また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 671954 全員に公開 アルパインクライミング 甲斐駒・北岳

甲斐駒坊主岩わたすげルート 第?登

情報量の目安: C
-拍手
日程 1983年11月03日(木) ~ 1983年11月06日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

感想/記録

大雨で坊主岩を覆っていたブッシュが大規模に剥がれ落ちてきれいになったとのことで
学生会員のA君とわたすげの先輩達の血と汗の結晶、わたすげルートを登りに行った。

アブミに慣れる為に、敢えてユマールは使わなかった。
黒戸尾根の登りはきついが、
クライミングが後に待っているのでそれほど気にはならない。
A君は強豪サッカー部の出身なので強くてたくましい。
彼もワンゲル伝手で多くの部員が入会してくれた。

このころは5合小屋が自由に使えて便利だった。
早くも山は寒かったが、薪を炊いて暖かい。

ルートはA1をまっすぐに登る。
いったい何本のボルトが、打たれたのか?
1泊あるいは日帰りで、登って打ち、下降し
大変だっただろうと思う。
再登することはその努力の100分の1にも満たないだろう。

ところどころ初登時あった草付きの状態が変わり嫌らしさを出し
味を出している。
快適な人工と嫌らしい繋ぎ、ヨセミテなどにも役に立つかもしれないと
思いながら登った。

残念なことに、ひょとしたら師匠から今のシューズならフリーで行けるかも知れない。
と聞かされていたが、これは無理だった。

下山は尾白渓谷を降りる、噴水滝を飛び越えたあたりで対岸に渡るのだが
良く分からない仕方なく、斜面を黒戸尾根に向かって登る。
1時間ほどだが、確実だった。

他に合う人も無く、本当に静かな山だった。
じっくりと壁を登ることが出来た。
大先輩達に感謝


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1245人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

セミ 渓谷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ