札幌岳への縦走路分岐点。昨日万計山荘に宿泊していた1グループが向かった模様でした。
空沼岳山頂。天気が良くて朝6時半でしたが暖かかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空沼岳山頂。天気が良くて朝6時半でしたが暖かかったです。
4
方向から考えてたぶん恵庭岳?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
方向から考えてたぶん恵庭岳?
3
羊蹄山も雲海から顔を出していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羊蹄山も雲海から顔を出していました。
3
とにかく雲海の上に出たので幻想的な光景でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく雲海の上に出たので幻想的な光景でした。
2
雲海はほんとうに綺麗ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海はほんとうに綺麗ですね。
5

感想/記録

土曜日の夜に予定がなかったので、今回は羊蹄山登山の時に山小屋泊が楽しかったということもあり空沼岳の万計山荘に宿泊して朝の誰もいない山頂を目指してみることにしました。

行きは中央バスの空沼登山口行き最終で。
昨年9月、豪雨被害の直後にも登ったのですが、入林届小屋までの道は当時のままかなり流されてしまった状態でした。
登山口に至る最初の渡渉点には丸太で作った橋が新たに出来ていて登山口へ容易に渡ることができました。
登山口から万計山荘までは比較的なだらかでゆるやかな登道。ところどころ昨年の豪雨の爪痕が残されていましたが、人気の山なので人が多く入ることからか迂回する道などが出来上がっていました。
2ヶ所目の渡渉点にも仮橋がついて靴底が泥まみれでもそう難しくなく渡ることができました。

今回はその日のうちに登頂下山の予定ではないので、青沼に初めて降りてみました。
道はほぼ泥水が溜まっていましたが、秋の天気の良い日に来ると見応えがありそうな感じですね。

万計山荘にはバス停から大体2時間で到着。
先客が1階に1グループ6人位、2階に2人組が一組。1階は手狭なので2階で荷を解いて休憩。休憩している時に更に2人組が一組。
17時過ぎてから夕食を食べ、19時には就寝。山の夜は早いです。
夜中防寒具を来てシュラフに入っていたものの数回寒さで目が覚め、着れるもの全て着込んで寝てました。

3時半頃起きたのですが、既に6人組のグループと2人組1グループは出発していたらしく、こちらも朝食を摂り珈琲を楽しんでから5時に出発。
真簾沼を過ぎたあたりで先発の2人組とすれ違い、上の状況を聞いた所「雲海が綺麗」だと。
山頂に到着した時に、羊蹄山に行った時に避難小屋から見た雲海に浮かぶニセコアンヌプリよりも広い360度のスケールで雲海を楽しめました。恵庭岳や羊蹄山も顔を覗かせていました。

帰路は朝登り出す登山客とすれ違いながらの下山。
50人〜60人位はすれ違ったかと。やはり札幌近郊でも人気の山なのですね。
休憩するタイミングが掴めないまま下山してしまったので、空沼二股BS12:00発のバスに乗ろうと思ったのですが、その前の空沼二股BS10:05発のバスにギリギリ間に合いそうだったので入林届小屋から走りました。

一番疲れたのは入林届小屋から空沼二股BSまでのダッシュだったのかもしれません。
時期を開けてまた登りに行こうかと思いました。
訪問者数:1224人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ