ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6873680
全員に公開
ハイキング
中国

龍王山 午後からぶらっと吉備の山

2024年06月01日(土) [日帰り]
 - 拍手
体力度
1
日帰りが可能
GPS
02:45
距離
3.9km
登り
141m
下り
141m
歩くペース
ゆっくり
1.51.6
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
1:50
休憩
0:56
合計
2:46
14:14
3
スタート地点
14:17
14:36
82
15:58
16:35
25
17:00
ゴール地点
駐車場には結構な車。ハイカー,参拝者,トンボウォッチャーが集う竜泉寺。
天候 晴れて暑い 少しだけ薄い雲
過去天気図(気象庁) 2024年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
岡山市内から国道180号経由で最上稲荷奥の現地へ。
コース状況/
危険箇所等
よく整備された遊歩道と車道。
その他周辺情報 近くに最上稲荷がある。
昼から家人と近場でさんぽ。来たことがなかった龍王山へ。池の周囲の動植物もさることながら,寺周辺もおもしろそう。駐車場はいっぱいだった。
4
昼から家人と近場でさんぽ。来たことがなかった龍王山へ。池の周囲の動植物もさることながら,寺周辺もおもしろそう。駐車場はいっぱいだった。
まず御滝の滝行の場所へ。ドラゴンの口から勢いよく流れる水に打たれて行をするようだ。申し込みをすれば一般の人も滝行ができるらしい。パワースポットらしく周囲はひんやり涼しかった。
3
まず御滝の滝行の場所へ。ドラゴンの口から勢いよく流れる水に打たれて行をするようだ。申し込みをすれば一般の人も滝行ができるらしい。パワースポットらしく周囲はひんやり涼しかった。
龍泉寺は奈良時代に報恩大師が創建したと伝えられる。
修験道を極めた報恩大師の修行の場であり,雨乞いの山だった龍王山の西麓に位置する。龍神を雨乞い・水の神として信仰し,お稲荷さんを農耕の神・豊作の神として信仰する。
4
龍泉寺は奈良時代に報恩大師が創建したと伝えられる。
修験道を極めた報恩大師の修行の場であり,雨乞いの山だった龍王山の西麓に位置する。龍神を雨乞い・水の神として信仰し,お稲荷さんを農耕の神・豊作の神として信仰する。
境内のホオノキ。でかくて感激してます。
7
境内のホオノキ。でかくて感激してます。
新緑のモミジをくぐって龍王池の方へ進んでいく。
4
新緑のモミジをくぐって龍王池の方へ進んでいく。
池には,クロイトトンボたちがいっぱい。
6
池には,クロイトトンボたちがいっぱい。
青空の下,水の豊かな龍王池。龍王池は八大龍王の御神体としてお祀りされているらしい。
5
青空の下,水の豊かな龍王池。龍王池は八大龍王の御神体としてお祀りされているらしい。
池の側には湿地がある。駐車場からほど近く,多くの方がトンボウォッチングを楽しまれていた。
今日もいましたハッチョウトンボたち。
9
池の側には湿地がある。駐車場からほど近く,多くの方がトンボウォッチングを楽しまれていた。
今日もいましたハッチョウトンボたち。
シオヤトンボもバチバチ鞘当て。モウセンゴケの小さな花もところどころ。
7
シオヤトンボもバチバチ鞘当て。モウセンゴケの小さな花もところどころ。
八大龍王の祠の前,朱塗りの鳥居。池から上がってくる場所に建てられている。ここで神事がある。
4
八大龍王の祠の前,朱塗りの鳥居。池から上がってくる場所に建てられている。ここで神事がある。
八大龍王の祠の前。ステンレスの立派なベンチがいくつも寄進されている。金属工業の会社が多いのは何か関係があるのか?
ネジキ,ウメモドキ,ソヨゴ,ヤマツツジ,ウツボグサとこの時季の花々が道べりに。
5
八大龍王の祠の前。ステンレスの立派なベンチがいくつも寄進されている。金属工業の会社が多いのは何か関係があるのか?
ネジキ,ウメモドキ,ソヨゴ,ヤマツツジ,ウツボグサとこの時季の花々が道べりに。
こい岩湿地にて。トキソウはもう終わりかけ。傷んだ花が多くなった。
11
こい岩湿地にて。トキソウはもう終わりかけ。傷んだ花が多くなった。
一つ一つ持ち物が異なる六道地蔵。私,どこに転生しますか?
5
一つ一つ持ち物が異なる六道地蔵。私,どこに転生しますか?
こい岩湿地。周囲に木道が整備されている。サギソウもよい場所らしい。
3
こい岩湿地。周囲に木道が整備されている。サギソウもよい場所らしい。
奥之院に向けて山を上がる。道中にネズミモチの白い花,今年お初のコナスビ,ノイバラと続く。
7
奥之院に向けて山を上がる。道中にネズミモチの白い花,今年お初のコナスビ,ノイバラと続く。
稲荷山奥之院一乗寺の灯籠から,龍王山へ向かう参道と合流。
3
稲荷山奥之院一乗寺の灯籠から,龍王山へ向かう参道と合流。
参道を上がって行く。龍王山の鳥居の奥に狛キツネ。阿吽はどの動物でも同じ。
4
参道を上がって行く。龍王山の鳥居の奥に狛キツネ。阿吽はどの動物でも同じ。
鳥居の文字が場所によっていろいろ。この鳥居の側に...。
3
鳥居の文字が場所によっていろいろ。この鳥居の側に...。
岡山市内で愛でるオオヤマレンゲ。植栽ですが多くあります。
16
岡山市内で愛でるオオヤマレンゲ。植栽ですが多くあります。
つぼみから咲き終わりまでいろいろ。見頃です。
10
つぼみから咲き終わりまでいろいろ。見頃です。
今日から6月。アジサイもよい時季になってきた。ピンクのシモツケも美しい。
6
今日から6月。アジサイもよい時季になってきた。ピンクのシモツケも美しい。
いよいよこの奥が龍王山の山頂部。お寺の敷地でとてもきれいに手入れされています。
3
いよいよこの奥が龍王山の山頂部。お寺の敷地でとてもきれいに手入れされています。
サツキにまみれるキアゲハ。
7
サツキにまみれるキアゲハ。
周囲には「南無妙法蓮華経」のお題目が刻まれた石がびっしりと立ち並ぶ。信仰の地にて信心のあまりない自分も祈願...。
2
周囲には「南無妙法蓮華経」のお題目が刻まれた石がびっしりと立ち並ぶ。信仰の地にて信心のあまりない自分も祈願...。
ええ眺めじゃな♪
5
ええ眺めじゃな♪
日蓮聖人のレリーフが刻まれた石もあった。
3
日蓮聖人のレリーフが刻まれた石もあった。
山頂ではマーガレットが多く咲いていた。植栽の白青カンパネラたちもいきいき。
5
山頂ではマーガレットが多く咲いていた。植栽の白青カンパネラたちもいきいき。
龍王山三角点286.3m。一応確認しとく。
3
龍王山三角点286.3m。一応確認しとく。
サツキにまみれるモンキアゲハ。花が多いのでチョウがよく飛んできます。
10
サツキにまみれるモンキアゲハ。花が多いのでチョウがよく飛んできます。
植栽のカルミア。北アメリカ原産。コンペイトウ状の蕾を持っていて,花が開くと皿形になる。おしべは飛んできた昆虫に触れると飛び出し花粉を散らせるというユニークな花。
5
植栽のカルミア。北アメリカ原産。コンペイトウ状の蕾を持っていて,花が開くと皿形になる。おしべは飛んできた昆虫に触れると飛び出し花粉を散らせるというユニークな花。
ハコネウツギ。花の色が咲き始めの頃は白,咲き進むに従いピンク色,最後は紅色へと変わっていく。
5
ハコネウツギ。花の色が咲き始めの頃は白,咲き進むに従いピンク色,最後は紅色へと変わっていく。
思ったよりもいい天気の午後。遙かに小豆島。岡山市内の景色を眺めて山を下りる。
7
思ったよりもいい天気の午後。遙かに小豆島。岡山市内の景色を眺めて山を下りる。

感想

午前中所用(T_T)。午後からはフリーで天気上々。家人と一緒に,初の最上稲荷奥の龍泉寺を訪問。ほど近い場所なのに訪ねたことがなかった。いろいろな方のレコで,湿地や花がよい場所と聞き気になっていた場所。
龍泉寺の駐車場から出発する。滝行の御滝,龍泉寺周辺をぶらぶらしてから,龍王池周辺の湿地へ。この時季のお約束,ハッチョウトンボやトキソウを観察してから龍王山に上がるお気楽さんぽ。
今日は「市内にもこんな場所があったのか?」といろいろな発見をしつつ歩いた。龍王山山頂には奥之院一乗寺がある。「南無妙法蓮華経」のお題目が刻まれた大きな石が並び,鬼子母神や日蓮聖人の姿が浮かんだ石も。長い歴史を感じさせられる場所で,山頂からは岡山市内や小豆島の眺望が得られます。
近場でこんな場所があることを再発見。さんぽするにはなかなかよい所だった。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:152人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら