また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 695136 全員に公開 雪山ハイキング 十和田湖・八甲田

御鼻部山から猿倉温泉まで歩く−途中乗鞍岳に登る

情報量の目安: A
-拍手
日程 2013年05月27日(月) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:40
距離
19.2 km
登り
705 m
下り
747 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間53分
休憩
14分
合計
7時間7分
S御鼻部山駐車場06:2507:45ヂネカ森08:14ソデカ萢08:1508:32前萢08:50大谷地08:5109:24柿沼09:2510:30黄瀬萢10:3410:59駒ヶ峯登山口11:09黄瀬沼分岐12:02乗鞍岳12:0812:27乗鞍岳登山口(一ノ沢)12:39矢櫃橋12:4012:48矢櫃萢13:32猿倉温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2013年05月の天気図 [pdf]

写真

御鼻部山の駐車場から入山
2013年05月27日 06:25撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御鼻部山の駐車場から入山
2
新緑はまだまだ
2013年05月27日 06:42撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑はまだまだ
1
やはりブナが多い、新緑の始まり
2013年05月27日 07:07撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはりブナが多い、新緑の始まり
2
右赤倉岳、左乗鞍岳
2013年05月27日 07:18撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右赤倉岳、左乗鞍岳
3
雪が消えて笹薮を漕ぐところもある
2013年05月27日 07:37撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が消えて笹薮を漕ぐところもある
2
これが旧県道跡かな
2013年05月27日 08:01撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが旧県道跡かな
2
湿原は雪が消えている。遠くに乗鞍岳
2013年05月27日 08:06撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原は雪が消えている。遠くに乗鞍岳
3
この付近からトドマツが多くなる
2013年05月27日 08:14撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この付近からトドマツが多くなる
2
湿原と遠くに乗鞍岳
2013年05月27日 08:26撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原と遠くに乗鞍岳
2
いい天気だな
2013年05月27日 08:29撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気だな
2
トドマツがきれいだ
2013年05月27日 08:40撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トドマツがきれいだ
2
櫛ヶ峯が見えてきた
2013年05月27日 08:45撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛ヶ峯が見えてきた
2
振り返える遠くに三ッ岳など
2013年05月27日 09:36撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返える遠くに三ッ岳など
3
乗鞍岳が大きく見えてきた
2013年05月27日 09:59撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳が大きく見えてきた
2
振り返ると右御鼻部山、左に三ッ岳など
2013年05月27日 09:59撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると右御鼻部山、左に三ッ岳など
1
ここが櫛ヶ峯への入口
2013年05月27日 10:30撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが櫛ヶ峯への入口
1
乗鞍岳登りで見えた右に駒ヶ峯、左に櫛ヶ峯
2013年05月27日 11:24撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳登りで見えた右に駒ヶ峯、左に櫛ヶ峯
3
乗鞍岳の登りで北八甲田山が見えた
2013年05月27日 11:53撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳の登りで北八甲田山が見えた
2
乗鞍岳頂上付近、笹薮漕ぎで即退散
2013年05月27日 12:00撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳頂上付近、笹薮漕ぎで即退散
1
乗鞍岳の下りから北八甲田山
2013年05月27日 12:11撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳の下りから北八甲田山
1
猿倉岳斜面
2013年05月27日 12:30撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉岳斜面
1
矢櫃萢湿原
2013年05月27日 12:48撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢櫃萢湿原
1
猿倉沢の枝沢に降りた
2013年05月27日 13:11撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉沢の枝沢に降りた
2
猿倉温泉に着いた
2013年05月27日 13:30撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉温泉に着いた
1
猿倉温泉からみた高田大岳
2013年05月27日 14:07撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉温泉からみた高田大岳
1
表面を覆う厚い雪を突き破って流れる蔦川
2013年05月27日 14:14撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表面を覆う厚い雪を突き破って流れる蔦川
2
この辺りのブナは二次林か
2013年05月27日 14:56撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りのブナは二次林か
2
道路脇にキクザキイチゲ
2013年05月27日 15:01撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路脇にキクザキイチゲ
2
国道の空を覆うブナの新緑
2013年05月27日 15:06撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道の空を覆うブナの新緑
2
ブナの新緑がとてもきれいだ
2013年05月27日 15:13撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの新緑がとてもきれいだ
3

感想/記録

5月27日、御鼻部山駐車場に車を置いて残雪の上を猿倉温泉まで歩きました。途中、乗鞍岳に登りました。

この5月残雪期にいろんな山に登って来ましたが、長い距離歩くしか能が無い私としてまだ残ってるルートがありました。御鼻部山〜猿倉温泉のコースです。夏に行くことも考えましたが旧県道は藪になっているところが多いという記事を読んでこれは残雪期に行くしかないなと思っていました。暖かい日が続いて早々に雪が消えるので今年最後のチャンスです。

車で黒石から浅瀬石川を遡って御鼻部山に至る途中は殆ど雪がなかったので遅かったかなこれは戻るかしかないかなと思ったのですが駐車場から南八甲田方面だけは雪が厚かったので藪が多ければ戻ればいいやと歩き始めました。

長〜いコースですが雪が締って藪は少なく歩き易いです。天気は風無く快晴で助かりましたが暑かったです。

後半は右に折れて乗鞍岳から赤倉岳を経由して蔦温泉がゴールという予定でしたが、乗鞍岳頂上付近から赤倉岳に至る登山コースは雪が消えて笹藪がひどかったので、雪のあるところを選んで赤倉岳まで行こうと思いました。でもこの調子じゃ赤倉岳頂上付近や蔦温泉への途中も笹藪かもしれないと思って、急遽赤倉岳はやめて行き先を猿倉温泉に変えました。

旧県道は車道で急勾配をさけて遠回りしているところが多いので、なるべく真っ直ぐ進みました。雪があることはありがたいもので何とか行けましたが、猿倉温泉近くになって真っ直ぐ進んだら、猿倉沢の枝沢に降りていました。まわりの小さい沢や滝から大量の雪解水が流れて、歩いている雪の下を流れています。雪がまだ厚いから大丈夫だったけど気持ちのいいものではありませんでした。

猿倉温泉に着いて、露天風呂で汗を流してから、さあ御鼻部山駐車場にどうして戻ろうかと考えましたが風呂あがりでさっぱりして時間もあるし、取り敢えず蔦温泉まで歩くことにしました。谷地温泉交差点を過ぎると見事なブナの新緑です。ブナは巨木ではありませんが同じ丈できれいに揃って生えています。とてもきれいでした。

蔦温泉まで3kmぐらいに近づいたとき、後ろからタクシーの空車が来たのでつい手を挙げてしまいました。けっこうな距離なのでお金もかかりましたが、最終的にはタクシーを利用するしかなかったのでよかったです。家には17:00前に着きました。

雪の状態
つぼ足で十分でした。昼近くになると暑さで表面が解けてジャケますがそれでもつぼ足で通しました。ただこの暑さで早晩雪は消えるでしょう。

動物や野鳥
長い距離を歩いたのに動物の気配は全く感じませんでした。野鳥は今、恋の季節なのかオスとメスが殆どくっつきながら飛んでいるのを何回か目撃しました。オスがメスに対して求愛ディスプレイしているところも見ました。残念ながらいつも野鳥を撮影しているカメラは持って行かなかったので撮れません。野鳥の種類もわかりませんでした。またガーガーとさえずっている鳥もいました。ホシガラスだと思うのですがこれも確認できませんでした。残念。

ドジ
GPSの軌跡スイッチをOnにするのを忘れて、気がついてスイッチOnにしたのは駐車場から27分後でした。

この山行はブログ http://owa.www2.jp/wp/?p=4694 「御鼻部山から猿倉温泉まで歩く−途中乗鞍岳に登る」で紹介したものです。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:650人

コメント

御鼻部山ルート
me_ga_tenさん頭が下がります
ひとりでこのコースにチャレンジしたのですね
私もこのコースは歩いてみたいのですが相棒がいないと不安なのでまだ歩いたことがありません
無雪期は笹薮で無理でしょうかね
me_ga_tenさんの山行記録を見ていると
スタートとゴールがかなり離れているのが多くて私の中では一人ではできないというものばかりでした
もし機会があれば御一緒させていただきたいと思いました
2015/8/10 21:24
Re: 御鼻部山ルート
shunpontaさん、いつもコメントありがとうございます。

私の古い投稿にも目を通していただいているようで感謝しております。

山行のお誘いありがとうございます。私は所謂団体で行動するのが苦手なので
shunpontaさんにご迷惑をお掛けするのではないかと心配しています。たまに誰かと一緒に行動することになったときに、あまり不器用さと生活術の無知さにいつも笑われて、少なからず傷つきます。

今は暑さでまいって山行は遠慮しています。先月丹沢塔ヶ岳山頂で熱中症直前になって倒れそうになりました。よぼよぼ爺さんになっちゃったのかとガックリしていますが、涼しくなったらまた登り始めると思います。

近くの山は殆ど登ったので今は県外の山に目を向けています。百名山登頂(現在は恥ずかしながら7座だけ)目指していますが、この年では全登頂は無理で途中で挫折するでしょうが、できるところまで頑張ろうと思っています。

てなわけで、そんな私でもよかったら山行でも釣行でもご一緒しますのでお誘いくださればありがたいです。
2015/8/11 9:46
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

GPS つぼ足 ブナ 山行 ホシガラス 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ