ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6946340
全員に公開
ハイキング
関東

御殿山、鷹取山、宝篋塔山には怖くていけませんでした。

2024年06月20日(木) [日帰り]
 - 拍手
体力度
2
日帰りが可能
GPS
03:18
距離
6.7km
登り
494m
下り
494m
歩くペース
標準
0.91.0
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
2:38
休憩
0:40
合計
3:18
6:18
33
6:52
6:52
26
7:18
7:20
28
7:47
8:25
21
8:46
8:46
21
9:07
9:07
29
天候 曇のち晴れ
過去天気図(気象庁) 2024年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
山田中バス停前に無料駐車場があります。
今日は帰ってきたら満車でしたが、近くで法事があった模様。
平日はハイカーはほとんど訪れないようです。
(前回もそうでした)
コース状況/
危険箇所等
宝篋山手前までしか行ってませんが、ほぼ一本道で迷う心配はありません。
御殿山まではよく整備されていますが、それから先は自然がいっぱいです。
御殿山以降は高所恐怖症的にはとても怖いところが多いです。
山田中バス停前の駐車場。
右手はトイレ(綺麗です)
平日は、安定のガラガラです。
2024年06月20日 06:18撮影 by  SO-41B, Sony
1
6/20 6:18
山田中バス停前の駐車場。
右手はトイレ(綺麗です)
平日は、安定のガラガラです。
御殿山はあちら。

今日は、ちゃんとした歩き方
(今更だけど、ネットで調べました。足の裏全体をしっかりつけて、一定のペースで、鼻呼吸)で、
歩くことを目標にしています。
2024年06月20日 06:18撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 6:18
御殿山はあちら。

今日は、ちゃんとした歩き方
(今更だけど、ネットで調べました。足の裏全体をしっかりつけて、一定のペースで、鼻呼吸)で、
歩くことを目標にしています。
舗装道路をしばらく歩きます。
数日前の雨のせいか、どこかから湧いてきた水で道路がびしょ濡れでした。
下りでは滑りやすかったです。

ダブルストックが基本、と書いてあったので、いつもはシングルストックなのをダブルにしてみましたが・・・。
ストックの、つき方が、わからない!
結局1本に戻しました。
2024年06月20日 09:23撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 9:23
舗装道路をしばらく歩きます。
数日前の雨のせいか、どこかから湧いてきた水で道路がびしょ濡れでした。
下りでは滑りやすかったです。

ダブルストックが基本、と書いてあったので、いつもはシングルストックなのをダブルにしてみましたが・・・。
ストックの、つき方が、わからない!
結局1本に戻しました。
沢のようなところもあった。

ダブルストックは、今度のハイキングクラブの山行の時に、人の歩き方を見て学んでみようと思います。
2024年06月20日 09:23撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 9:23
沢のようなところもあった。

ダブルストックは、今度のハイキングクラブの山行の時に、人の歩き方を見て学んでみようと思います。
ジメジメして暗くて、落ち葉が濡れていて、今日はヒルがいそうです。

落ち葉の下が滑りやすいところもあるから、なるべく落ち葉のない所を。
どうしようもない時は、ストックで安全か確かめてから・・・歩くんだったよな、確か。
2024年06月20日 06:39撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 6:39
ジメジメして暗くて、落ち葉が濡れていて、今日はヒルがいそうです。

落ち葉の下が滑りやすいところもあるから、なるべく落ち葉のない所を。
どうしようもない時は、ストックで安全か確かめてから・・・歩くんだったよな、確か。
大黒様への道は、先週以上のブッシュウォークでした。(先週の木曜日も来ています。)

今までの山行の準備不足、基礎学習のなさを反省し、昨日たくさんお勉強しました。
付け焼き刃なので、考え、考え、歩いています。

平坦な所も上りも、一定の速度で。
口呼吸じゃなくて、鼻呼吸で。
下ばかり見ないで、ときどき前を見て、これからのルートの全容を把握しながら。
疲れたらすぐ休む、じゃなくて、ある程度の時間が立ってから休むように。疲れない歩き方を心がける、のです。
2024年06月20日 06:49撮影 by  SO-41B, Sony
1
6/20 6:49
大黒様への道は、先週以上のブッシュウォークでした。(先週の木曜日も来ています。)

今までの山行の準備不足、基礎学習のなさを反省し、昨日たくさんお勉強しました。
付け焼き刃なので、考え、考え、歩いています。

平坦な所も上りも、一定の速度で。
口呼吸じゃなくて、鼻呼吸で。
下ばかり見ないで、ときどき前を見て、これからのルートの全容を把握しながら。
疲れたらすぐ休む、じゃなくて、ある程度の時間が立ってから休むように。疲れない歩き方を心がける、のです。
大黒様、今日もよろしくお願いします。
2024年06月20日 06:50撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 6:50
大黒様、今日もよろしくお願いします。
大黒様の見ている風景です。
2024年06月20日 06:50撮影 by  SO-41B, Sony
1
6/20 6:50
大黒様の見ている風景です。
大黒様の前に10センチほど凹んでいる地面が。
先週はなかった。
先日の雨の影響でしょうか?
2024年06月20日 06:51撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 6:51
大黒様の前に10センチほど凹んでいる地面が。
先週はなかった。
先日の雨の影響でしょうか?
これも先週はなかった。
2024年06月20日 06:58撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 6:58
これも先週はなかった。
ところどころ、鎖が外れています。
何があったんでしょうか?
(先週は、鎖、あったと思う・・・けど・・・)
2024年06月20日 06:59撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 6:59
ところどころ、鎖が外れています。
何があったんでしょうか?
(先週は、鎖、あったと思う・・・けど・・・)
緑がきれいです。
2024年06月20日 07:06撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:06
緑がきれいです。
御殿山直下の急登です。
先週登ってるから、平気・・・と思ったけど、先週より滑りやすい。
頑張って登りました。
2024年06月20日 07:08撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:08
御殿山直下の急登です。
先週登ってるから、平気・・・と思ったけど、先週より滑りやすい。
頑張って登りました。
振り向くと、とても急な階段でその先は見えない。
ここを降りるのは、結構大変だと思う。
(まき道あります)
いつか、トレーニングで降りてみたいです。
(他の方のレコで見ましたが、御殿山〜大日山のコースは、トレーニングに良いらしく、トレーニングで何往復もされている方がいらっしゃるそうです。)
2024年06月20日 07:16撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:16
振り向くと、とても急な階段でその先は見えない。
ここを降りるのは、結構大変だと思う。
(まき道あります)
いつか、トレーニングで降りてみたいです。
(他の方のレコで見ましたが、御殿山〜大日山のコースは、トレーニングに良いらしく、トレーニングで何往復もされている方がいらっしゃるそうです。)
古い山頂の標識の横に
2024年06月20日 07:18撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:18
古い山頂の標識の横に
御殿山山頂です。
2024年06月20日 07:18撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:18
御殿山山頂です。
富山が見える。
2024年06月20日 07:19撮影 by  SO-41B, Sony
1
6/20 7:19
富山が見える。
左が宝篋塔山で右が鷹取山。今日の目的地。
YouTubeで怖いところがあることを確認しているので、宝篋塔山には多分私はいけない。
でも、こわーい場所を実際に見てみるのも今日の目的の一つ。
2024年06月20日 07:20撮影 by  SO-41B, Sony
1
6/20 7:20
左が宝篋塔山で右が鷹取山。今日の目的地。
YouTubeで怖いところがあることを確認しているので、宝篋塔山には多分私はいけない。
でも、こわーい場所を実際に見てみるのも今日の目的の一つ。
眺望
2024年06月20日 07:20撮影 by  SO-41B, Sony
1
6/20 7:20
眺望
富山の右隣の、丸くて可愛い津辺野山、ちょっと行ってみたいかな。
2024年06月20日 07:20撮影 by  SO-41B, Sony
1
6/20 7:20
富山の右隣の、丸くて可愛い津辺野山、ちょっと行ってみたいかな。
御殿山を過ぎたところの階段。
こんな階段がいっぱいある。
結構急です。
2024年06月20日 07:22撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:22
御殿山を過ぎたところの階段。
こんな階段がいっぱいある。
結構急です。
情報が取れない標識。
御殿山を越えると、少し整備が行き届いていない感じがします。
2024年06月20日 07:25撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:25
情報が取れない標識。
御殿山を越えると、少し整備が行き届いていない感じがします。
フラッシュたかれちゃって明るく写ってるけど、ほんとは鬱蒼として暗い感じの所。
ヒルがいそうです。
2024年06月20日 07:27撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:27
フラッシュたかれちゃって明るく写ってるけど、ほんとは鬱蒼として暗い感じの所。
ヒルがいそうです。
この下りの階段、長いです。
怖いです。
実は先週はここを見て気分が悪くなったので、ここで引き返しました。
今日はせめて鷹取山までは行きたい。
2024年06月20日 07:28撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:28
この下りの階段、長いです。
怖いです。
実は先週はここを見て気分が悪くなったので、ここで引き返しました。
今日はせめて鷹取山までは行きたい。
私は高所恐怖症なので横向きで一段ずつ、注意しておりました。
普通の人には、もしかしたらなんともないのかもしれません。
でも、結構急です。
2024年06月20日 07:29撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:29
私は高所恐怖症なので横向きで一段ずつ、注意しておりました。
普通の人には、もしかしたらなんともないのかもしれません。
でも、結構急です。
階段も終わり。
横は、急傾斜なのが目に入ります・・・。
2024年06月20日 07:34撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:34
階段も終わり。
横は、急傾斜なのが目に入ります・・・。
よく見たら、両側急傾斜。
2024年06月20日 07:34撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:34
よく見たら、両側急傾斜。
少しは伝わるかしら。
急なのよ。
これくらい広いとそこまで怖くないけど。
2024年06月20日 07:34撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:34
少しは伝わるかしら。
急なのよ。
これくらい広いとそこまで怖くないけど。
また階段。
段差が大きくて、ちょっと大変だったような
(記憶が・・・)
2024年06月20日 07:41撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:41
また階段。
段差が大きくて、ちょっと大変だったような
(記憶が・・・)
平坦な道だとホッとする。
でも両側急傾斜。
2024年06月20日 07:45撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:45
平坦な道だとホッとする。
でも両側急傾斜。
あれ?2つに分かれてる
奥にあるのが右に行く道。
あとから分かったのですが、そちらに三角点がありました。
この時は気づかず。
2024年06月20日 07:47撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:47
あれ?2つに分かれてる
奥にあるのが右に行く道。
あとから分かったのですが、そちらに三角点がありました。
この時は気づかず。
左側の道。
ヤマレコの地図で左が宝篋山に続く道とわかりました。
2024年06月20日 07:47撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:47
左側の道。
ヤマレコの地図で左が宝篋山に続く道とわかりました。
こっちはいま来た道。
こはよく覚えておこう。
帰りに迷わないように。
2024年06月20日 07:48撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:48
こっちはいま来た道。
こはよく覚えておこう。
帰りに迷わないように。
宝篋塔山への道は、急に怖いところが増えました。
2024年06月20日 07:51撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:51
宝篋塔山への道は、急に怖いところが増えました。
この階段、急で横向きにしかおられなかったんだけど、両方の足を置けるスペースがなくて、なかなか降りれなかったです。
ロープ、使わせてもらえてよかった。
ドロドロだったけど・・・。
手袋、買おうと思いました。
2024年06月20日 07:54撮影 by  SO-41B, Sony
1
6/20 7:54
この階段、急で横向きにしかおられなかったんだけど、両方の足を置けるスペースがなくて、なかなか降りれなかったです。
ロープ、使わせてもらえてよかった。
ドロドロだったけど・・・。
手袋、買おうと思いました。
細くて、足がうまく乗らない階段。
2024年06月20日 07:57撮影 by  SO-41B, Sony
1
6/20 7:57
細くて、足がうまく乗らない階段。
ネットの向こうは、急傾斜・・・というか、崖です。
崖のそばの階段、すごくこわいです。
がんばってのぼってるけど、
2024年06月20日 07:57撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 7:57
ネットの向こうは、急傾斜・・・というか、崖です。
崖のそばの階段、すごくこわいです。
がんばってのぼってるけど、
反対側も草木に隠れてるけど、崖。
どっちを向いても怖い。
ほんとーに、怖い。
2024年06月20日 07:57撮影 by  SO-41B, Sony
1
6/20 7:57
反対側も草木に隠れてるけど、崖。
どっちを向いても怖い。
ほんとーに、怖い。
ここで、気分が悪くなったので引き返しました。
伝わりにくいけど、左側は、私からみると、崖。
少し先の木の根っこがうねうねしてる所、道幅が狭くなっていて、とても通れる気がしなかった。
YouTubeでみたのはもっと怖い、両側崖で真ん中にツルツルの石がある所。
そこを見ることもできなかった・・。
2024年06月20日 07:58撮影 by  SO-41B, Sony
1
6/20 7:58
ここで、気分が悪くなったので引き返しました。
伝わりにくいけど、左側は、私からみると、崖。
少し先の木の根っこがうねうねしてる所、道幅が狭くなっていて、とても通れる気がしなかった。
YouTubeでみたのはもっと怖い、両側崖で真ん中にツルツルの石がある所。
そこを見ることもできなかった・・。
上ってきた道は、降りないといけない。なんとか頑張ってロープも使って、降りました。
とにかく階段が怖くて、立っていられなくてしゃがんだり、お尻をついておりました。
2024年06月20日 08:03撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 8:03
上ってきた道は、降りないといけない。なんとか頑張ってロープも使って、降りました。
とにかく階段が怖くて、立っていられなくてしゃがんだり、お尻をついておりました。
鷹取山に帰ってきました。
3つに分かれたもう一つの道を進んでみたら、三角点がありました。
2024年06月20日 08:09撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 8:09
鷹取山に帰ってきました。
3つに分かれたもう一つの道を進んでみたら、三角点がありました。
平坦な所を歩いたり、怖い階段を上ったり、下りたり、必死に頑張っていると・・・。
あれ?ここ、さっき通ったような?デジャブ?
引き返してみようか?
登と下りが違うのかな?
いや、さっきもこの石掴んでおりたの覚えてる・・・。さっきも下りだった。
あれれ?なんで?今、私はどこにいるの?
ちょっとパニックに。

冷静になって、ヤマレコの地図を確認。
今は、鷹取山と御殿山の間のはずだけど・・違うね、鷹取山と宝篋塔山の間にいる。
鷹取山の三角点を見たあと道を反対に来ちゃったんだ。

2024年06月20日 08:15撮影 by  SO-41B, Sony
2
6/20 8:15
平坦な所を歩いたり、怖い階段を上ったり、下りたり、必死に頑張っていると・・・。
あれ?ここ、さっき通ったような?デジャブ?
引き返してみようか?
登と下りが違うのかな?
いや、さっきもこの石掴んでおりたの覚えてる・・・。さっきも下りだった。
あれれ?なんで?今、私はどこにいるの?
ちょっとパニックに。

冷静になって、ヤマレコの地図を確認。
今は、鷹取山と御殿山の間のはずだけど・・違うね、鷹取山と宝篋塔山の間にいる。
鷹取山の三角点を見たあと道を反対に来ちゃったんだ。

反対側に歩き直して、しばらく進むとちゃんとしたルートを歩いているのがヤマレコの地図に出て一安心。
折しも、紙の地図とコンパスを使えるようにならなきゃ、と、考えたばかり。
地図、読めるようにならなきゃ。
コンパス、ちゃんと用意しなきゃ。
今までなんて適当にしてきたんだろう・・と反省。
でも、いくら地図が読めても、現在地がわからなくなったら、どうしたらいいんだろう?

多分、距離にして数百メートル、時間にして、10分くらい?道を間違えていた。

多分ここは、鷹取山からさらに戻った下りの階段。
2024年06月20日 08:27撮影 by  SO-41B, Sony
1
6/20 8:27
反対側に歩き直して、しばらく進むとちゃんとしたルートを歩いているのがヤマレコの地図に出て一安心。
折しも、紙の地図とコンパスを使えるようにならなきゃ、と、考えたばかり。
地図、読めるようにならなきゃ。
コンパス、ちゃんと用意しなきゃ。
今までなんて適当にしてきたんだろう・・と反省。
でも、いくら地図が読めても、現在地がわからなくなったら、どうしたらいいんだろう?

多分、距離にして数百メートル、時間にして、10分くらい?道を間違えていた。

多分ここは、鷹取山からさらに戻った下りの階段。
下りの階段は、こわいので、ゆっくりいきます。
数回すべってドキドキした。
足を前面しっかりついて、地面を踏みしめて歩かなきゃ。
2024年06月20日 08:34撮影 by  SO-41B, Sony
1
6/20 8:34
下りの階段は、こわいので、ゆっくりいきます。
数回すべってドキドキした。
足を前面しっかりついて、地面を踏みしめて歩かなきゃ。
往路でどこまでも下りだった長い階段。
復路は当然どこまでも続く上りの階段。
思い出して、ゆっくりの一定のペースで、リズムよく、鼻呼吸しながら登ってみました。
数えたら、146段。
さすがに最後は口呼吸になったけど、高尾山のときの階段では50段くらいで休憩してたことを思うと・・・。
やっぱり、基本って大事なんだな。

2024年06月20日 08:38撮影 by  SO-41B, Sony
1
6/20 8:38
往路でどこまでも下りだった長い階段。
復路は当然どこまでも続く上りの階段。
思い出して、ゆっくりの一定のペースで、リズムよく、鼻呼吸しながら登ってみました。
数えたら、146段。
さすがに最後は口呼吸になったけど、高尾山のときの階段では50段くらいで休憩してたことを思うと・・・。
やっぱり、基本って大事なんだな。

どんな花が咲くのかな。
2024年06月20日 09:10撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 9:10
どんな花が咲くのかな。
無事、帰り着きました。

駐車場に車がいっぱい。
でも、誰にも会わなかったよ?
近くで法事があって、その参列者の車のようでした。
2024年06月20日 09:35撮影 by  SO-41B, Sony
6/20 9:35
無事、帰り着きました。

駐車場に車がいっぱい。
でも、誰にも会わなかったよ?
近くで法事があって、その参列者の車のようでした。

感想

梅雨前、夏前のこれが最後の山行かな、と思って行きました。(このセリフ、実は3度目です。)

先週も来た御殿山、今日はその先へ、行けるところまで。
実は以前大日山までの縦走を計画、予習で見たYouTubeで、高所恐怖症的にとても怖い場所を見て、断念したコース。
せめて、実際にこの目で見て断念しよう・・と思ってきました。
結果は・・。
YouTubeでみた場所の手前で、怖くて進めなくなり、実際の場所は見ないまま、帰ってきました。

でも、また来ようと思います。
もしかしたら、次は進む勇気が出るかもしれないし、(普通の人にしたら、なんてことないところです、きっと)やっぱりだめかも知れないけど。
何より、YouTubeでみた場所は、どう頑張ってもいけない気がする。
その時は、大日山側からそこまで歩けばいい。
それもできなかったら、その時は、トレーニングだったと思えばいい。
(御殿山〜大日山のコースは、良いトレーニングになるらしいです。他の方のレコで見ました)
そういう山行も私らしくていいんじゃないかな、と思いました。


少し考えることがあり、今更ですが基本を学ぼうとこの数日ネットで記事を読み漁りました。
歩き方、ペース、ストックの使い方、ロープや鎖場の進み方、岩場の歩き方、山小屋の泊まり方、テント泊まで。

今日は、足の裏全体をしっかりつけて歩く、とか、下りは膝を少し曲げて地面と足首が直角になるように、とか、一定のペースで、ちょこちょこ休んだりしないで歩く、とか、ダブルストックで(私はシングルで使ってました。タイミングがわからず、今日はダブルは断念しました)、とか、鼻呼吸で、とか、そういうことを意識しながら歩きました。
(今更何を・・という感じです。今まで何も自分から学ばず、人任せで教えてくれるのを待ってたんだな、と、とても反省しました)

結果・・・確かに、足の裏のグリップの効きが違うし、ペースについては、ちょこちょこ休んでいた時より疲れにくいし、長い階段もペースを守りながらだと、以前より長く登り続けていられたと思うし、鼻呼吸だと喉のあたりの乾燥が和らげられて楽でした。

基本って、大事だなと思いました。
今までなんとなく歩いていただけだったと、なんて馬鹿だったんだろうと思いました。

それと、今日、途中で間違えて道を逆走してしまって、何度も同じところを通ってることで一瞬パニックになりました。
ヤマレコさんのおかげですぐにリカバリーできたけど、一瞬自分の現在地がわからなくなって本当に怖かったです。
(昔見た、「世にも奇妙な物語」で同じところをループする話まで思い出して震えました)

千葉の山は整備されてなくて道迷いが多い、一人で歩かない方が良い、
道迷いしたということに最後まで気づかなかった遭難者もいた、
「プチ遭難しかけたんですよ、ピンクテープが見えた時はほんとにホッとした」(縄文杉トレッキングに行った時に単独の方から聞いた言葉。私はガイドさんに連れて行ってもらったんですけど)
今まで聞いたいろんな言葉が頭に浮かんで、自分も道迷いしたんだ、どうしたらいいの?と本当に怖かったです。

他力本願で、誰かに連れて行ってほしい、というスタンスしか持っておらず、なんの知識もないのに、アプリを使えるようになって、一人で動ける気になっていた・・・とても恥ずかしいです。
いい気になって、整備されていないコースも歩こうとしていた自分が、とても愚かで、本当に馬鹿だなあ、と思いました。

勉強しようと思いました。
地図も読めるように。
コンパスもちゃんと買って、使えるように。
人任せにして待っているのではなくて、自分から。

それと、脚力や腕力もつけて、心肺機能も鍛えて、体もできれば軽くして。
道具もちゃんと揃えて、使いこなせるようにして。
緊急時のことも学んで、対処できるようにして。
今後、滑落の心配が出てくるような時は、ココヘリにも入ったほうがいいかも。

あと、身の程を知ろうと思います。
山行は、今の生活の中で大切な時間になっているのでやめられないから、せめて整備された道を歩こうと思います。
ただ・・・。
行きたいと思ったところが、整備されているのか、されていないのか。それはどうやったら、分かるのだろう・・・。

なんだか、反省ばかりした山行でしたが、今後に向けて、良い経験が、結果的に安全にできたことは、良いことだったと思います。

最後に・・・。
私の能力のせいでうまくいかなかったのですが、御殿山単独なら整備されているし、普通なら大日山まで行っても迷いはしないと思います。
御殿山〜大日山のコースは長い階段などがあるからかもなのですが、トレーニングにとても良いと言っている人もいるそうです。

(私は、高所恐怖症だけでなく、実は、かなりの方向音痴です・・・)

ヤマビルを心配していましたが、今日も大丈夫でした。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:121人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 房総・三浦 [日帰り]
房州低名山 御殿山〜大日山ピストン
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
1/5
体力レベル
1/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら