ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6937514
全員に公開
ハイキング
奥多摩・高尾

雲取山

2024年06月16日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
5
1泊以上が適当
GPS
08:26
距離
18.6km
登り
1,474m
下り
2,083m
歩くペース
とても速い
0.60.7
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
9:17
休憩
1:26
合計
10:43
6:34
144
8:58
8:59
14
9:13
9:13
17
9:30
9:45
21
10:06
10:06
36
10:42
10:42
26
11:09
11:18
27
11:44
11:44
1
11:46
12:20
2
12:22
12:22
18
12:41
12:43
13
12:56
12:56
44
13:40
13:41
13
13:54
14:09
16
14:25
14:25
10
14:35
14:36
25
15:00
15:06
15
15:21
15:22
5
15:27
15:27
4
15:31
15:31
14
15:45
15:45
24
16:09
16:09
6
16:15
16:18
6
16:24
16:24
22
16:46
16:46
14
17:00
17:00
9
17:10
17:11
9
17:21
17:21
2
17:23
ゴール地点
天候 雨のち曇り、晴れ。
過去天気図(気象庁) 2024年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
三峯神社。
早朝6時でも参拝者あり。
2024年06月16日 06:45撮影 by  SC-41A, samsung
2
6/16 6:45
三峯神社。
早朝6時でも参拝者あり。
雲取山荘。
実家のような安心感があります。
4年くらい泊まっていませんが(笑)
2024年06月16日 11:04撮影 by  SC-41A, samsung
2
6/16 11:04
雲取山荘。
実家のような安心感があります。
4年くらい泊まっていませんが(笑)
雲取山到着。
あいにくの天候。
2024年06月16日 11:44撮影 by  SC-41A, samsung
2
6/16 11:44
雲取山到着。
あいにくの天候。
時間的にアウトだけれど、奥宮に到着。
三山駆け成功です。
2024年06月16日 16:15撮影 by  SC-41A, samsung
2
6/16 16:15
時間的にアウトだけれど、奥宮に到着。
三山駆け成功です。

感想

集中力が欠ける。
怒りっぽい。
今まで出来たことを億劫に感じる。
文書を読んでも書いてあることを理解できない。

……最近、そんな症状に悩んでおりまして。
ストレスチェッカーで調べたら、ストレスが臨界間際らしいです。
決してアルツハイマーではない!
そんなお年頃ではないので、たぶん。
半勃……繁忙期なので、知らず知らずの内にストレス抱えているみたいですね。
連休をとるのは今の時期は難しいけれど。
しんどいと思うこと以外、考えることできなくなるまで思いっきり歩きまくろう!
そうだ、日帰りアタックの雲取山は何度かしたけれど。
秩父地方に伝わる、かつて修験者が行っていたという、妙法ケ岳、白岩山、雲取山を辿るという三峰三山駆けをしよう!
(もちろん、大昔は今のように登山道は整備されていない)

今あるということに集中して。
呼吸を整えながら。
呼吸を乱さないようなスピードで。
一歩一歩を踏みしめて歩く。
……というマインドフルネスを意識ながら歩けば、ストレスなくなるんじゃねえか?
そんな安直な考えで登りました。
そんなワケで、今回はおバカ書き込みはナシです。

雨上がりなので、雲が低くなる傾向ですから。
きっと雲海の絶景が眺められるはず。
その予想通り、地蔵峠では奥秩父を被う雲海が眺められました。
スレ違ったオジさんが「今朝は富士山が絶景でしたよ」と言っていたので、頂上にたどり着くのが楽しみ。
そして、頂上にたどり着きましたが、厚い雲が被っていました。
時おり見える晴れ間が見えるので、あと少し待てばきっと晴れ間がでるはず!!
しかし……願いは通じず、時間的に厳しいので下山を決意。
そして、妙法ケ岳分岐に差し掛かったとき、時間的にアウトだけれど、一か八かで妙法ケ岳を登ることに。
だれもいない奥宮にたどり着き、ありがとうございます、と感謝を伝える。
三峯神社へ向かう下山中、もう17時になろうとするのに、約10名くらいとスレ違いました。
「まだまだ先がありますか?」
そう、何度も聞かれたのですが。
彼らの下山予想はだいたい19時前か。
普通に危ないだろ!!

ところで。
頂上で瞑想していたとき、目を開けたら、ジョギングパンツとシューズ以外はズラリと伸びた白い美脚のトレランのお姉さんが目に止まりました。
「あの美脚にボコボコに蹴られたいなぁ」と思っていたのですが「いかんいかん、今日はストレス発散に来たんだ、瞑想して心を落ち着けよう」と再び目をつぶり、しばらくした後に目を開けたらいなくなっていました。
あの人はボクの妄想した煩悩だったのでしょうか?

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:104人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

無雪期ピークハント/縦走 奥武蔵 [日帰り]
雲取山(三峰神社より往復)
利用交通機関: 車・バイク、 電車・バス、 タクシー
技術レベル
2/5
体力レベル
4/5
無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾 [2日]
雲取山  三峰神社ー鴨沢
利用交通機関: 電車・バス
技術レベル
2/5
体力レベル
4/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら